1. ホーム
  2. 学生生活
  3. II.学生生活(支援)

1.学生への連絡について

大学の行事、学生生活、授業に関することなどの学生に周知する必要がある事項は、原則として掲示板、UNIVERSAL PASSPORTおよびホームページに掲示します。これらの掲示等の見落としによる不都合が生じても異議は認めないので注意してください。
ただし、緊急の場合については、各学年の総代を通じて、もしくは大学から配付している学生用メールアドレス、届け出のあった連絡先に連絡することもあります。

2.暴風警報・特別警報発令時・交通機関不通における対応について

次のいずれかに該当する場合は、授業を休講とします。
(1)暴風警報あるいはなんらかの特別警報が大阪府下に発令された場合
午前7時の時点で大阪府下において台風による暴風警報・特別警報が発令された場合、その日の午前中の
授業は休講とします。
なお、午前11時において警報が解除されなければ全日休講とし、解除されれば午後から授業を行います。
※ただし、授業時間にあっても台風接近によって明らかに交通機関が不通となることが予想される場合はこの限りではありません。また、特別警報が発表された場合、該当地域は数十年に一度しかないような非常に危険な状況にあります。警報発表地域にいる学生は、各自、ただちに命を守る行動をとってください。特別警報の種類は問いません。特別警報発表時に大学構内にいる学生は、大学の指示に従って行動してください。自宅や通学中等に特別警報が発表された地域にいる場合は、自身の判断により、命を守るために最善と思われる行動をとってください。
 
(2)阪急電鉄、JR西日本両鉄道が台風などの災害やストライキのために不通となった場合
午前7時の時点で、阪急電鉄、JR西日本両鉄道の運休が報じられた場合、その日の午前中の授業は休講とします。なお、午前11時において解除・開通されなければ全日休講とし、解除されれば午後から授業を行います。
※ただし、発表された時点で、すでに実施中あるいは開始直前の授業・試験については、警報の緊急性等を考慮の上で、大学がその判断をします。

3.災害(地震・火災)発生時における対応について

生命の安全確保が最優先です。災害時一時避難場所は東門広場ですので、地震のときは揺れが収まり、周囲の安全を確認してから最寄の出口から東門広場へ避難してください(東門広場はP.31のキャンパスマップで確認をしておいてください)。
火災の時はできるだけ姿勢を低くして、すみやかに最寄の出口から東門広場に避難してください。一時避難場所では安否確認などを行いますので、
教職員の指示に従ってください。
なお、上記の不測の事態が発生した場合は、大学の判断により、休講とすることがあります。



大地震などの災害は防ぐことはできませんが、日頃から備えることで被害を軽減することができます。どんな備えが必要か考えておいてください。 
 <事前に確認しておくこと> <日頃から持ち歩いておくと便利なもの>
・避難場所(大学付近、自宅周辺など)
・家族との連絡方法や待ち合わせ場所
  災害伝言ダイヤル「171」
  携帯各社災害伝言板への登録
・大学・友人などへの連絡方法、連絡先リストの準備
・帰宅ルートや帰宅にかかる所要時間の確認
(災害時徒歩約2.5㎞/h)
・緊急避難場所(学内、通学途中)
・緊急時アイテム(右記リスト参照)

 
□ 現金(小銭も、特に10円玉)
□ 健康保険証
□ 身分証明書類(学生証、免許証など)
□ 携帯、充電器(USBケーブルも)
□ 大判ハンカチ、タオル、絆創膏
□ ポケットティッシュ、ウェットティッシュ
□ あめ、チョコレート
□ 非常用保温アルミシート
□ ビニール袋(レジ袋)
□ 雨具(カッパなど)
□ 油性マジック
 

4.学生証について

(1)学生証は、本学の学生であることを証明するものであり、学内での諸手続きの際に学生証の呈示が必要となるため、常時携帯し、紛失、破損などしないように注意してください。
(2)学生証は、入学時に交付します(有効期限/6年間)。交付を受けるまでは通学定期を購入できないので、注意してください。万一、学生証を紛失、破損した場合は、再交付申請を行ってください。学生証の再交付申請は、学務部学務課に所定の用紙が設置してありますので、必要事項を記入し、受付印の押印を受け、申請用紙を学生証発行窓口がある北西キャンパスに持参し、学生証再交付申請を行ってください。
※学生証再交付申請の受付は、原則毎週木曜日12:00~17:00のみとなっていますので、ご注意ください。
(3)改姓等により、学生証の記載事項に変更が生じたときは、速やかに学務部学務課に届け出てください。
(4)学生証は、本学に籍が無くなった(卒業・退学・除籍)ときや有効期限を超過したときは、直ちに学務部学務課へ返還してください。
(5)学生証は他人に貸与してはいけません。

5.通学定期券・学割について

(1)通学定期券は、通学の目的で現住所の最寄駅から大学の最寄駅までの区間のみ購入できます。各交通機関の窓口にて、学務部学務課で発行する通学証明書と学生証を呈示することにより購入することができます。
(2)学校学生生徒旅客運賃割引証(学割証)制度は、JRが「修学上の経済的負担を軽減し、学校教育の振興に寄与する」ことを目的として、学生がJR各社の営業キロで100kmを超える区間を乗車する際に、運賃が割引になる制度です。学割証の交付申請は、学務部学務課にて所定の用紙に必要事項を記入のうえ提出してください。クラブの合宿等で学割を要する場合は、クラブ単位で手続きをしてください。学割証は手続きをした翌日以降に受け取りができます。また、学割証を利用の際は、その裏面の記載事項を厳守してください。万一、不正使用した場合には、本人だけでなく、本学の学割制度が取り消される等厳重な処罰を受けることがありますので、絶対に不正使用をしてはいけません。

6.自転車・バイク通学および、自動車の利用について

(1)自転車・バイク通学をする場合は、学務部学務課へ届け出を行い、ステッカーの交付を受けた後、通学に使用する自転車・バイクにステッカーを貼ってください。ステッカーは毎年度更新が必要です。当該年度のステッカーが貼られていないもの、更新されず長期間放置されている自転車・バイクは、撤去しますので注意してください。次年度も引き続いて駐輪する場合は必ず年度初めに更新手続を行ってください。また、自転車・バイクには鍵をかけて、必ず学生用の駐輪場に駐輪してください。学生用の駐輪場以外にある放置自転車・バイクは本学附属病院患者様や他の方々の迷惑になりますので撤去の対象とします。
自転車駐輪場:新講義実習棟東側・南側、講義実習棟西側(本部キャンパス) バイク駐輪場:北西キャンパス

(2)自動車通学は、原則として禁止します。ただし、自動車通学を必要とする特別の事情が生じた場合は、事前に申請を行い本学の許可を受ける必要があるため、使用の1週間前までに学務部学務課に申請用紙を提出してください。当日の申請はいかなる場合も受け付けません。

7.禁止事項について

次の各号に該当する行為をしてはいけません。これらの行為をした者は、学則第35条および懲戒規程に基づいて厳しく処分されます。また、懲戒規程では、授業や試験等における不正行為やその他、公序良俗に反する行為についても厳しく処分されることが明記されています。そのようなことが無いよう、学生の本分を十分理解し、良識ある行動をとってください。
 
薬物乱用… 近年、学生が危険ドラッグや大麻・麻薬・覚せい剤・MDMA・シンナーなどの禁止薬物所持・使用・譲渡や栽培などで逮捕される事件が多発しています。禁止薬物の所持や使用、栽培や提供は法律で禁止されています。禁止薬物に安易な気持ちや一時的な興味で接することのないよう十分注意するとともに、本学の学生としての自覚を常に持ち、責任のある行動をとってください。
参考サイト:文部科学省トップ(http://www.mext.go.jp/)→教育→学校保健、学校安全、食育→学校保健の推進→薬物乱用防止教育→「薬物乱用防止教育」ホームページ

ハラスメント… ハラスメント(Harassment)とは『嫌がらせ、いじめ』を言います。その種類は様々ですが、他人に対する発言・行動等が本人の意図には関係なく、相手を不快にさせたり、尊厳を傷つけたり、不利益を与えたり、脅威を与えることを指します。
 
(1)セクシュアル・ハラスメント
性的な言動によって、他人に不快な思いをさせたり、相手の尊厳を傷つけたりすること。特に性に関する固定観念や差別意識に基づく嫌がらせをジェンダー・ハラスメントという。
(2)アカデミック・ハラスメント
教育研究の場における権力を利用した嫌がらせを言い、上位にある者が意図せずに行った場合も含まれる。
(3)キャンパス・ハラスメント
キャンパス内で相手のことを考えず嫌な思いをさせたり、不利益な言動や行為を行い、勉学・研究の環境を害し、被害者の人権を侵害すること。
(4)アルコール・ハラスメント
飲酒・イッキ飲みの強要や罰ゲームなどで意図的に酔い潰すといったアルコールに関する嫌がらせや人権侵害のこと。またアルコールに関して他人に迷惑をかけること。命を失う場合もあり、傷害などの犯罪に発展する可能性のある極めて悪質かつ危険な行為ですので、決して行わないようにしてください。
※万一、上記のような行為を受けた場合は保健管理室カウンセリング窓口が設置されていますので、速やかに相談してください。(プライバシーは保護されます)詳細については【ハラスメントの被害者や加害者にならないために】を参照してください。
参考サイト:特定非営利活動法人ASK(http://www.ask.or.jp)

8.注意事項について

次の各号には十分に注意してください。自身の行動によって、思わぬトラブルを招く可能性があります。常に自覚と責任をもって行動するようにしてください。
(1)ソーシャルメディア等の利用について… ソーシャルメディア等の利用は簡単な操作だけで、自分や周囲の人に大きな影響を与える結果になってしまうこともあり得ます。ソーシャルメディアやその他のネット環境は、便利なコミュニケーション手段として利用することもできますが、扱いを間違えると大きな問題につながるおそれもあります。ソーシャルメディアやネット上は、プライベートな場所ではありません。身近な友達だけに話しているつもりでも、その内容は他の誰かに見られる可能性があります。また、ネット上には、悪意を持って情報を扱ったり、他人のあら探しをしたりするような人もいます。以下の点をよく理解した上で慎重な利用を心がけてください。
 
①秘密の保持には十分注意してください。
自分自身についてだけでなく、他の人や大学やその他の機関の情報についても、秘匿情報や個人情報の取扱いには十分注意してください。実名であれば、すぐに個人や機関の特定ができます。また、いくつかの情報を組み合わせれば、特定できる場合もあります。不用意な情報流出は自分自身が加害者になる可能性もあります。
②ソーシャルメディアを通しての発言には十分注意してください。
友達同士で話しているのと、ソーシャルメディアを通して発言しているのとでは、影響の範囲や威力が大きく異なります。発言を見た人、聞いた人すべてが好意的に解釈してくれるとは限りません。また、それらの発言によって、多くの人に迷惑がかかったり、気分を害されたりする可能性もあります。
③画像を掲載する場合には特に注意をしてください。
軽い気持ちで掲載した画像に、自分や他の人、大学や関係機関について思わぬ情報が含まれていることがあります。本名や住所、顔写真を掲載することで、思わぬトラブルを招く可能性も考えられます。
④情報の公開には十分注意してください。
一度公開された情報や画像は、取り消すことはできません。特に公開範囲が広ければ広いほど、トラブルを招く危険度は高くなり、第三者に悪用される可能性も高まります。公開範囲を限定している場合でも閲覧した人が画像や情報をどのように扱うのかはわかりません。転送されたり、広く公開されたりする可能性も考えられます。万が一、個人情報やネガティブな情報・写真などが出回ってしまった場合、あなた自身が不利益を被るだけでなく、家族や友人、関係する組織などにも多大な迷惑が生じることになります。場合によっては、自身の安全が脅かされることにもつながります。また、問題が生じた場合には、自身のイメージの悪化だけでなく、内容等によっては情報漏洩として、処罰される可能性もあります。その場合、大学としても学則第35条および懲戒規定に基づいて、処分をすることになります。

(2)大学内外での振る舞いについて… 患者様や周囲の方からは大学や病院の外であっても大阪医科大学の学生として見られています。附属病院やその他の実習先だけでなく、大学内外いたるところで、大阪医科大学の学生として、常に品格のある行動を心掛けてください。身だしなみも振る舞いの一つです。見られた人が快く思えるような身だしなみや発言、行動を心掛けるようにしてください。あなた一人の不用意な振舞いや発言が、その他の学生、ひいては大学全体のイメージを悪化させることにもつながります。常に大阪医科大学の学生として、自覚と責任をもって振る舞うようにしてください。
 
※学内の秩序を乱す行為などは学則第35条に基づき、懲戒処分がなされます。懲戒処分については懲戒規程において厳しく定められていますので、十分注意してください。

9.学内の全面禁煙について

本学の敷地内(附属病院、本部・北西・北・西・城北・さわらぎキャンパスを含む)は平成20年10月1日から全面禁煙です。喫煙行為を発見した場合、処罰の対象となります。
※また、敷地外でも路上等での喫煙は近隣住民の迷惑となりますのでやめてください。
※タバコ同様、IQOS等の電子タバコも禁止です。

10.下宿・アパート等の紹介について

本学では、下宿・アパート等の斡旋はしていません。住居は学生生活を充実したものにするための重要な要素となり、大学生活に大きく影響します。契約を結ぶ際は、条件などをしっかりと確認するようにしてください。

11.ロッカーの利用について

新入生全員にロッカーを貸与しています。ロッカールームは新講義実習棟の2階にあります。お互いに気持ち良く快適な学生生活を送ることができるよう、私物は各自のロッカーに整理し、収めるようにしてください。また、盗難予防に留意し、貴重品等は収納しないように心がけてください。なお、故意に鏡、フック等の備品を壊した場合、鍵を紛失した場合は、弁償していただくことになりますので注意してください。
ロッカー以外の場所は共有スペースです。共有スペースに放置されている物については定期的に清掃を行い処分しますので、私物は必ず各自のロッカー内に収納するようにしてください。

12.掲示及び印刷物の配布について

学内においてポスター等の掲示または印刷物を配布しようとするときは、事前に学務部学務課に届け出て許可を受けてください。許可された印刷物には許可印を押印しますので、所定の場所に掲示してください。

13.各種証明書発行、その他諸手続きについて

(1)各種証明書発行・申込みについて
証明書の種類 和文 英文 手数料(1通) 発行に要する時間
在学証明書 ○(即日) 和文:300円
英文:1,000円
全ての英文証明書及び平成8年3月以前に卒業された方の証明書の発行には和文の場合でも、1週間程度かかります。
卒業証明書 ○(即日)
卒業見込証明書 ○(即日) ×
成績証明書 ○(即日)
「証明書の種類」で「○(即日)」となっている証明書は、休業期間中を除き、事務取扱時間内に学務部学務課で発行手数料を添えて申請すれば即日発行が可能です。ただしシステムの点検等、業務都合により、即日発行できない場合もありますので、日数に余裕をもって申請してください。
申請は原則、本人が行ってください。代理人が申請する場合は、証明書を必要としている本人からの「委任状」と証明書を必要としている本人の身分が証明できるものをご持参のうえ申請してください。「委任状」がない等の不備がある場合には、申請の受け付けはできません。
受付時間 月~金曜日 8:30~16:00
第1・3・5土曜日 8:30~12:00
休業期間 第2・4土曜日、祝日、創立記念日(6月1日)及び
冬季休業期間中(12月29日~1月3日)、その他業務の都合により定められた日
上記以外の証明書等が必要な場合は、学務部学務課にお問い合わせください。また、その場合、証明書発行まで1週間以上かかることがあります。
原則、窓口での手続きをお願いしておりますが、郵送による手続きをご希望の場合は別途郵送料等が必要となります。
 
(2)その他諸手続きについて
下記の事由に該当するときは、各種届出書・願出書を学務部学務課に提出してください。
<各種届出書>
事由(届出が必要な理由) 届出書類の名称 添付書類
やむを得ない理由により欠席するとき
III.学生支援(学習・活動)1.欠席について参照
欠席届 診断書または欠席事由を
証明できるもの
改姓等一身上に異動が生じたとき 改姓(名)届 戸籍抄本(個人事項証明書)
保証人(保護者)を変更したとき、
保証人(保護者)が住所を変更したとき
保証人(保護者)等変更届 印鑑証明、住民票
正課中および課外活動中に負傷したとき 負傷届 学生教育研究災害傷害保険事故通知(怪我の内容、程度による)
クラブの主将・主務を変更したとき 主将・主務変更届  
海外へ留学等で行くとき 海外渡航届  
 
<各種願出書> ※願出は事前承認が原則です。
事由(願出が必要な理由) 願出書類の名称 添付書類
クラブ活動で遠征および合宿しようとするとき クラブ遠征・合宿届兼学割交付願 (注意事項)
・近距離の場合も試合など、学外でクラブとして活動をする場合は提出が必要です。
・定期的に学外の場所でクラブ活動を行うときは別途用紙がありますので、学務部で手続きをしてください。
個人で学割を必要とするとき ※ 学割交付願  
グラウンド・体育館等を使用するとき 施設使用願  
自学自習等のため教室・演習室を使用するとき 会場使用願  
やむを得ない事情で本学の施設に
車の入構が必要なとき
学生用駐車特別
許可申請書
 (注意事項)
基本的に車での通学および課外活動の移動は禁止していますが、やむを得ない事情で本学の施設に入構する場合や移動手段とする場合には申請が必要です。
休学しようとするとき 休学願 疾病の場合は、主治医による診断書または意見書
それ以外については詳細な理由書
休学している者が復学しようとするとき 復学願
退学しようとするとき 退学願
※JR各社の営業キロで100kmを超える区間を乗車する際に運賃が割引になる。
 参考:JR HP(http://www.jreast.co.jp/kippu/0701.html