ロービジョン外来
        視覚に障害のある患者様に対してロービジョン外来を設け、患者様の生活の質(Q・O・L)を高めるためにロービジョンケアを行っています。
       
       
       
      担当医
        江富朋彦(月曜日)
       
       
      ロービジョン外来
       





 

  <担当医による面談>
本人および家族の方に同席していただき、現在の生活状況や困られていることなどをできるだけ詳しくお聞きし、少しでも患者様のQ・O・Lを高めるよう、また視覚の障害による身体障害者手帳が取得できるか、あるいは等級を変更できるかなども相談させていただきます。

<視覚的補助具の選定>
  「新聞が読みたい」「手紙が書きたい」「駅の時刻表が見たい」「看板の表示が見たい」などの希望に対し、眼鏡の調整、拡大鏡や単眼鏡などの視覚的補助具の選定、また視覚に障害のある多くの患者様がうったえられる‘まぶしさ’を軽減させる遮光眼鏡などの処方も行っております。

<日常生活用具や便利グッズ>
  視覚障害者のQ・O・Lを高める日常生活用具や拡大読書器、白杖、音声時計、パソコン(拡大・音声)、それ以外にも調理をしたり、読み書きをしたり、さまざまな日々の暮らしに役立つ便利グッズが数多くあります。それらを紹介しています。

<シミュレーション(擬似体験)>
  ロービジョン外来では、家族や場合によっては職場の方に同席していただき、障害に対する理解を深めるために、アイマスクや視野狭窄の眼鏡を装用して擬似体験をしております。

<福祉サービス>
  視覚障害者が受けることのできる福祉サービス(障害年金や介護保険など)や生活全般の様々な内容について、本学医療相談部ケースワーカーとともに相談に応じております。

<日本ライトハウスの専門指導員による面談>
  通常のロービジョンケアの他に、本人が希望されたり、担当医が必要性を認めたとき、視覚障害総合施設である日本ライトハウスの専門指導員が面談し、患者様が抱えておられるさまざまな問題に対して相談を行っています。また、ライトハウスに入所して生活訓練を受けることを希望されれば、見学をすることもできます。
         
         
      療育相談
         
        <小児に対するロービジョンケア>
         視覚に障害のあるお子さんは、見えにくいことにより勉強や運動に支障がおこるので、保護者はそのお子さんに対してどのような配慮をすればよいのか悩みを抱いておられます。
当院では、月に一度予約制で、大阪市立盲学校教諭と視能訓練士が就学前の小児を中心に視的認知力の検査や視的学習のアドバイス、および就学相談を行っています。本人と家族だけでなく、幼稚園・保育園・学校の先生にも同席していただいて個々にあった視的環境を整えるため相談を行っています。
         
         
    Copyright(c) 2006-2009 Department of Ophthalmology, Osaka Medical College