1. ホーム
  2. 教室・教員組織
  3. 内科学IV教室

幅広い見識をもって、難病の解明・治療に取り組む

2017年4月に新しく誕生した教室です。
神経内科とリウマチ膠原病内科の2つの診療科が診療、教育、研究の分野で協力し、難病の解明・治療に取り組んでいます。

研究テーマ、
得意領域

  • パーキンソン病の病態メカニズムの解明および治療法の開発
  • パーキンソン病の早期診断法の構築
  • 筋萎縮性側索硬化症の在宅療法とケア
  • 神経難病の地域連携システムの構築
  • 高齢者筋無力症における安全な治療法の確立
  • Guillain-Barré syndromeに関する電気生理学的解析
  • 膠原病における神経障害の診断と治療法の検討
  • 皮膚筋炎合併間質性肺炎に対する治療研究
  • 関節リウマチによる動脈硬化病変の形成促進メカニズムの解析
  • 膠原病合併間質性肺炎の病態形成機序の解明と病態制御に向けたバイオマーカー探索
     

所属教員

連絡先・お問い合わせ

〒569-8686 大阪府高槻市大学町2-7 大阪医科大学 総合研究棟 2階

  • 072(683)1221(代表)