手術室

HOME / 病棟紹介 / 手術室
手術室

24時間どんな手術も断らない手術室を目指しています

手術室は、2018年3月に中央手術棟へと移転し20室の手術室へと増床しました。そのうち2室は血管撮影装置やCTを設置したハイブリット手術室になっています。2017年度の手術件数は11,462件、2018年度は11,642件の手術を行いました。現在は72人の手術室看護師が手術を必要とされる患者さんに対し看護を提供しています。 手術室においては、高度医療を提供する場であることから、安全な医療の提供を最優先にしており、「確認をする」ことの徹底と手術に関わる多職種との情報を互いが共有することも大切にしています。また、手術を受けられる患者さんが、可能な限り落ち着いた気持ちで手術を受けることができるよう、廊下や手術室内には海や森林などの風景写真のパネルを設置しリラックスできる環境にも配慮しています。 毎年、10名近い新人看護師が配置されますが、新人支援システムに加え、各チームでの支援やスタッフ全体でバックアップし新人を育てていく体制を整えています。さらに、入職後2年目・3年目教育担当者も配置し、新人のみではなく継続的に育成を行えるように配慮しています。
友だち追加 ページトップへ