大阪医科大学附属病院  呼吸器内科

大阪医科大学Webサイトへ

入局を目指す方へ

入局を目指す方へ

学生・研修医の諸君へ

肺という窓を通して全身を診ませんか

呼吸器疾患患者は多いのに呼吸器専門医は多くありません。呼吸器専門医のいない病院も多く、当院でも十分対応しきれず、初診まで待たせたり、お断りしたりすることがあります。呼吸器内科では研修医・レジデントを募集しています。やる気さえあれば活躍する場所はいくらでもあります。

大学病院ならではの豊富で多彩な症例から学ぶことも多いでしょう。問診の取り方から身体所見、画像診断、治療法など勉強することも少なくはありませんが、悩んだときはやさしいスタッフがサポートしてくれます。

何をしたいか決まっていない人でも、呼吸器のカバーする範囲は、肺癌・臨床腫瘍学、喘息・アレルギー、感染症、間質性肺炎、COPD、呼吸不全など多彩です。入局してから考えても遅くありません。また最終的に一般内科を目指す人でも呼吸器を基礎に勉強してあればスムーズに移行できると思います。

我々と一緒に呼吸器病を勉強していきませんか?希望者はいつでも歓迎いたします。

専門医・認定医が多数在籍

日本呼吸器学会の専門医をはじめとし、各種学会認定の専門医が多数在籍しており、丁寧な指導が受けられます。

日本呼吸器学会専門医
7名
日本内視鏡学会専門医
2名
日本アレルギー学会専門医
1名
日本内科学会認定総合内科専門医
3名
日本内科学会認定内科医
10名
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
1名
がん治療認定
4名
日本内科学会認定内科指導医
2名
日本臨床腫瘍学会指導医
1名

 

後藤科長からのメッセージ

準備中です






藤阪科長からのメッセージ

ダイナミックな変化の中、活躍のフィールドは無限です

肺癌を含んだ呼吸器悪性腫瘍の診療は、今まさにダイナミックな変化の中にあります。志あふれる若き氏の活躍のフィールドは無限です。

腫瘍分子生物学の発展、腫瘍免疫学の解明、スーパーコンピューターの創薬への導入など、20年前に初めて抗がん剤の非小細胞肺癌に対する有用性が証明された頃と比べると隔世の感があります。分子標的治療薬の登場からがんゲノム医療につながるPresision Medicineの展開そしてがん免疫療法の臨床導入が、患者さんの未来をかえていきます。

患者さんの人生と伴走すること

がん診療をすること、それは患者さんの人生と伴走することだと思っています。常に対話し共に悩み、笑い、考える、その積み重ねが患者さんの未来を照らし、これから医師として成長していく皆さんの途を示してくれると思います。さあ、私達と共にいっしょに駆け出しましょう。


中村病棟医長からのメッセージ

呼吸器内科・呼吸器腫瘍内科では豊富で多彩な症例を経験することができます

当科のホームページにお越しの研修医の皆さん、病棟医長の中村です。

このような場所では皆さんに向けて呼吸器内科・呼吸器腫瘍内科の魅力を語るべきなのですが、呼吸器の魅力は多様で奥が深く、この場だけで語りつくすことはとても難しいです。

私自身は呼吸器疾患の中では喘息・COPDの診療、特にアドヒアランスをいかに向上させるか、どのデバイスが目の前の患者さんに最も適しているか等を考えることにやりがいを感じています。
その一方で緩和ケアにも関心があり、科長の許可をいただき、緩和ケアチームの活動にも参加させていただいております。

他にも、感染症、びまん性肺疾患、治験や臨床試験を含む肺がん診療等、私の仲間達は自分自身の得意分野を持ち、それぞれのスタイルで呼吸器診療に取り組んでいます。
大学病院という施設では、common diseaseはもちろん、他の医療機関では手に負えない難しい症例から、珍しい症例に至るまで、豊富で多彩な症例を経験することができます。
当科に興味をもってくださった研修医の皆さん、私たちと一緒に様々な症例を経験し、呼吸器診療の奥深さを体験してみませんか?

また、当科のスタッフは教えるのが大好きです。毎週木曜日にローテーション中の研修医の先生を対象にしたモーニングレクチャーを開催している他、2016年度からは、当院で研修されているすべての研修医の先生を対象とした勉強会も定期的に開催するようになりました。呼吸器内科をローテーションしない研修医の先生たちにも呼吸器診療の魅力を伝えられれば、と思い、私たちスタッフ一同全力で取り組んでいます。大阪医科大学附属病院で研修される(されている)皆さん、是非私たちの勉強会に足を運んでみてください!

仲間の拠り所のような存在になること

最後に私が病棟医長として、心掛けていることをお伝えします。
それは「仲間の拠り所のような存在になること」です。

短期間のローテーションで私たちの元にやってくる研修医、レジデントの先生も、その期間は私たちの大切な仲間です。短期間のローテーションとはいえ、しんどいこと、辛いこと、悲しいことを経験する可能性はゼロではありません。そんな時は一人で抱え込まないで私を頼ってください。皆さんが安心して研修生活を送れるよう全力でサポートいたします。
ホームページを通してではなく、皆さんと直接お会いする機会がくることを心からお待ちしています。

 

吉田外来医長からのメッセージ

多岐に渡る疾患に触れ合う機会が得られます

当科の外来では、他科からのコンサルトや他院からのご紹介にたいして柔軟かつ迅速に対応できるよう心がけております。

また当院で勉強をご希望される先生がいらっしゃいましたら、希少疾患に対する外来診療や他科からの診察依頼、開業医の先生からご紹介のcommon diseaseなど多岐に渡る疾患に触れ合う機会が得られるのではないかと思います。それが自分自身の医師としての経験値になるのではないかと考えております。

ご興味があるかたは、いつでもご連絡をお待ちしております。
やりたいという気持ちだけで十分です!外来診療の勉学に関しましてご希望に添えられるよう努力致します。


ページの先頭へ