大阪医科大学 危機管理サイト

文字サイズを変更できます

Jアラート対応

学生・教職員の皆様

 

Jアラート(弾道ミサイル発射時等)作動時の対応について

 

学校法人大阪医科薬科大学 理事長

植木 實

 

北朝鮮からミサイルが発射され、万が一、大阪府内への影響が予想される場合には、国からの緊急情報を瞬時に伝える「Jアラート(全国瞬時警報システム)」が活用され、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、携帯電話・スマートフォン等に緊急速報メール等により伝達されますので、落ち着いて以下の行動をとってください。

 

【屋外にいる場合】 (ミサイルが着弾した場合)
  口と鼻をハンカチで覆いながら,現場から直ちに離れ、密閉性の高い屋内の部屋
  または風上に避難する。

 

【屋内にいる場合】 (ミサイルが着弾した場合)
  換気扇、エアコンを止め、窓を閉め、目張りをして室内を密閉する。

 

【授業中の場合】

 

【その他】

 

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合に国民がとるべき行動については、内閣官房国民保護ポータルサイトに掲載されていますので、参考にしてください。また、内容については、随時、更新されていますので各自で確認してください。

 

内閣官房国民保護ポータルサイト

 

関連情報