基本理念・特色

当科は、日本脳神経外科学会のA項専門医訓練施設に指定されています。 病院理念を反映した基本診療および臨床教育指針として、二つの基本理念を定めています。(2004年9月2日改変)

基本理念

黒岩 敏彦 基本理念

「患者様に安全で、より優しい最新の脳神経外科医療を提供する」
「神経学を基本に、脳神経外科の幅広い研修を通じて、社会的責任を果たせる外科医を育成する」

特色

我々は最先端の設備と技術を駆使して、多くの選択肢の中から、より患者様に適したテーラーメイド治療を行うよう心がけています。(→入院診療に関する特色もご参照ください

【1】

悪性脳腫瘍の手術では、腫瘍の摘出度を高めるため、当科独自に開発した蛍光色素を観察できる手術顕微鏡や手術支援 (ナビゲーション)装置を用いています。一方、手術の安全性を高めるため、運動野、言語野の腫瘍に対しては、誘発電位モニタリング、硬膜下電極による脳機能マッピング、覚醒下の開頭術を行い、神経機能の温存にも最大限の注意を払っています。術後は、従来の放射線治療、化学療法に加えて、適応がある症例では、世界に先駆けて熱外中性子を用いた中性子補捉療法(BNCT)を導入しており、欧米からも患者様を紹介していただいています。 転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療( Xナイフ)にも、放射線科と協力しながら積極的に取り組んでいいます。

【2】

良性脳腫瘍では、開頭による腫瘍摘出術以外に、低侵襲な神経内視鏡手術、定位的放射線治療 (X-ナイフ)も行っています。下垂体腫瘍、頭蓋底腫瘍の治療においても、高い評価を得ています。

【3】

脳卒中(クモ膜下出血、脳出血、脳梗塞)を24時間体制で受け入れています。脳外科医と脳血管内治療医がチームとして治療にあたり、開頭術(顕微鏡下手術)または血管内手術を選択しています。重症例では、低体温手術、低体温療法も行います。クリニカルパスを導入し、早期離床、早期リハビリテーションを図っています。未破裂脳動脈瘤、脳動静脈奇形、硬膜動静脈瘻にも血管内手術を行っています。2003年10月より脳ドックを開設し、無症候性病変の早期診断・治療、予防医学に力を入れています 。

【4】

難治性水頭症では、頭蓋内圧に基づいた短絡管 (シャント)の圧設定を行い、合併症の少ない安全な手術で水頭症治療でも全国をリードしてきました。神経内視鏡による手術にも積極的に取り組んでいます。

【5】

この他、小児神経疾患 (キアリ奇形など)の手術、機能的疾患(三叉神経痛、顔面痙攣に対する微小血管減圧術、パーキンソン病や難治性疼痛に対する深部脳刺激)、脊髄・末梢神経疾患に対する手術まで幅広く診療しています。