1. ホーム
  2. 教室・教員組織
  3. 内科学II教室

すべての消化器疾患を網羅する

第二内科学教室は消化管(食道・胃・小腸・大腸)や肝臓・胆道・膵臓などの消化器疾患を中心に診療し、大学病院として高度で先進的な医療について積極的に取り組んでいます。また、医療が専門化・高度化するなか、様々な消化器疾患の診療に対応できるべく臨床研究を重ね、内視鏡検査・超音波検査・血管造影検査などの専門的な検査や、それらを更に応用した最新の検査・治療を提供します。

研究テーマ、
得意領域

  • 機能性消化管疾患に関する基礎研究、薬物治療、内視鏡治療
  • 早期消化管癌に対する内視鏡治療
  • 進行癌に対する化学療法
  • 自走式カプセル内視鏡の開発研究
  • 小腸疾患の診断・治療
  • 非アルコール性脂肪性肝疾患に関する基礎研究、薬物治療の応用
  • 肝細胞癌におけるマクロファージによる免疫療法
  • アルコール性肝疾患の易感染性の機序の解明
  • 胆膵癌に対する超音波内視鏡を用いた診断
  • 閉塞性黄疸に対する超音波内視鏡下治療
  • 治療困難胆管結石・膵石に対する電気水圧式衝撃波治療
  • 糖尿病と膵がんの膵外神経浸潤との関連性の研究
  • 胆道疾患における胆道鏡診断

所属教員

連絡先・お問い合わせ

〒569-8686 大阪府高槻市大学町2-7 大阪医科大学 総合研究棟 11階

  • 072-683-1221
  • 072-684-6532

特設Webサイトへ