ご挨拶
教授のご挨拶


MISSION


私たちの教室の使命および目指す医療について述べたいと思います。
子どもを取り巻くすべての領域で診療活動し、医療/教育/福祉の中だけでなく、その狭間にいる子どもたちに救いの手を差し伸べることをmission(使命)としています。そのために、普遍的に存在する生命現象を理解するresearch mind(探究心)を培い、具体的実践に応用する知識/医療技術を身につけることを目指します。そして、子どもたちだけではなく、家族への支援をこころがけます。

私はビタミンEの研究をしてまいりましたが、その研究を通して理解した普遍的な生命現象は多くの疾患の病態を考え治療する上で、非常に役立っていると確信しています。たとえば、酸化/抗酸化などの現象を理解することはとても大切だと考えていますし、research mindの対象としてすばらしい領域だと思っています。

私が目指している医療は、子どもたちのユートピアを作り上げることです。障がいのある子どもたちにとってのユートピアであれば、障がいのない子どもたちにとってもユートピアであるはずです。私は障がい児医療を専門にしていますので、発達障がい、てんかん、脳性麻痺、ダウン症、その他にウィルソン病の方がたくさん来られます。しかし、医療の中だけに子どもは生きているのではないのですから、教育/福祉との連携、あるいはその狭間にいる多くの子どもたちのことを理解し寄り添うことを大切にしています。教育との連携を目指して設立したLDセンターもその一環です。
家族会の支援などまだまだするべきことが多く残されていますが、多くの教室員とともに医療のユートピアを作り上げたいと思っていますので、どうぞご理解ご支援をお願い致します。

Think Globally, Act Locally