研究協力のお願い

当院において下記の臨床研究を行うことになりました。ご理解・ご協力をお願いいたします。       

研究課題名
冠動脈CT血管造影(CCTA)と数値流体力学を応用して急性冠症候群(ACS)のプラーク破裂の機序を探究するための試験II
急性冠症候群発症における流体力学的研究
320列CTを用いた冠血流予備量比(CT-FFR)の臨床的有用性に関する研究
心筋シンチグラフィーの診断能および心臓機能評価に関する研究
心臓MRIで評価される心筋組織の性状・心機能と各種臨床検査の関連
カテーテルアブレーション症例全例登録プロジェクト(J-ABレジストリ)
循環器疾患・腎臓疾患における診療関連パラメーターと疾患の重症度および予後の関連についての検討
循環器症例における口腔の衛生状態が疾患の重症度および予後に与える影響の検討
サルコイドーシスの病因解明のための病原微生物の網羅的検討
尿酸高値の症例へのフェブキソスタット投与がFGF23・α-Klothoなどの心血管リモデリング因子に与える影響の検討
高尿酸血症を合併する慢性心不全患者を対象とした尿酸降下薬フェブキソスタットの心臓リモデリング、血管障害および関連マーカーに与える影響の検討
瘤や拡張などの冠動脈形態と動脈瘤との関連についての観察研究
血漿中のキサンチン酸化還元酵素活性とさまざまな循環器疾患および心不全の重症度の関連の検討
IgG4関連疾患の診断基準並びに治療指針の確立を目指した研究
心血管・腎疾患症例の組織におけるIgG4陽性形質細胞浸潤についての免疫組織学的検討
循環器・腎臓疾患の症例における微小脳出血の存在と各種臨床検査・血液バイオマーカーの関連
循環器疾患・腎臓疾患・高血圧性疾患の症例における、治療前後の診療関連パラメーターの変化についての検討

 

多施設共同研究

当科では、下記の多施設共同研究に参加しております。

  • 本邦における心血管インターベンションの実態調査 (J-PCI)を用いた日本心血管インターベンション治療学会内登録データを用いた統合的解析
  • 2型糖尿病を伴う心不全患者の微量アルブミン尿に対するダパグリフロジンの予防・抑制効果に関する臨床試験(DAPPER study)
  • 慢性心不全合併糖尿病患者におけるカナグリフロジンの安全性評価試験(CANDLE trial)
  • 日本人糖尿病合併冠動脈疾患患者における積極的脂質低下・降圧療法と標準治療のランダム化比較試験(CHD-RCT研究)
  • 脂質異常症を合併した一次予防患者における動脈硬化性疾患発症に関する観察研究    
    (Japan Atherosclerosis Society Cohort Study)
    ■研究についてのご案内
  • SGLT2阻害薬による動脈硬化予防の多施設共同ランダム化比較試験(PROTECT)
  • 安定型冠動脈疾患を合併する非弁膜症性心房細動患者におけるリバーロキサバン単剤療法に関する臨床研究(AFIRE Study)
  • 冠動脈ステント留置後12ヶ月超を経た心房細動患者に対する抗凝固薬単独療法の妥当性を検証する多施設無作為化試験(OAC-ALONE試験)
  • 高尿酸血症を合併する慢性心不全患者を対象とした 尿酸降下薬フェブキソスタットの効果に関する 多施設共同ランダム化比較試験(LEAF-CHF study)
  • 高尿酸血症に対するキサンチンオキシダーゼ阻害剤フェブキソスタットの血管障害予防効果に関する多施設共同ランダム化比較試験(PRIZE study)  
  • 非弁膜症性心房細動患者の脳卒中および全身性塞栓症に対するリバーロキサバンの有効性と安全性に関する登録観察研究(EXPAND study)
  • リゾリュート・インテグリティを用いた日本の実地臨床における長期の有効性および安全性に関する前向き多施設共同市販後臨床研究(PROPEL STUDY)
  • 冠動脈疾患患者に対するピタバスタチンによる積極的脂質低下療法または通常脂質低下療法のランダム化比較試験(REAL-CAD)
  • 実臨床におけるNoboriバイオリムスA9エリューティングステントの至適二剤併用抗血小板療法(DAPT)期間の検討(NIPPON)
  • アルブミン尿を有する高血圧患者におけるレニン・アンジオテンシン系抑制薬投与を中心とした通常療法に対するエプレレノン併用の優位性を検証する臨床試験(EVALUTE試験)

 

ページ冒頭へ