概要
会則
役員名簿
入会手続き
研究会のご案内
PDF講習会
トップページへ

会則

第1章総則
■第1条
本会は日本脳神経外科光線力学学会(Japan Photodynamic Neurosurgical Society;略称JPNS)と称する。
■第2条
本会の事務局を大阪医科大学脳神経外科学教室(大阪府高槻市大学町2-7)内に置く。
第2章目的及び事業
■第3条
本会は脳神経外科領域における光線力学の研究、診断および治療への応用を促進し、さらに適正な臨床使用を推進し、広く知識の交流を深め、その進歩と発展を通して公共の福祉に貢献することを目的とする。
■第4条
本会は前条の目的を達するため、次の事業を行う。
(1)年1回の学術集会開催
(2)調査・研究の実施・推進および調整
(3)適正な臨床使用のための研修プログラムの策定および講習会の適宜開催
(4)関係学術団体との協力および連携
(5)その他目的を達成するために必要な事業
第3章会員
■第5条
会員は本会の目的(第3条)に賛同し、第6条の所定の手続きを完了した者とし、正会員(医師)の他に賛助会員(企業)と学生会員(大学生、大学院生)を設ける。
なお、運営委員退任者は特別会員とし、うち会長経験者は名誉会員とする。

■第6条
本会に入会を希望する者は所定の用紙に必要事項を記入し、年会費を添えて本会の事務局に申し込むものとする。
■第7条
本会会員は毎年年会費を年度内に納入しなければならない。原則として3年以上会費を滞納した者は退会とみなす。
なお、特別会員および名誉会員は年会費を免除する。

■第8条
学術集会における発表は、会員ならびに会長が認めた者に限る。
第4章役員および会議
■第9条
本会に次の役員を置く
・顧問 若干名
・会 長 1名
・年次会長  1名
・運営委員 若干名
・幹事 若干名
・監事 2名
■第10条
年次会長の選出は運営委員会により決定される。
■第11条
年次会長の任期は次回学術集会までとするが重任を妨げない。
■第12条
新役員の選出は、運営委員会で推薦し決定する。
■第13条
運営委員会は年1回開催する。運営委員会には顧問・運営委員・幹事・監事が出席し、その1/2以上の出席をもって成立する。なお、委任状による出席も含む 。
■第14条
幹事は運営委員会および会長の命を受け、庶務・会計などの会務を行う 。
■第15条
監事は本会の会務会計執行状況を監査し、その結果を運営委員会で報告する。監事は前回会長、前々回会長が務めるものとする。
■第16条

運営委員・幹事の任期は、3年とする。再任を妨げないが、満65歳の学術集会までとする 。
■第17条

総会は年1回、年次会長が招集し、議長となり学術集会の会期中に開催する。正会員の10分の1以上の 出席(委任状を含む)によって成立する。

■第18条
本会は、必要に応じて委員会を設けることができる。
第5章会計
■第19条
本会の事業年度は毎年1月1日より、同年12月31日までとする。
■第20条
本会の経費は本会員の会費、事業推進のための収入(調査・研究のための外部研究資金等)および寄付をもってあてる。
■第21条
事務局幹事および前年度の年次会長は、運営委員会で決算報告を行う。
第6章会則の変更
■第22条
本会則並びに附則は運営委員会において改正することができる。
附則
  1. 本会則は平成16年7月1日から施行する。
  2. 本会正会員は毎年3,000円、学生会員は1,000円、賛助会員は1口10,000円を1口以上、会計年度内に納入しなければならない。
  3. 5年ごとに、存続を含め本会の意義・役割を見直すものとする。
  4. 本研究会は平成22年6月12日に日本脳神経外科光線力学学会へと名称を改定した。
  5. 本会則は平成22年6月12日に改定した。
  6. 本会則は平成23年7月9日に改定した。
  7. 本会則は平成26年6月28日に改定した。
  8. 本会則は平成27年7月10日に改定した。
  9. 本会則は平成29年4月1日に改定した。

Copyright(c)2004-2008 Japan Photodynamic Neurosurgical Society All Rights Reserved.