NCI Common Terminology Criteria for Adverse Events(CTCAE) V3.0
肺/上気道
Page 50
No: 22024

肺線維症(画像上の変化)
Pulmonary fibrosis(radiographic changes)


 
Grade1 画像上わずかな所見あり(または斑状病変や両側肺底部の変化), ただし画像所見上, 線維化が総肺容積の<25%を占めると推定される
Grade2 画像所見上, 線維化が総肺容積の25−<50%を占めると推定される斑状病変または両側肺底部の変化
Grade3
画像所見上, 線維化が総肺容積の50−<75%を占めると推定される濃いまたは広範囲の浸潤/硬化
Grade4 画像所見上, 線維化が総肺容積の≧75%を占めると推定される;蜂巣肺
Grade5 死亡



注:肺線維症は放射線または集学的治療(手術を含む)より, 通常>3 ヵ月後に見られる“遅発性の影響”である. 肺組織の瘢痕化/線維化を意味する. 放射線または集学的治療より, 通常3 ヶ月以内に見られる肺臓炎との鑑別が困難なこともある.

関連AE:成人呼吸促迫症候群(ARDS)[肺PULMONARY- ARDS]; 咳[肺PULMONARY- Cough]; 呼吸困難(息切れ)[肺PULMONARY- Dyspnea]; 低酸素血症[肺PULMONARY- Hypoxia]; Grade 3−4 の好中球減少を伴う感染(臨床的または微生物学的に確認)-選択[感染INFECTION- Infection]; 好中球数が正常またはGrade 1−2 の好中球減少を伴う感染-選択[感染INFECTION- Infection]; 好中球数が不明な感染-選択[感染INFECTION- Infection]