病院医療情報部

  1. ホーム
  2. 教室・教員組織
  3. 病院医療情報部

病院医療情報部の業務概要

a)病院医療情報部では、電子カルテシステムEGMAIN-GXの維持管理および、院内各部署への情報提供や統計資料作成、ならびに病院情報システムの企画立案、各部門システムの新規開発やシステム更改時の中心組織として活動している。
b)診療情報に代表される個人情報やクライアントコンピュータの保護対策として、端末操作時の職種・立場に応じたIDおよびパスワードによる権限設定と、Windows Active Directoryによる強制的操作制限を行っている。また専用サーバにより、各端末のWindows updateおよびコンピュータウイルス対策ソフトとウイルス定義ファイルの中央一元管理を行い、Port ShutterシステムでUSBポートの制御も掛けている。
c)平成16年12月からは週単位で医事・オーダリング、検体検査・総合画像データの遠隔地への退避保管を行い、平成28年度に全学を含めて導入した新しいNetworkシステム(新Cyber Medical Network)では重要通信ルートをより効率よく安全に制御しており、安定した診療支援を行えている。
d)平成24年1月に、電子カルテシステムであるEGMAIN-GXを更改導入し、紙の診療録と併用してこれをオーダリングシステムとし運用していた。平成25年度には、このGXを運用しながらオーダリングシステムからペーパーレス電子カルテへ段階的発展導入を実行し、平成26年1月から完全電子カルテ運用を開始し安定運用と機能充実を行っている。 

研究テーマ、
得意領域

  • 電子カルテにおける医療情報管理 
  • 診療現場におけるネットワークのセキュリティ確保

所属教員

連絡先・お問い合わせ

〒569-8686 大阪府高槻市大学町2-7 大阪医科大学 (西管理棟 3階)

  • 072-684-6341(直通)
  • 072-684-6342