当科の外来は平成17年7月に新7号館3階に移転し,素晴らしい環境のもとで診療に励んでおります。外来の待合室はゆったりとした椅子が広い空間に配置されており,ホテルのロビーをイメージさせます(写真1,2)。また,診察室は患者さまのプライバシーが守れるように完全個室となっております(図3,4)。検査室は,最新の検査器機を配備しています(図5)。
専門外来としては網膜・硝子体(池田教授,喜田講師(准),鈴木助教,福本助教,森下医師),緑内障(植木講師,小嶌講師,河本助教,杉山非常勤講師),斜視弱視・神経眼科(菅澤准教授,奥診療准教授,戸成助教,松尾助教),角膜(田尻助教,米澤医師),ぶどう膜炎(小林講師(准),高井医師,竹田医師,多田非常勤講師,丸山非常勤講師),電気生理(奥診療准教授,奥野非常勤講師),コンタクトレンズ(馬渕医師,米澤医師),涙道(植木講師,三村助教),眼形成(今川医師,三村助教),黄斑・眼循環(喜田講師, ,鈴木助教,福本助教,森下医師),ロービジョン(戸成助教)などがあります。外来診療は8診を使って診察していますが連日多くの患者さんが受診されます。検査の方では,常勤の視能訓練士8名が在籍し,濱村美恵子ORTを筆頭に優秀なスタッフがそろっており,質の高い視野検査や斜視弱視検査に携わっています。当科の特徴は,眼科のすべての専門外来がそろっており,質の高い診療を提供していることです。
       
      外来担当表
 

1
 
           
      網膜・硝子体外来
      神経眼科外来
      斜視・弱視外来
      緑内障外来
      黄斑外来
      角膜外来
      コンタクトレンズ外来
      白内障外来
      涙道・眼形成外来
      ぶどう膜外来
      ロービジョンケア
      視能訓練士が行っている検査
       
     

2

3
   

4

5
   
       
       
Copyright(c) 2006-2017 Department of Ophthalmology, Osaka Medical College