衛生学・公衆衛生学は臨床医学、基礎医学に対応する医学の一分野であって社会医学系に属する。
その目標は疾病を予防し、健康を保持増進し、人類としての肉体的、精神的、社会的能力を最高度に発揮させるための自然科学および社会医学原理を学び、実地に適応する科学、技術を習得することである。

そのためにはわが国の疾病構造の変遷を理解し、その要因の解明と対策の樹立について予防医学的視点から広く学習する。

また我々を取り巻く自然環境、人工環境、労働環境などにおける諸問題に関して知識を深めるとともに、健康影響を正しく把握し、評価するための疫学的考察力を習得する。

さらに包括的な生活の場である地域社会における個人と集団の特性を公衆衛生学的手法により認識し、将来医師として必要な基礎的な理論と技術を習得する。

ページのトップへ戻る