診療内容

神経内科とは

神経内科とは内科の一分野として,脳,脊髄,末梢神経,骨格筋(神経筋接合部を含む),自律神経などを専門的に診断・治療する科です。
受診される患者さんの症状は,頭痛,めまい,しびれ,歩行障害,運動麻痺,ふるえ,物忘れ,瞼が下がる,二重に見える,飲み込みづらい,けいれんや失神など様々です。
必要に応じて,脳神経外科,整形外科,耳鼻咽喉科,眼科、精神神経科,他の内科系専門診療科などに紹介します。

神経内科でとり扱っている主な病気

  • 脳梗塞,一過性脳虚血発作,脳出血などの脳血管障害(脳卒中)
  • 片頭痛,緊張型頭痛,三叉神経痛,後頭神経痛,顔面神経麻痺
  • パーキンソン病,パーキンソン症候群,脊髄小脳変性症,筋萎縮性側索硬化症など変性疾患,神経難病
  • アルツハイマー病,レビー小体型認知症などの認知症疾患
  • 脳炎,髄膜炎などの感染性疾患やクロイツフェルト・ヤコブ病のようなプリオン病
  • 多発性硬化症や視神経脊髄炎などの脱髄疾患
  • ギラン・バレー症候群や糖尿病などによる末梢神経障害
  • 多発性筋炎,重症筋無力症,筋ジストロフィーなどの筋疾患
  • てんかん,失神など
  • 膠原病・内分泌疾患などに伴う神経系合併症

参考資料

PDチェックリスト在宅療養チェックリスト 在宅人工呼吸器ハンドブック

診療担当表

平成29年5月24日更新

午前 細川隆史 宇野田喜一 石田志門 荒若繁樹 担当医 担当医
午後 細川隆史 宇野田喜一
塚原彰弘
佐野恵理 荒若繁樹
太田真
中村善胤
担当医

ページ上へ