献体について

献体とは、人体の構造を明らかにする正常解剖学の教育・研究のために、ご自身の遺体を無報酬で医学・歯学の大学に提供することをいいます。

本学でも、献体の生前委託登録者が逝去なされば、ご遺族の理解のもとに、故人の意志に沿ってご遺体を引き取りに伺わせていただきます。

将来医師を目指す学生が「肉眼解剖学実習」を通じて、人体の構造や機能を習得するとともに、献体に対する感謝の気持ちと、その期待に応える責任と自覚を持たせるという精神的教育にもつながっております。

献体関連行事

4月
第2学年「肉眼解剖学実習」実施 (~6月中旬頃)
5月
「さつき会総会」開催
(献体生前委託登録者の親睦会)

6月
「ご遺骨返納法要」・「文部科学大臣の感謝状贈呈式」挙行
(前年度、解剖学実習で使用させていただいた方のご遺骨をご遺族に返納)

10月
「解剖慰霊祭」開催
(毎年10月第3土曜日 挙行)

11月
「ご遺骨埋葬法要」挙行
(ご遺骨の引き取り手のない方、「合葬願」が提出されている方は、本学の菩提寺にご遺骨を埋葬)

お問い合わせ先
〒569-8686
大阪府高槻市大学町2-7
大阪医科大学 学務部
TEL:072-683-1221(代表)
copyright (C) 2009 School Affairs Division, OsakaMedicalCollage.