患者の方へ

  1. TOP
  2. 患者の方へ

当科では、リハビリテーション科専門医を中心に理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、義肢装具士、看護師、医療ソーシャルワーカー(広域医療連携センター「患者支援室」)などリハビリテーション医学・医療に関連する専門スタッフが一丸となって、患者さまの家庭復帰あるいは社会復帰に向けて全力を尽くします。

対象疾患について

以下のような症状に対して、リハビリテーションや装具療法、薬物療法、生活指導などを行なっています。

  • 関節リウマチ、運動器・脊椎・脊髄疾患

     

  • 四肢切断

     

  • 脳血管疾患(含、高次脳機能障害)

     

  • 神経筋疾患、ポリオ

  • がん、がん治療に伴う障がい

     

  • 呼吸器・循環器疾患、生活習慣病

     

  • 加齢や低栄養などに伴う機能低下

     

  • 脳性麻痺を含む小児疾患
  • 痙縮

診療の流れ

  • 入院リハビリテーション

    急性期を脱した患者さまを対象に、生活の再構築に向けて、身体機能の回復と生活機能の維持・向上を目的とした、多職種協力によるチームリハビリテーションを提供します。

  • 回復期リハビリテーション

    病気やけがの状態が安定し、機能回復や能力改善を積極的に行える時期です。 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による集中的な訓練と、看護師をはじめ、多職種が関わるきめ細やかなリハビリテーションを行い、在宅復帰・社会復帰を支援します。

  • 維持期リハビリテーション

    一般病棟においても、患者さまのニーズに合わせて、在宅復帰後も生活機能の維持・向上を図れるようバックアップします。

引用元:厚生労働省_個別事項(その1) 疾患別リハビリテーション(2017)

問い合わせ先

TEL  : 072-684-6510(直通)
FAX  : 072-684-6336
MAIL  : reh000@osaka-med.ac.jp
担当者名: 斎藤