教授 池田恒彦
   
   大阪医科大学眼科学教室の歴史は古く,昭和4年に牧内正一先生が講師に就任して診療体制を整備されたのに始まり,同年に有沢潤先生が初代教授に就任されました。昭和10年には牧内講師が教授に就任,昭和16年から20年は江原勇吉先生が教授を務められました。 その後, 昭和22年からは牧内先生が復帰され, 以来教室の陣容が充実し,全国でも屈指の大所帯に成長しました。昭和49年には緑内障専門の東郁郎先生が教授に就任, そして平成11年4月から網膜硝子体手術が専門の池田が主宰しております。
当教室の臨床面での特徴は,網膜,神経眼科,斜視弱視,緑内障,角膜,ぶどう膜など眼科臨床のほぼすべての領域において,優れたリーダーを中心に質の高い医療を提供していることです。
研究面では,基礎系の教室や海外のラボと積極的に共同研究を行い,将来眼科臨床に貢献できる質の高い研究を推進しています。また,その成果を次々と世界に発信しています。
教育は,私が就任してから最も力を入れてきた領域です。教室員の教育に対する意識は非常に高く,実力がありかつ人間性の豊かな眼科臨床医を数多く育てることを目標に全員で協力しながら卒前卒後教育に取り組んでいます。
大学の使命としては,臨床,研究,教育の3つが重要であることは論を待ちませんが,当教室は,その3つをバランス良く発展させ,その結果として社会に貢献することを目標に日夜努力を重ねております。
→『教室運営の理念』
→『池田業績(英文原著)』
→『池田業績(和文原著)』
→『池田業績(総説・解説)』
 
履歴
1981年 慶応義塾大学医学部卒業
1981年 慶應義塾大学眼科(研修医)
1983年 国立東京第二病院眼科
1984年 大阪大学眼科(レジデント)
1985年 国立大阪病院眼科(医員)
1990年 大阪大学眼科助手
1993年 米国ミシガン大学留学
1994年 京都府立医科大学眼科講師
1995年 京都府立医科大学眼科助教授
1999年 大阪医科大学眼科教授
  現在に至る

専門領域
網膜硝子体疾患の手術治療(糖尿病網膜症,網膜剥離,黄斑疾患など)
網膜硝子体疾患に関する分子生物学的研究(網膜グリア細胞,網膜幹細胞など)

学会活動など
日本眼科学会評議員,日本網膜硝子体学会理事,日本糖尿病眼学会常任理事
日本眼炎症学会理事,日本神経眼科学会評議員,日本眼薬理学会評議員

Copyright(c) 2006-2018 Department of Ophthalmology, Osaka Medical College