1. ホーム
  2. 教室・教員組織
  3. 麻酔科学教室

チーム医療で24時間体制の断らない手術室

麻酔科学教室は、1964年に全国で11番目に手術麻酔を目的として開設されました。ペインクリニック外来は、1966年、初代麻酔科学教室教授 故 兵頭正義先生が東京大学に次いで日本で2番目に開設されました。 大阪医科大学附属病院中央手術部は、北摂地域における「最後の砦」である自負のもと、「24時間体制で断らない手術室」を、医師、看護師、薬剤師、臨床工学技士、放射線技師、中央材料室、物流、清掃、事務職員などのチーム医療で実践しています。 大阪医科大学麻酔科専門研修プログラムは、麻酔、ペインクリニック、集中治療、救急医学、緩和医療を網羅したジェネラリストと、心臓血管麻酔、小児麻酔、産科麻酔などの専門分野を有するスペシャリストの両面を備えた麻酔科専門医を育成することを目的としています。 大阪医科大学麻酔科学教室医局員の出身大学は21大学からなり、他科の専門医取得後に移ってきた医師もいます。

研究テーマ、
得意領域

  • 手術麻酔・ペインクリニック・集中医療・救急医療・緩和医療・在宅医療・老人医療を担当しています。
  • 麻酔科学を修得することで、入局してから引退するまで(ゆりかごから墓場まで)、「ジェネラリスト」として様々な分野の診療ができます。
  • 麻酔科標榜医、専門医、指導医取得のための万全なサポートをしています。
  • 研究テーマは、神経障害性疼痛、心臓血管麻酔などです。

所属教員

連絡先・お問い合わせ

〒569-8686 大阪府高槻市大学町2-7 大阪医科大学 麻酔科学教室医局長 日下裕介

特設Webサイトへ