24病棟

HOME / 病棟紹介 / 24病棟
24病棟
混合内科

スタッフ全員が一丸となり患者さんにとって
最善の治療・ケアに努めています

24病棟は、消化器疾患(胃がん、食道がん、大腸がんなど)や血液疾患など、化学療法・放射線療法を受ける患者さんが多く、安心安全な看護を実践しています。化学療法・放射線療法の副作用管理、がんに伴う症状管理を行うと共に、看護師だけではなく医師や薬剤師、緩和ケアチームと連携を図り、それぞれの専門性を活かしたチーム医療を展開しています。 チームで患者さんの治療・看護を行うにあたり、ケースカンファレンスやチームカンファレンスを充実させ、患者さんとご家族に情報を提供するなど、医療者側だけでなく患者さんやご家族の意向も考慮したうえで、同じ目標に向かって治療ができるように努めています。 24病棟は、患者さんとご家族に寄り添ったサポートができるよう、スタッフ一人ひとりが自己研鑽を行い、がんに関する知識・技術の向上を図っています。
友だち追加 ページトップへ