大阪医科大学付属病院 看護部

menu

看護の知識と技術を身につけながら、
プロとしての意識を育んでいきます。

大阪医科大学附属病院では、一人ひとりの看護師が自己実現に向かって段階的に成長できるクリニカルラダーシステムを採用。新人の頃から豊富な研修を通して専門性を深めながら、視野を広めながら、看護のプロとして成長できる環境を整えています。

クリニカルラダーシステム

一人ひとりが理想の看護を身につけていけるよう、大阪医科大学附属病院の看護部では、クリニカルラダーシステムを取り入れています。その特徴は各看護師が自己実現に向かって、達成状況を客観的に評価していること。1年目の新人教育はもちろんのこと、2年目以降も習得状況や希望に応じて、一歩ずつキャリアアップできるバックアップ体制を看護部全体で整えています。