研究

研究 - class -

大学院における教育・研究活動

教育・研究指導方針

大学院ではわが国の疾病構造の変遷を理解し、その要因の解明と対策の樹立について予防医学的視点から学習する。
また関連する諸問題に関して知識を高めるとともに、健康影響を正しく把握し、評価するための疫学的考察力を習得する。

現在の研究テーマ

骨粗鬆症性骨折のリスク評価、骨粗鬆症と循環器疾患の関連についての検討

骨粗鬆症や骨粗鬆症性骨折が起こると、動脈硬化性疾患のリスクが上がるというエビデンスが報告され、糖尿病をはじめ、生活習慣病によって引き起こされる様々な病態が「骨・血管連関」に関与することが注目されています。1996年時に地域在住女性を対象に開始したJapanese Population-based Osteoporosis(JPOS)研究(http://www.med.kindai.ac.jp/pubheal/jpos/)の10年次追跡調査時に動脈硬化指標である頸動脈内中膜壁厚(IMT)値の測定を行い、ベースライン時に骨粗鬆症または推体骨折保有の閉経女性では、骨量正常もしくは骨減少症の者と比較して、IMT値が有意に高く、動脈硬化性疾患発症リスクが高まることが示唆されました。2015-2017年に実施したJPOS研究の20年次追跡調査においても、動脈硬化指標を測定し、骨粗鬆症や骨折既往、新規の骨折が、女性の動脈硬化の進展を早めるかどうかを検討します。
奈良県立医科大学が行っている疫学研究「高齢者のQOLと生活機能に関するコホート研究-藤原京スタディ-」の部分研究「男性骨粗鬆症研究」(主任研究者 近畿大学医学部教授 伊木雅之)の10年次追跡調査を2017~2019年に実施します。当教室もこの調査に参画し動脈硬化指標(IMT、脈波伝搬速度)の測定を実施し、男性における「骨・血管相関」についても検討します。

文部科学省平成29年度
『私立大学研究ブランディング事業』選定プロジェクト
事業名:オミックス医療に向けた口腔内細菌叢研究とライフコース疫学研究融合による少子高齢中核市活性化モデル創出

当教室は、本事業(https://www.osaka-med.ac.jp/omics-health/)に参画し、疫学研究グループとして活動を行っています(図参)。

ヒトの腸内細菌叢の構成は乳幼児期に確立されるとも指摘されていますが、口腔内細菌叢の構成過程と関連要因については未知の部分も多いと言われています。本研究により疾患特異的な口腔内細菌・細菌叢構成比に影響する個人の特性や生活習慣等の要因を明らかにし、これらの要因を加味した生涯にわたる健康増進・疾病予防、ひいては健康寿命延伸のための健康増進プログラムの策定を目指しています。

ページのトップへ戻る