交流実績

<< 2014年度 実績一覧へ戻る  

台北大学看護学部 学生研修レポート


台北医学大学看護学部派遣 感想文 
(横山晴菜さん) (派遣時2年生)

 このプログラムは、病院見学、病院実習、台湾特有の内容の講義(漢方、台湾の現状を踏まえた上での母子保健について)、病院以外の施設見学、実際に生徒が受けている授業に参加したりと様々な視点から考えられた内容で構成されていたのでたくさんのことを学ぶことが出来ました。病院実習では日本の病院との違いを学びました。一番驚いたことは、日本では注射や点滴、投薬など危険の伴う行為は資格がなければ行うことは出来ませんが台湾では学生でもこれらのことが出来るので、4年生になるとほぼ看護師さんと変わらないくらいになるということでした。知識も技術も日本の学生より上だということを実感させられました。

 台北に行って、台湾料理を食べたり、夜市に行ったり、観光したりと日本では経験出来ないことをたくさん経験しました。特に学生の優しさには感謝してもしきれません。学生は毎日のように「今日予定ある?なかったらどこか連れて行ってあげるよ!」と言ってくれました。学生も授業があって忙しいはずなのにそのようなことは一切言わずに夜遅くまで付き合ってくれました。学生たちの助けがなかったら、このような体験はきっと出来なかったと思います。学校の方々も私たちのことを迎え入れて下さったので不自由なく過ごすことが出来ました。台湾の学生が日本に来た時には同じことをしてあげたいなと強く思っています。

 台北に行く前に、準備として抄読会に参加したり、毎週英会話をやっていました。抄読会では医療英単語を勉強することができ、かなり役立ちました。ただ、病名の単語をもう少し覚えておくとよかったかなと思いました。英会話においても練習しておくことで構えずに話せることができたのでやっていてよかったと思っています。しかし、リスニングの対策が甘かったということを痛感しました。医療英単語を聞き取ることに苦戦したので対策をしておくべきだったと思いました。

 このプログラムに参加して何より自分の視野が広がったと感じています。今まで海外で働くということを考えたことはありましたがそこまで思いは強くありませんでした。しかしこのプログラムを通してその気持ちは強くなったと思います。今後、もっと具体的に考えてみようと思っています。このプログラムに参加できて本当に良かったです。この交流が今後も続くように祈っています

<<台北大学看護学部へ看護学部生5人を派遣に戻る ▲Page top
Nakayama International Center for Medical Cooperation