1. ホーム
  2. 学生生活
  3. Ⅲ.学生支援の方針

 大阪医科大学は、学生が安全で適切な学生生活を送りながら学業に専念し、また、卒業後の人生が充実したものとなるように以下のとおり学生支援の方針を定める。

1.修学支援

 学生が学業に専念できるよう、学修の相談に応じるとともに、修学の継続が困難となった学生への支援を行う。
 具体的には、学年担任やメンター・チューターによる学修相談の実施、奨学金制度の運用と整備、国際化のための海外との交流支援などを行う。

2.生活支援

 学生が安全で適切な学生生活を送ることができるように、ハラスメント・迷惑行為、心身の健康および保健衛生、経済的困窮など学生生活に係わる問題への支援ならびに課外活動の充実のための支援を行う。
 具体的には、学生生活支援センターおよび保健管理室による学生相談の実施、学生生活に係わる実態調査(学勢調査)の実施、ハラスメント・迷惑行為防止のための啓発活動や相談の実施、学生自治活動(学友会)やクラブ活動などの課外活動への支援を行う。

3.キャリア(進路)支援

 卒業後の人生をより充実したものにするため、学生が自らキャリア(進路)を選択し、キャリアプランをつくることができるように支援する。
 具体的には、多職種融合教育を通じたキャリア(進路)教育、研修施設とのマッチングおよび就職活動に関する情報提供とガイダンスなどを行う。また、附属病院や大学院研究科、外部機関と連携して、専門医や専門職資格取得、大学院研究科進学、行政職就職など、多種多様なキャリアパスを学生へ提示する。