ご挨拶
内分泌

 内分泌研究グループは、肥満や動脈硬化など日本で関心の高い領域の研究テーマをもち、活動しております。日本人小児の基準となる多くのデータが我々のグループから発信されています。

  1. メタボリックシンドローム:患者診療だけでなく、講演会などを開催しており、当グループが力を入れて研究しているテーマの一つです。平成19年に厚生労働省班会議において小児期メタボリックシンドロームの診断基準が発表されました。このデータには肥満児健診から得られた我々のデータが採用され、小学生の腹囲は75cmと設定されました。
  2. くるみの会(1型糖尿病患者会):日本での小児1型糖尿病は1年間で10万人に1~2人程度の割合で発症するといわれ、患者数が少なく、患者同士のつながりが非常に重要です。当院では関西医科大学と共同で1型糖尿病の患者会の運営に関わり、年に数回の勉強会と年に1回のサマーキャンプ、年に1回のクリスマス会を行っています。キャンプには毎年多くの医学生、看護学生が参加し患者のサポートと共に実際に患者様と関われる貴重な機会ともなっています。
おもなスタッフ
高谷 竜三
平成1年卒

平成1年卒
大阪府済生会茨木病院小児科 主任部長
日本小児科学会専門医
小児糖尿病代謝フォーラム世話人、
発育異常研究会世話人、近畿小児内分泌研究会世話人、
くるみの会(1型糖尿病患者会)顧問医


日本小児科学会、日本糖尿病学会、日本小児内分泌学会、日本肥満学会、
日本内分泌学会、日本夜尿症学会、日本小児栄養消化器肝臓病学会

岡空 圭輔
平成5年卒 

市立ひらかた病院小児科 主任部長
日本小児科学会専門医


日本小児科学会、日本糖尿病学会、日本小児内分泌学会、日本肥満学会

黒柳 裕一
平成9年卒

近畿小児内分泌研究会 世話人
関西小児内分泌セミナー 幹事
枚方エンゼル会(ダウン症親の会) 顧問医 
日本小児科学会 専門医・指導医
日本周産期・新生児医学会 専門医・指導医
新生児蘇生法普及事業専門コースインストラクター


日本小児科学会、日本周産期・新生児医学会、日本生育医学会、日本内分泌学会、
日本小児内分泌学会、日本産婦人科・新生児血液学会

南 由佳子 
平成21年卒

藍野療育園 園長
日本小児科学会専門医


日本小児科学会、日本糖尿病学会、日本小児内分泌学会、日本内分泌学会

にえ川 智美
平成23年卒

大阪医科大学 小児科 臨床研修指導医
日本小児科学会専門医
関西小児内分泌セミナー世話人


日本小児科学会、日本糖尿病学会、日本小児内分泌学会、日本肥満学会

松田 卓也
平成26年卒

大阪医科大学 小児科 後期研修医 大学院生


日本小児科学会、日本小児内分泌学会、日本糖尿病学会


実績

 原著論文および書籍

  • 小児のメタボリックシンドローム 臨床と各論 小児のメタボリックシンドロームと脂質代謝異常. 岡空圭輔, 笠原俊彦, 高谷竜三. Adiposcience. 4巻4号 Page400-404(2007.12)
  • 肥満における血管障害とその評価. 笠原俊彦. よくわかる 子どもの肥満 永井書店132-136, (2008.02)
  • 3. 体脂肪量と脂肪分布について. 高谷竜三、玉井 浩. よくわかる 子どもの肥満 永井書店11-16, (2008.02)
  • 小児のメタボリックシンドロームと脂質異常. 岡空圭輔、笠原俊彦、高谷竜三. アディポサイエンス 4(4) 400-404.2007.
  • 内臓脂肪の蓄積とその評価. 高谷竜三、玉井浩. 小児のメタボリックシンドローム(2008)
  • 小児期メタボリックシンドローム診断基準における腹囲、腹囲身長比の意義と解釈. 高谷竜三,笠原俊彦, 井代学, 岡空圭輔, 成山紀子, 川崎康寛, 玉井浩, 徳田正邦, 小國龍也. 肥満研究14巻1号 Page31-35(2008.04)
  • 代謝栄養性疾患 高尿酸血症. 井代学, 高谷竜三. 小児内科41巻増刊 Page547-553(2009.08)
  • 低血糖症. 高谷竜三. 糖尿病研修ノート p313-415. 診断と治療社. (2009. 03)
  • Quantitative study on cerebral blood volume determined by a near-infrared spectroscopy during postural change in children. Yasuko Taeja Kim, Hidetaka Tanaka, Ryuzo Takaya, Mitsugu Kajiura, Hiroshi Tamai, Mikio Arita. Acta Paediatrica. 98(3) 466-471, 2009.
  • 新しい診断基準 国際化をめぐって. 小児のメタボの診断基準とは? 小児期メタボリックシンドローム診断基準について教えてください(Q&A/特集). 高谷竜三. Q&Aでわかる肥満と糖尿病9巻3号 Page408-410(2010.05)
  • 小児糖尿病 3.合併症 高谷竜三. 糖尿病研修ノート p411-413. 診断と治療社.
    (2010.11)
  • 小児期の血流依存性血管拡張反応に関する測定方法の標準化と基準値の検討.-早期動脈硬化の評価のために-. 高谷竜三、片山博視、森 保彦、奥村謙一、玉井 浩、岡田知雄、能登信孝、原 光彦、石井正浩、稲井 慶、中西敏雄、杉原茂孝、伊藤けい子、小林浩司、長嶺健次郎、吉永正夫、石川貴充、大関武彦. 肥満研究 17:49-53. 2011
  • 身体計測・身体所見. 小児臨床栄養学. 高谷竜三. 診断と治療社. 102-110. (2011.1.20)
  • Alterted expression of both β-carotene 15,15' monooxygenase and lecithin: retinol acyltransferase in obese zucker rats. Kimitaka Takitani, Hiroshi Miyazaki, Fukunishi Shinya, Ryuzo Takaya, Atsushi Yoden, Kazuhide Higuchi, Hiroshi Tamai. J Neutr Sci Vitaminol 2011. 57, 108-113
  • Delayed onset congenital hypothyroidism in a patient with DUOX2 mutations and maternal iodine excess. Toshihiko Kasahara, Satoshi Narumi, Keisuke Okasora, Ryuzo Takaya, Hiroshi Tamai, Tomonobu Hasegawa. Am. J. Genet., 161: 214-217, 2012
  • Identification of INS and KCNJ11 gene mutations in type 1B diabetes in Japanes children with onset diabetes before 5 yr of age. Maki Moritani, Ichiro Ykota, Kohji Tsubouchi, Ryuzo Takaya, et al. Pediatric Diabetes. 14(2), 112-120, 2013.
  • α-Tocopherol Status and Expression of α-Tocopherol Transfer protein in Type 2 Diabetic Goto-Kakizaki Rats. Hiroshi Miyazaki, Kimitaka Takitani, Ryuzo Takaya, Astushi Yoden, Hiroshi Tamai. 59(1), 64-68, 2013
  • Association of uric acid with obesity and endothelial dysfunction in children and early adolescents. Manabu Ishiro, Ryuzo Takaya, Yasuhiko Mori, Kimitaka Takitani, Yukako Kono, Keisuke Okasora, Toshihiko Kasahara, Hiroshi Tamai. Nutr and Metab 2013; 62: 169-176

 

学会・研究会報告、講演

  1. 小児肥満発症予測遺伝子の探索的研究. 中川祐一, 有阪治, 朝山光太郎, 岡田知雄, 菊池透, 高谷竜三, 玉井浩, 原光彦, 花木啓一, 梶原淳一, 土橋一重, 藤枝憲二, 杉原茂孝, 大関武彦. 日本肥満学会 (2007)
  2. 内臓脂肪と腹囲 腹囲:80cm、腹囲:75cm、腹囲身長比:0.5、それぞれの解釈と意義. 高谷竜三, 玉井浩. 日本小児脂質研究会 (2008)
  3. 神経性食欲低下症男児例における食行動と成長について. 高谷竜三, 中尾亮太, 井代学, 田中英高, 玉井浩, 笠原俊彦, 岡空圭輔. 発育異常研究会 (2008)
  4. 小児期メタボリックシンドロームにおける尿酸(基準値の設定の試み). 高谷竜三, 井代学, 笠原俊彦, 岡空圭輔, 成山紀子, 川崎康寛, 玉井浩. 大阪小児科学会(2008)
  5. 小児期の生活習慣病対策の現状と将来 小児期メタボリックシンドローム 高脂血症と動脈硬化. 高谷竜三. 大阪小児科学会(2008)
  6. 小児期メタボリックシンドロームにおける尿酸(基準値の設定の試み)高谷竜三, 井代学, 笠原俊彦, 岡空圭輔, 成山紀子, 川崎康寛, 玉井浩. 日本肥満学会(2008)
  7. 小児肥満症および小児期メタボリックシンドロームにおけるインスリン値について. 高谷竜三, 井代学, 笠原俊彦, 岡空圭輔, 玉井浩. 日本肥満学会 (2009)
  8. ワークショップ;2型糖尿病とメタボリック症候群. 「重篤な肥満合併症の診断・治療・対策」.高谷竜三. 第7回日本小児栄養研究会(2009)
  9. ランチョンセミナー:大規模災害を想定した患者教育. 高谷竜三. 第16回小児思春期糖尿病シンポジウム(2010)
  10. 低血糖性痙攣重積を契機に甲状腺機能亢進症が判明した特発性血小板減少性紫斑病の5歳女児例. 河野由佳子、高谷竜三、笠原俊彦、井代 学、岡空圭輔、河上千尋、玉井浩. 第46回日本小児内分泌学会(2012)
  11. 小児肥満における甲状腺機能. 河野由佳子、高谷竜三、玉井浩. 第26回日本小児脂質研究会. 埼玉(2012)