教育の特徴

HOME / 教育 / 教育の特徴

看護の知識と技術を身につけながら、
プロとしての意識を育んでいきます。

大阪医科薬科大学病院では、一人ひとりの看護師が自己実現に向かって段階的に成長できるOMCラダーシステムを採用。
新人の頃から豊富な研修を通して専門性を深めながら、視野を広めながら、看護のプロとして成長できる環境を整えています。

新人の心身を見守りながら、
その成長を組織で支えています。

大阪医科薬科大学病院では、一人ひとりの看護師が自己実現に向かって段階的に成長できるOMCラダーシステムを採用しています。 新人の頃から豊富な研修を通して専門性を深めながら、視野を広めながら、看護のプロとして成長できる環境を整えています。

ペアで行う患者中心の
看護を実施しています。

先輩と2人で協力してペアで行う患者中心の看護を実施しています。 まだまだ看護に不安のある新人が先輩と一緒に仕事をすることで、安心して取り組むことが可能です。 また、ダブルチェックで看護の質も高まったり、業務効率が良くなったりと、多くのメリットがあります。

あらゆる角度から成長を支える、
充実した施設環境があります。

実践に近いシミュレーターでトレーニングができる医療技能シミュレーション室があり、24時間利用が可能です。 また、e-ラーニングがあり、300項目以上の看護技術の標準的な看護手順やその映像を、インターネットを活用していつでもどこからでも閲覧できます。 また、院内図書館があり、蔵書は20万冊以上です。

2年目以降もしっかりと成長し、
自らのキャリアを切り開ける
環境です。

2年目以降もしっかりと成長できるように、多くの研修を計画しています。 看護技術に関する研修以外にも、医療・看護英会話研修や海外の看護系大学や医療現場を視察する海外研修も実施しています。 また、周産期や褥瘡対策、呼吸ケアなどあらゆる領域のチーム医療を展開しているのでキャリアを広げるチャンスがあります。

教育システム

一人ひとりが理想の看護を身につけていけるよう、大阪医科薬科大学病院の看護部では、OMCラダーシステムを取り入れています。その特徴は各看護師が自己実現に向かって、達成状況を客観的に評価していること。1年目の新人教育はもちろんのこと、2年目以降も習得状況や希望に応じて、一歩ずつキャリアアップできるバックアップ体制を看護部全体で整えています。

友だち追加 ページトップへ