成人先天性心疾患外来を開始しました

成人先天性疾患外来医療の進歩により先天性心疾患患者さんの9割以上が成人期を迎えます。
小児期と成人後では問題点が異なるため、成人期の先天性心疾患に精通した医師による管理が必要です。
循環器内科では毎週水曜日午後に専門外来を設置して、小児循環器医と共に診療にあたっています。

担当医は、片山博視(小児科)、蘆田温子(小児科)、星賀正明(循環器内科)です。

お問い合わせは循環器内科外来までお願いいたします。

 

 

 

 

 

ページ冒頭へ