教室紹介

周産期グループ

周産期部門の特色

1. 正常正期産に関する自然分娩の推進
2. おなかの赤ちゃんの状態をくまなく調べる「出生前(診断)ベビードック」
3. 帝王切開後、筋腫核出後の経腟分娩に対応
4. ハイリスク妊娠に対する集中的管理と小児科と連携したチーム医療
5. 小児心臓血管外科・小児外科、その他様々な診療科と連携した胎児先天性疾患の管理
6. 無痛分娩なども症例に応じて対応しております。

 

○患者さまへ 

当院は周産期分野において、地域周辺医療機関の後送病院(大阪府母体救急搬送システム:OGCS)として30年の実績があります。現在も年間100件近い母体搬送を受けており、地域と密着した高度救急医療の一端を担っています。地域周産期母子医療センターとして妊娠・出産については、安心した医療環境のもとで行うことを第一の目的に、正常妊娠はできるだけ自然分娩で行うことを心がけています。また、多胎妊娠や前置胎盤、妊娠高血圧症候群、さまざまな合併症(糖尿病など)に関連したハイリスク妊娠・分娩については、新生児科や内分泌科などの各専門内科医と連携を保ちながら対応、母体・胎児集中管理室、新生児集中管理室も完備し、全国でもトップレベルの水準を確保しております。

2014年4月より小児心臓血管外科部門、2015年4月より小児外科部門がそれぞれ開設されたことから、出生前に診断される胎児先天性疾患のほとんどが管理できるようになり、より一層出生前から出生後にかけてトータルにサポートできる体制が整いました。また、高齢妊娠の増加やダウン症などの出生前診断の話題がニュースで伝えられるなか、「赤ちゃんが健常で元気に生まれてくるか心配です。」といった妊婦さんに対応するべく、2014年7月より胎児超音波の専門医が最新の胎児超音波機器を使って、おなかの赤ちゃんの状態をくまなく調べる胎児精査外来である「出生前(診断)ベビードック」を開設しました。今おかかりの医療機関さまから医療連携室を通してご予約ください。

 

○患者さまのご紹介について

府下におけるOGCS(産科婦人科診療相互援助システム)を中心に、24時間体制で緊急搬送も受け入れておりますので、異常妊娠の妊婦さまについてもご相談いただければと思います。救命可能な児は妊娠23週以降で400g以上です。病院間でのご相談については産科専門医が専用ダイヤル「周産期ホットライン」で承りますのでご連絡ください。

患者様の予約
かかりつけ医より「医療連携室紹介申込書」と「診療情報提供書」を当院の病診連携室にFAXください。 緊急時は、072-683-1221(代表)より産科外来あるいは産科当直医にお電話ください。 かかりつけ医のない場合は、月曜から金曜日、第1,3,5土曜日までの午後11時までに事前連絡の上受診ください。

 

○施設認定

日本産婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設
日本周産期・新生児医学会基幹研修施設

 

○セカンドオピニオン対象疾患

経膣分娩、帝王切開、不育症

診療実績

平成27年度の診療実績

分娩数
478
異所性妊娠
15
分娩様式 経腟分娩
288
流産
31
骨盤位分娩
0
人工妊娠中絶
15
帝王切開後の
経腟分娩
15
出生体重 1500g以上
445
帝王切開
175
1500g未満
33
多胎 双胎
18
分娩週数 28週未満
12
品胎
0
28週以上
466
分娩件数の推移

大阪医科大学附属病院 周産期センター

周産期センター

出生前ベビードック

(火曜以外の午後予約制)

  • 高齢妊娠や前児に異常があったなど、胎児をよく診てもらいたいと思う妊婦さんのために、出生前ベビードックを開設しました。
  • 対象と週数:すべての週数の妊婦さんが対象です。
  • 最新機器の超音波装置を使って、資格認定をうけた周産期(母体胎児)専門医が、お母さんとお腹の中の赤ちゃんについて胎児診断(出生前診断)を行います。

出生前ベビードック  

出生前ベビードックの流れ

出生前ベビードック

ページ冒頭へ