JavaScriptが無効になっています。
お使いのブラウザでJavaScript™機能を無効にされている場合、正しく表示されません。
ご覧になる際にはブラウザ設定でJavaScript™を有効にしてください。

HOME > ご寄付の方法 > 相続財産によるご寄付

相続財産によるご寄付

相続または遺贈により財産を取得した人がその取得した財産を相続税の申告期限までに大阪医科大学に寄付した場合、その寄付金額には相続税が課税されません。

(参考)

相続人は、相続税の申告期限内(ご逝去された翌日から10ヶ月以内)に相続財産を大阪医科大学に寄付し申告することにより、そのご寄付は相続税の課税額から除外され、非課税となります。

申告には、大阪医科大学が発行する「寄付金領収書」と「特定公益増進法人であることの証明書(写)」、文部科学省の発行する「相続税非課税対象法人の証明書」が必要となります。

なお、「相続税非課税対象法人の証明書」の発行には、大学が文部科学省に申請してから約1ヶ月かかりますので、お早めにご連絡いただきますようお願い申し上げます。

相続財産による寄付手続きの流れ

1. ご逝去(相続の開始)
2. 大阪医科大学募金推進本部にご相談・申し入れ
ご逝去日、大阪医科大学との関係、ご寄付の使途をお尋ねいたします。
大阪医科大学からご寄付に係る書類をお送りいたします。
3. ご遺族様より相続財産を大阪医科大学へ寄付
4. 相続税非課税対象法人の証明申請
大阪医科大学が文部科学省に申請し、「相続税非課税対象法人の証明書」を発行してもらいます。
発行には申請してから約1ヶ月かかります。
5. 相続税の申告に必要な書類の送付
大阪医科大学から「寄付金領収書」、「特定公益増進法人であることの証明書(写)」、
文部科学省発行の「相続税非課税対象法人の証明書」をお送りします。
6. 相続税の申告・納付
被相続人が逝去された翌日から10ヶ月以内に手続きを行ってください。

お問い合わせ先

  • 大阪医科大学 募金推進本部
  • TEL: 072-684-7243(直通)
  • FAX: 072-681-3723
  • E-mail: uof066@osaka-med.ac.jp