国際交流

HOME / 病院・看護部概要 / 国際交流

海外研修の実施、海外研修生の受け入れなど、
海外の看護職と積極的な交流を行っています。

グローバルな視点で思考し多様な価値観を理解したうえで質の高い看護が実践できるようになることを目的に、
海外の看護職との交流も積極的に行っています。

海外研修

看護に対する視野を広げ、また他国の文化に触れることでグローバルな視点を持ち、他者の考え方を柔軟に受け入れる価値観をもつことができるということを目的に、必要なOMCラダーを取得した看護師の中から希望者に対して海外研修に参加する機会を提供しています。昨年度はアメリカ(OMCラダーIV認定以上)、中国(OMCラダーII認定以上)の2か国で実施。それぞれ現地の看護師、他病院の参加者たちと交流しながら、医療制度や看護ケアの日本との違いについて学びを深める場となっています。

海外研修生の受け入れ

海外研修生として台湾台北の看護協会の方が研修に来られ、英会話ができる看護師が通訳しながら、病棟・外来での看護の実際についてご案内しました。 お互いの国における医療・看護の違いなどについても意見交換を行い、色々な違いを知ることができ、とても視野が広がりました。ランチタイムは当院の食堂で一緒に昼食を食べながらみんなで楽しいひと時を過ごすことができました。

友だち追加 ページトップへ