1. ホーム
  2. 教室・教員組織
  3. 乳腺・内分泌外科学寄附講座

乳がんの罹患率は年々増加の一途をたどり、2000年頃より女性に発生するがんの第1位になっています。現在年間の罹患者数は約4万人であり、約11人に一人が乳がんになります。欧米ではすでに7-8人に1人が乳がんになるといわれており、日本でもさらに増えると予測されています。40歳から50歳代が最も多く、30歳代でかかる方も少なくありません。当院はがん診療連携拠点病院であり、また日本乳癌学会の認定施設として、週4回の乳腺専門外来日(予約制)を中心に、ご紹介の患者様はもとより、術後の患者の希望に迅速に対応し得るよう乳腺専門医を含む5人の専門のスタッフを配置し、診断から治療に至るまでの診療にあたっています。乳腺の診断は良悪性の鑑別を含めて多岐にわたっており、正確な診断を行った上でEBM(Evidence Based Medicine)に基づいた的確な治療を行うことが重要です。また乳がん治療は手術療法、放射線療法、ホルモン療法、分子標的療法を適切に組み合わせることにより治療成績が向上します。そのためチーム医療を実践すべく、乳腺外科、放射線科、化学療法科、など多科の医師さらに病理医、看護師、薬剤師、理学療法士と協力し、個々の症例に応じた集学的加療の確立を目指し、努力しています

<診断>
受診当日にマンモグラフィーを行い、悪性の疑いのある場合は速やかに超音波検査、細胞診を施行、さらに必要に応じ、針生検、画像ガイドか吸引術などの精査も実施します。当院には最新機器が整備されています。また、放射線科の協力により3D-CTやMRIを駆使して、病巣の拡がり診断ならびにリンパ節転移、遠隔転移の有無を的確に診断しています。

<手術>
現在年間約280例の患者様に手術を施行しております。精密検査の結果、可能であると判断した方には乳房温存療法を行います。その際整容性を考慮した皮膚切開をし、術中断端細胞診を行って切除断端陰性化を図り、さらに放射線療法を付加して根治性と整容性との両立を目指しています。現在の乳房温存率は約6割です。センチネルリンパ節生検は2001年より導入し、不必要な郭清を省略し、QOL(生活の質)の向上を図っています。また形成外科と連携し、一期的乳房再建にも積極的に取り組んでいます。当院では自家組織移植、インプラント手術などのあらゆる乳房再建術の施行が可能です。

<薬物療法>
乳がんに使用可能な薬物療法には抗癌剤、ホルモン剤、分子標的治療薬などがあります。手術後の補助療法においては乳がんの様々な生物学的決定因子から薬物を選択し投与します。その際より安全で個々に適した治療を行なうべく、専門医師、薬剤師の管理下、外来化学療法センターにおいて実施しています。また術前化学療法、分子標的療法も積極的に導入し、根治性、乳房温存率の向上を図っています。臨床試験にも積極的に参加し、最新の医療を提供できる様心がけています。

教室の研究テーマ、
得意領域

【診 断】
当院では乳がんの診断目的に以下の検査を実施しています。これらの診断能を駆使し、より正確な診断を目指しています。

<マンモグラフィー>
乳房を台の上に置き、圧迫して撮影するX線検査です。少し痛みを伴うことがありますが診断には不可欠な検査です。市民検診でも実施されています。

<超音波検査(エコー検査)>
体にゼリーを塗りプローブ(超音波検査用器具)をあてて撮影する検査です。痛み、侵襲のない検査です。

<CT、MRI>
当院では3D(立体構築)処理可能なCTやMRI検査を行い、乳がんの拡がり、肝、肺、リンパ節転移の有無などの検査を行っています。

<骨シンチグラフィー>
全身の骨を調べるX線検査です。骨への転移の有無を調べます。

<穿刺吸引細胞診>
腫瘍(しこり)を超音波検査で確認しながら注射針を用いて穿刺して細胞を採取し、病理検査を行い悪性か否かを調べる検査です。採血に用いるものと同様の注射針を使用します。

<針生検、画像ガイド下吸引術>
穿刺吸引細胞診では悪性の確定が得られなかった病変、あるいはどのサブタイプ(乳がんの生物学的特性)の乳がんであるかを調べる検査です。局所麻酔を行った上、針生検では長径2mm程の針を使用し細胞のみならず組織を採取します。さらに画像ガイド下吸引術では長径5mm程の針を使用し、より多くの組織を吸引採取します。これらの検査で組織を採取することによりエストロゲン、プロゲステロンレセプター(女性ホルモンの感受性)の有無、HER2(乳がんで過剰発現が認められることのある遺伝子タンパク)発現の有無、ki67(癌の増殖活性)なども調べることが可能であり、個々の病状、がんの特性に応じた治療にも繫がります。さらに当院ではステレオガイド下マンモトーム生検装置も完備していますので、より微小な石灰化病変などに対しても診断が可能です。

【手 術】
<乳房温存手術>
乳房温存手術とは乳房をすべて切除せず、乳頭乳輪を温存する手術のことで、乳房円状部分切除術と乳房扇状部分切除術があります。乳房円状部分切除術は腫瘍から一定の安全域(当院では原則2cmとしています。)をとり円状に乳房を切除する方法です。乳房扇状部分切除術はやはり一定の安全域をとり扇状に乳房を切除する方法です。腫瘍の広がりを術前精査で正確に診断しつつ、がんの取り残しがなき様、また整容性が維持できる様両者のバランスを保つことを心掛け、術式を決定しています。現在年間約280例の患者様に手術を施行しておりますが、約60%の方は乳房温存手術をうけておられます。乳癌診療ガイドラインでは3cm以下の腫瘍、整容性が維持できるのであれば4cm以下の腫瘍が適応とされています。適応外の進行癌に対しても術前に化学療法や内分泌療法を行うことにより乳房温存手術が可能となる場合もあります。また当院では乳房温存手術後の乳房変形を予防すべく切除した部位に、残存乳腺組織や脂肪組織を用いた修復術などを付加する工夫を施し、また皮膚切開も乳房外縁や乳輪縁など極力整容性を考慮したものにする様心掛けています。乳房温存手術をうけた際には原則として追加の放射線療法が必要となります。

<乳房切除術、乳房再建術>
乳房切除術とは乳房をすべて切除する手術です。乳房温存手術の適応外と診断された方に実施しています。筋肉まで切除する拡大手術を施行することは現在ほぼ皆無となっています。乳房を失う喪失感、悲しみを少しでも和らげられる様、当院では形成外科と連携、協力し乳房再建術にも積極的に取り組んでいます。適応となる方には一定の制限もありますが、皮膚温存皮下乳腺全摘術、乳頭乳輪温存皮下乳腺全摘術を施行した後、同時に乳房再建術を行うことも可能です。その際広背筋(背中の筋肉)や腹直筋(お腹の筋肉)を用いて乳房の膨らみを形成しています。さらにインプラント(乳房再建用の人工物)を用いた手術も導入しています。

<センチネルリンパ節生検>
センチネルリンパ節とは見張りリンパ節という意味です。乳癌は腋の奥にあるリンパ節にしばしば転移を引き起こします。転移があれば郭清(リンパ節をすべて取り除くことです。)の必要がありますが、転移がなければ省略することが可能です。それを見極めるために色素や放射性同位元素を用いて、手術中に最も近傍のリンパ節(見張りリンパ節)を同定し、まずそのリンパ節のみを切除(生検)して迅速病理検査を行い、転移がなければ郭清を省略しています。郭清を行うと腕のむくみやしびれ感などを生ずる場合がありますが省略することはそれらの予防となります。

【薬物療法】
乳がん治療は手術のみならず追加の複合治療を要することが多いといえます。使用可能な薬物療法には抗癌剤、ホルモン剤、分子標的治療薬などがあります。乳がんには様々なサブタイプ(生物学的特性)があり、また病状、病期によっても治療法が大きく異なるため、それらを正確に診断しつつ的確な治療法を選択する必要があります。主な薬物療法に以下のものがあげられます。

<化学療法(抗がん剤)>
再発リスクが高い癌には化学療法を要します。具体的にはリンパ節転移を認める、腫瘍が大きい、癌の顔つきが悪い(異型度が高いもの)、血管、リンパ管侵襲がある、ホルモン感受性が低い、HER2過剰発現を認めるなどの項目があげられます。様々な抗がん剤が開発されていますが、再発リスクの高い症例にはアンスラサイクリンにタキサンを追加した療法が推奨されています。当院ではアンスラサイクリンとしてFEC(5FU+エピルビシン+サイクロフォスファミド)療法を、タキサンとしてドセタキセルをそれぞれ3週に1回、4回ずつの投与(計8回)を行っています。その他再発リスクに応じてドセタキセル+サイクロフォスファミド(TC療法)、経口(のみ薬)フッ化ピリミジンの投与なども施行しています。さらに再発症例に対しては、カペシタビン、TS-1、ゲムシタビン、ビノレルビン、エリブリン、アルブミン懸濁型パクリタキセルなどの単独または併用療法も行っています。科学的根拠に基づき、個々の状態に応じた最新かつ最善の化学療法を選択する様心掛けています。その際より安全な治療を行なうべく、専門医師、薬剤師の管理下、外来化学療法センターにおいて実施しています。また術前化学療法も積極的に導入し、根治性、乳房温存率の向上を図っています。

<内分泌(ホルモン)療法>
エストロゲンレセプター(女性ホルモンの感受性)を有する乳がんは内分泌療法の対象となります。そのような乳がんは女性ホルモンに依存して増殖するためです。閉経後乳がんにはアロマターゼ阻害剤(アナストロゾール、エクセメスタン、レトロゾール)の内服もしくは、フルベストラント(フェソロデックス)の筋肉注射をすることが、また閉経前乳がんにはタモキシフェンおよびLH-RH アゴニストの投与が推奨されています。再発の際にもホルモン療法には一定の効果が期待できるといえます。生命を脅かす病変がない限り患者様への負担が比較的軽い本治療の継続も行っています。

<分子標的治療>
HER2陽性の乳がんには抗HER2療法が推奨されています。トラスツズマブは術前および術後の補助療法としての適応があります。当院では術前および術後補助療法として使用しています。また転移、再発の際にも有効であり、化学療法、内分泌療法などとの併用もしくは単独での投与を行っています。トラスツズマブは3週に1回の点滴で投与し、やはり外来化学療法センターで実施しています。また経口抗HER2剤であるラパチニブは抗がん剤であるカペシタビンとの併用が義務付けられているため、適応の転移再発症例に使用しています。
また血管新生阻害薬として、VEGF(がんの血管形成や維持をサポートするもの)抗体であるベバシズマブは抗がん剤であるパクリタキセルとの併用が必要であるため、やはり適応の転移再発症例に投与を行っています。さらにmTOR阻害剤であるエベロリムス(アフィニトール)やCDK4/6阻害剤であるパルボシクリブ(イブランス)も導入し、適応の方に投与しています。



所属教員

連絡先・お問い合わせ

〒569-8686 大阪府高槻市大学町2-7 大阪医科大学

  • 072-683-1221(代表)

教室特設webサイトへ