柴田 雅朗

乳癌の予防と転移阻止

1.乳癌の予防と転移阻止の基礎的研究: がんの死因の殆どはリンパ節、肺などへの転移によるものであり、がん転移を克服する事こそが延命効果につながると考えられ、がん治療の最大の課題とも言えます。がん細胞は腫瘍内の毛細リンパ管内に浸潤してリンパ行性に、あるいは腫瘍内の毛細血管内に浸潤して血行性に転移します。また、近隣組織への直接的浸潤があります。このようながん細胞の浸潤・転移を担うシグナルを遮断することが出来れば、転移の抑制につながり、延命効果をもたらすものと考えられます。マウスの転移乳がんモデルや培養細胞の実験系で乳がんの転移抑制に対する低毒性の治療法あるいは化学予防法開発のための基礎的研究を行っております。

 

2.Mangostinの抗腫瘍効果および動脈硬化症・脂肪肝発症の予防効果: 我が国の死因の約4分の1は心臓と脳の血管疾患であり、悪性疾患とともに循環器疾患に対する予防法や治療法を開発することは現代の高齢者社会において急務であります。東南アジア原産の果実であるマンゴスチンの果皮抽出物(α-およびγ-Mangostin)に抗腫瘍効果のあることを見い出し、その作用機序にはミトコンドリア経路を介したアポトーシス、細胞周期のブレーキ役のp21の up-regulation、Aktの脱リン酸化が強く関与していることを突き止めました。さらに最近、α-およびγ-MangostinがApoEノックアウトマウスに発症してくる動脈硬化と脂肪肝の発症を抑制しました。



参考文献

 1. Shibata, M.A. et al. (2011) a-Mangostin extracted from the pericarp of the mangosteen (Garcinia mangostana Linn) reduces tumor growth and lymph node metastasis in an immunocompetent xenograft model of metastatic mammary cancer carrying a p53 mutation. BMC Med., 9, 69.

 2. Shibata, M.A. et al. (2010) The endogenous soluble VEGF receptor-2 isoformsuppresses lymph node metastasis in a mouse immunocompetent mammary cancer model. BMC Med, 8, 69.

 3. Shibata, M.A. et al. (2008) Combination therapy with short interfering RNA vectors against VEGF-C and VEGF-A suppresses lymph node and lung metastasis in a mouse immunocompetent mammary cancer model. Cancer Gene Ther, <15, 776-786.

 4. Shibata, M.A. et al. (2004) Lovastatin inhibits tumor growth and lung metastasis in mouse mammary carcinoma model: a p53-independent mitochondrial-mediated apoptotic mechanism. Carcinogenesis, 25, 1887-1898.

 5. Shibata, M.A. et al. (1999) Haploid loss of bax leads to accelerated mammary tumor development in C3(1)/SV40-TAg transgenic mice: reduction in protective apoptotic response at the preneoplastic stage. EMBO J., 18, 2692-2701.

 6. Shibata M.A. et al. (2015) Atherosclerosis in apolipoprotein E-knockout mice as a model of human disease. Austin J Cardiovasc Dis Atherosclerosis 2:1011