薬理学教室

心疾患、癌、指定難病の病態を解明し、創薬ターゲットを探求する

心疾患(特に心不全)と癌の病態を既存と違う角度から研究し、新規創薬ターゲット分子を探求しています。指定難病に対しては、ゲノム編集技術により改変したiPS細胞を用いて単一遺伝子難病の病態モデルを確立し、病態解析すると共に新規創薬ターゲット分子を探求しています。さらに、注目した創薬ターゲット候補分子に対して、臨床試験に向けた基礎データをそろえ、新薬の開発に貢献することを目指しています。

研究テーマ、
得意領域

  • 心不全におけるカルシウムシグナルタンパク質による制御機構の解明
  • 心不全、癌におけるO-GlcNAc修飾による制御機構の解明
  • ユビキチン・プロテアソームシステム(UPS)とオートファジーによる病態制御機構の解明
  • 心不全、癌におけるストア作動性Ca2+流入(SOCE)による制御機構の解明
  • 最新ゲノム編集技術により改変したiPS細胞を用いた難病の病態モデルの確立と創薬ターゲットの探究

所属教員

連絡先・お問い合わせ

〒569-8686 大阪府高槻市大学町2-7 大阪医科大学 総合研究棟4F

  • 072-684-7292
  • 072-684-6518

特設Webサイトへ