化学療法センター

  1. ホーム
  2. 教室・教員組織
  3. 化学療法センター

化学療法センターでは安全で質の高い医療を行っています。

がん治療の進歩は目覚ましく、抗がん剤治療も入院治療だけではなく、患者さんのQOLを考えた外来化学療法がその主流を占める時代になっています。また、様々な新規抗がん剤の開発や多くの臨床試験への参加など、がん化学療法の多様化に対応すべく日々研鑽を積んでおります。 

教室の研究テーマ、
得意領域

  • 専任の臨床腫瘍医を配属し、専任看護師・薬剤師・事務員などからなるチーム医療の実践。
  • 医師(腫瘍内科医、精神科医)、薬剤師、看護師、臨床心理士、医療相談部職員による緩和ケアチーム活動。
  • 消化器がん(食道、胃、大腸、胆道、すい臓)、原発不明がん、希少がんの抗がん剤治療に関する診療。
  • 日本臨床腫瘍研究グループ (JCOG)、大阪消化管がん化学療法研究会(OGSG)、西日本臨床試験研究機構(WJOG)などの多施設臨床試験グループでの臨床試験への参加。
  • 期待される新規抗癌剤や次世代の分子標的治療薬、免疫チェックポイント阻害剤などに関する国際共同治験への参加。
  • 臨床的な疑問点を解決するための新たな臨床試験の開発。 

所属教員

  • 後藤 昌弘

    後藤 昌弘センター長/准教授

    博士(医学)

    消化器がんを中心に新規抗がん剤の導入に向けた治験への参加。医師主導の臨床試験グループに参加し新しい治療法の確立に向けて積極的に活動しています。また次世代の腫瘍内科医の育成に向けて様々なプログラムを展開しています。
  • 紀 貴之副センター長/助教

    博士(医学)

    消化器がんを中心に診療しています。原発不明癌や稀少がんなども診療しております。消化器がんの治験、臨床試験に参加しております。
  • 桑門 心助教

    博士(医学)

    緩和ケアチームの専従医師としてチームメンバー・医療チームと共同し、抗がん治療中の患者さん・ご家族、人生の最終段階を迎える患者さん・ご家族のサポートを行っています。
  • 寺沢 哲志助教(准)

    博士(医学)

    大腸がん・胃がんに対する術前又は術後補助化学療法の臨床試験及び治験 大腸がん・胃がんに対する化学療法の臨床試験及び治験
  • 山口 敏史助教(准)

    主に消化器癌の治験、臨床試験を担当しております。

連絡先・お問い合わせ

〒569-8686 大阪府高槻市大学町2-7 大阪医科大学 2号館3階

  • 072-683-1221