1. ホーム
  2. 学生生活
  3. II.学生生活(支援)

1.学生への連絡について

大学の行事、学生生活、授業に関することなどの学生に周知する必要がある事項は、原則として掲示板、電子掲示板(ユニバーサルパスポート)およびホームページに掲示します。これらの掲示等の見落としによる不都合が生じても異議は認めないので注意してください。
ただし、緊急の場合については、各学年の総代を通じて連絡することもあります。

2.暴風警報等発令時・交通機関不通における対応について

次のいずれかに該当する場合は授業を休講とします。

(1) 暴風警報または特別警報(大雨、暴風、高潮、波浪、暴風雪、大雪)が大阪府下に発令された場合
午前7時の時点で大阪府下において台風による暴風警報または特別警報(大雨、暴風、高潮、波浪、暴風雪、大雪)が発令された場合、その日の午前中の授業は休講とします。また、午前11時において上記警報が解除されなければ全日休講とし、解除されれば午後から授業を行います。
なお、大阪府下以外の現住所付近に暴風警報または特別警報(大雨、暴風、高潮、波浪、暴風雪、大雪)が発令された場合、大学は休講にはなりませんが、生命の安全確保を最優先に考えて行動してください。
(2) 阪急電鉄、JR西日本両鉄道が台風などの災害やストライキのために不通となった場合
午前7時の時点で、阪急電鉄、JR西日本両鉄道の運休が報じられた場合、その日の午前中の授業は休講とします。
なお、午前11時において解除・開通されなければ全日休講とし、解除されれば午後から授業を行います。
※ただし、授業時間にあっても台風接近によって明らかに交通機関が不通となることが予想される場合はこの限りではありません。
(3) 災害(地震・火災)発生時における対応について
生命の安全確保が最優先です。
本部北キャンパスにおける災害時一時避難場所(学生用)は北側駐車場です。
地震のときは揺れが収まり、周囲の安全を確認してから最寄の出口より北側駐車場へ避難してください。
火災の時はできるだけ姿勢を低くして、すみやかに最寄の出口より北側駐車場に避難してください。一時避難場所では安否確認などを行いますので、教職員の指示に従ってください。
なお、上記の不測の事態が発生した際、大学の判断により、休講とすることがある。

3.学生証について

(1) 学生証は、本学の学生であることを証明するものであり、学内での諸手続きの際に学生証の呈示が必要となるため、常時携帯し、紛失、破損などしないように注意してください。
(2) 学生証は、入学時に交付します(有効期間/4年間)。それまでは通学定期を購入できないので、注意してください。万一、学生証を紛失、破損した場合は、(株)大阪医大サービス(地図参照)にて手数料を支払って学生証を受け取ってください。
(3) 改姓等により、学生証の記載事項に変更が生じたときは、速やかに看護学事務課に届け出てください。
(4) 学生証は、本学に籍が無くなった(卒業・退学・除籍等)、有効期間を経過したときは、直ちに看護学事務課へ返還してください。
(5) 学生証は他人に貸与してはいけません。

4.通学定期・学割について

(1) 通学定期券は、通学の目的で現住所の最寄駅から大学の最寄駅までの区間を購入できます。各交通機関の窓口にて、看護学事務課で発行する通学証明書と学生証を呈示することにより購入することができます。
(2) 学校学生生徒旅客運賃割引証(学割証)制度は、JRが「修学上の経済的負担を軽減し、学校教育の振興に寄与する」ことを目的として、学生がJR各社の営業キロで100kmを越える区間を乗車する際に、運賃が割引になる制度です。学割証の交付申請は、看護学事務課にて所定の用紙に必要事項を記入のうえ提出してください。
クラブの合宿等で学割を要する場合は、クラブ単位で手続きをしてください。
(提出先:学務課)学割証は手続きをした翌日以降に受け取りができます。
また、学割証を利用の際は、その裏面の記載事項を厳守してください。万一、不正使用した場合には、本人だけでなく、本学の学割制度が取り消される等厳重な処罰を受けることがありますので、絶対に不正使用をしてはいけません。

5.自転車・バイク通学および、自動車の利用について

(1) 自転車・バイク通学をする場合は、看護学事務課へ届け出、ステッカーの交付を受け、通学に使用する自転車・バイクにステッカーを貼ってください。ステッカーが貼られていないもの、長期間放置されている自転車・バイクは、撤去しますので注意してください。
また、自転車・バイクには鍵を掛けて、必ず学生用の駐輪場に置いてください。学生用の駐輪場以外にある放置自転車・バイクは附属病院患者様や他の方々の迷惑になりますので撤去の対象とします。
   自転車駐輪場:新講義実習棟東側・南側、講義実習棟西側(本部キャンパス)、看護学部棟西側駐輪場(北キャンパス)
   バイク駐輪場:北西キャンパス
(2) 自動車通学は、原則として禁止します。
ただし、自動車通学を必要とする特別の事情が生じた場合は、本学の許可を要するため、使用の1週間前までに看護学事務課に申請用紙を提出してください。当日の申請はいかなる場合も受付しません。

6.禁止事項について

学生は、次の各号に該当する行為をしてはいけません。
 
(1) セクシュアル・ハラスメント
   1.性的な言動によって他人に不快な思いをさせること
   2.むやみに異性の身体に接触したり、他の学生等の学業に支障を与えるような性的な行為を行うこと
   3.交際や性的関係を強要すること
   4.その他、各号に類するような不都合な行為を行うこと
(2) アルコール・ハラスメント
   1.イッキ飲みを強要し、酩酊させ心神耗弱にさせること
   2.罰ゲームで飲ませたりして意識を混濁させたり、酔って絡んで他人に迷惑をかけること
   3.その他、各号に類するような不都合な行為を行うこと
   《アルコールハラスメントに関する基本的な心構え》
   アルコール・ハラスメントとは、酒にまつわる嫌がらせ・人権侵害のことです。アルコールに関して他人に迷惑をかけることは、すべてアルコール・ハラスメントになります。命を失う場合もあり、傷害などの犯罪に発展する可能性のある極めて悪質かつ危険な行為ですので、決して行わないようにしてください。
   *万一、上記のような行為を受けた場合は、保健管理室にカウンセリング相談窓口が設置されていますので、速やかに相談してください(プライバシーは保護されます)。その後、委員会設置等の対応がなされることとなります。
   なお、詳細については、保健管理室にハンドブックがありますので参照してください。
    参考サイト:特定非営利活動法人アスク(http://www.ask.or.jp
    保健管理室の詳細は コチラ
(3) 薬物乱用
最近、学生が大麻所持・譲渡や栽培などで逮捕される事件が多発しています。大麻等は所持すること自体、法律で禁止されています。薬物乱用の恐ろしさを認識し、学生の本分を自覚のうえ、良識ある行動をとってください。
参考サイト:文部科学省(http://www.mext.go.jp/
→「教育—青少年の健全育成」→「参考—薬物乱用防止教育」ホームページ

7.学内の全面禁煙について

本学の敷地内(附属病院、本部・北西・北・西・城北・さわらぎキャンパスを含む)は平成20年10月1日から全面禁煙です。喫煙行為を発見した場合、処罰の対象となります。
※又、敷地外でも路上等での喫煙は近隣住民の迷惑となりますので控えてください。

8.下宿・アパート等の紹介について

本学では、下宿・アパート等の斡旋はしていません。
住居は学生生活を充実したものにするための重要な要素となり、大学生活に大きく影響します。契約を結ぶ際は、条件などをしっかりと確認するようにしてください。

9.ロッカーの利用について

学生全員にロッカーを貸与しています。ロッカー以外の場所は共有スペースです。お互いに気持ち良く快適な学生生活を送ることができるよう私物は各自のロッカーにきちんと収めるようにしてください。
また、盗難予防に留意し、貴重品等は収納しないように心がけてください。
なお、故意に鏡、フック等の備品を壊した場合、鍵を紛失した場合は、弁償することになりますので注意してください。
共有スペースに放置されている物については定期的に清掃を行い処分しますので放置しないようにしてください。

10.掲示及び印刷物の配布について

学内においてポスター等の掲示または印刷物を配布しようとするときは、事前に看護学事務課に届け出て許可を受けてください。許可した印刷物には許可印を押しますので、所定の場所に掲示してください。

11.各種証明書発行、その他諸手続きについて

(1)各種証明書発行・申込みについて
証明書の種類 和文 英文 手数料(1通) 発行に要する時間
在学証明書 ○(即日) 和文:300円
英文:1,000円
全ての英文証明書の発行には1週間程度かかります。
卒業証明書 ○(即日)
卒業見込証明書 ○(即日) ×
成績証明書 ○(即日)
在学期間証明書 ×
調査書 ×
「証明書の種類」で「○(即日)」となっている証明書は、休業期間中を除き、事務取扱時間内に看護学事務課で発行手数料を添えて申請すれば即日発行が可能です。ただしシステムの点検等、業務都合により、即日発行できない場合もありますので、日数に余裕をもって申請してください。
申請は原則、本人が行ってください。代理人が申請する場合は、証明書を必要としている本人からの「委任状」と証明書を必要としている本人の身分が証明できるものをご持参のうえ申請してください。「委任状」がない等の不備がある場合には、申請の受付はできません。
 
<事務取扱時間>
事務取扱時間 月~金曜日 8:30~16:50
第1・3・5土曜日 8:30~12:40
休業期間 第2・4土曜日、祝日、創立記念日(6月1日)及び
冬季休業期間中、その他業務の都合により定められた日
上記以外の証明書等が必要な場合は、看護学事務課にお問い合わせください。また、その場合、証明書発行まで1週間以上かかることがあります。原則、窓口での手続きをお願いしておりますが、郵送により手続きをご希望の場合は別途郵送料が必要となります。
 
(2)その他諸手続きについて 下記の事由に該当するときは、各種届出書・願出書を看護学事務課、または学務課に提出してください。
 
<各種届出書>
事由(届出が必要な理由) 届出書類の名称 添付書類
改姓等一身上に異動が生じたとき 改姓(名)届 戸籍抄本(個人事項証明書)
保証人(保護者)を変更したとき、
保証人(保護者)が住所を変更したとき
保証人(保護者)等変更届 印鑑証明、住民票
学生本人が住所等連絡先を変更したとき 学生連絡先変更届  
正課中および課外活動中に負傷したとき 負傷届 学生教育研究災害傷害保険事故通知(怪我の内容、程度による)
クラブの主将・主務を変更したとき 主将・主務変更届 (提出先)学務課
 
<各種願出書> ※願出は事前承認が原則です。
事由(願出が必要な理由) 願出書類の名称 添付書類
クラブ活動で遠征および合宿しようとするとき クラブ遠征・合宿届兼学割交付願 (提出先)学務課
個人で学割を必要とするとき ※ 学割交付願 (提出先)
看護学事務課
グラウンド・体育館等を使用するとき 施設使用願 (提出先)学務課
自学自習等のため教室・演習室を使用するとき 教室予約申請書  
休学しようとするとき 休学願 (添付書類)疾病の場合は、本学校医の診断書または意見書
休学している者が復学しようとするとき 復学願
退学しようとするとき 退学願
※JR各社の営業キロで100kmを超える区間を乗車する際に運賃が割引になる。
 参考:JR HP(http://www.jreast.co.jp/kippu/0701.html