消化器内視鏡センター

  1. ホーム
  2. 教室・教員組織
  3. 消化器内視鏡センター

精度の高い診断と最先端の治療を

消化器内視鏡センターでは、年間約8,000件(上部消化管4,400件、下部消化管2,600件、内視鏡的逆行性膵胆管造影600件、超音波内視鏡400件など)の検査を行っています。このうち1,200件が内視鏡治療で、ポリープ切除、食道・胃・大腸癌に対する粘膜下層剥離術、食道静脈瘤治療、胆道系処置、消化管止血術、ステント留置術など多種多様です。さらに小腸内視鏡、小腸カプセル内視鏡による小腸疾患の診断と治療、加えて大腸カプセル内視鏡による大腸疾患の診断も積極的に取り組んでいます。最新の機器を使用し、病変の早期発見から、より安全な低侵襲内視鏡治療まで、質の高い医療の提供を目指しています。 

研究テーマ、
得意領域

  • 特殊光内視鏡・超音波内視鏡・拡大内視鏡を駆使した消化管癌の診断。
  • 早期食道癌・胃癌・大腸癌の内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)。
  • 消化管癌に対するステント留置術。
  • 潰瘍性大腸炎やクローン病など、炎症性腸疾患に対する内視鏡診断および集学的治療。
  • 小腸カプセル内視鏡、小腸内視鏡による原因不明の消化管出血、小腸病変の診断と治療。
  • 大腸カプセル内視鏡による大腸病変の診断。
  • 消化管出血や異物除去などの緊急消化管内視鏡検査。
  • 超音波内視鏡を用いた超音波内視鏡下穿刺術(EUS-FNA)による膵癌・胆道癌診断。
  • 胆管閉塞に対する内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP) 下ステント挿入。
  • 切除不能悪性胆道閉塞に対する超音波内視鏡を用いた一期的金属ステント挿入(EUS-CDS、EUS-HGS)。
  • 総胆管結石に対する内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST)、内視鏡的乳頭括約筋バルーン拡張術(EPBD)による胆管結石摘出術。

所属教員

  • 竹内 利寿

    竹内 利寿センター長・准教授

    博士 (医学)

    [食道・胃]消化管内視鏡診断、内視鏡治療
  • 増田 大介

    増田 大介副センター長・講師

    [胆・膵]ERCP、EUS-FNA
  • 小嶋 融一

    小嶋 融一助教

    博士 (医学)

    [食道・胃]消化管内視鏡診断、内視鏡治療

連絡先・お問い合わせ

〒569-8686 大阪府高槻市大学町2-7 大阪医科大学附属病院3号館2階
(消化器内視鏡センター)

  • 072-683-1221(代)

特設Webサイトへ