ご挨拶
消化器

 この領域を専門とする医療チームが当科で設けられておよそ30年が経過しました。腸閉塞など急性疾患から慢性疾患まで、消化器疾患、肝胆膵疾患において、迅速な診断と治療がわれわれのもとで可能です。
 また必要な臨床経験、設備、技術とも最先端で,最良のものが準備できております。診断方法においては問診、身体所見、尿、血液検査、腹部単純X線から、腹部超音波、腹部CTやMRI、上部下部消化管内視鏡検査など成人と変わらぬ診断手法が確立されており、迅速な診断が可能です。
 また特筆すべきことは、腹部超音波、上部下部消化管内視鏡検査、小腸造影検査を小児科で常時施行できている数少ない施設であることです。これらの診断法の確立で炎症性腸疾患患児(潰瘍性大腸炎、クローン病)やベーチェット病などの消化性潰瘍を持つ患児が多数当科で治療されています。その他、腸炎、乳児肥厚性幽門狭窄症、肝炎、原発性硬化性胆管炎、先天性胆道閉鎖、腸重積を含めた腸閉塞などの診療なども行っております。
 近年炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)は世界的に増加傾向で、当科では多くの小児炎症性腸疾患の治療に携わっています。特徴としては、診断から治療まで、当科小児科医がすべて行っていることです。経過観察には侵襲のない、腹部エコー検査をして、消化管内視鏡検査の適応を決めたりもしています。
 すでに全国的に受け入れられている乳児肥厚性幽門狭窄症の治療として硫酸アトロピンの静注療法がありますが、当科の治療でも約9割が内科治療で完治しています。
 さらに肝胆道疾患でも新生児からの肝生験が可能で、腹部超音波とあわせて診断し、原発性硬化性胆管炎、自己免疫性肝炎、HB、HC、その他の慢性肝炎患児が通院しています。
 治療においてはインターフェロンも含め積極的に行っております。小児消化器専門医師として必要な診察手技を身につけるためのトレーニングも当グループではお引き受けしております。
若い医師でこれらの診療技術を身につけたい方はぜひ、ご連絡ください。
(余田:ped018@poh.osaka-med.ac.jp

学会活動
玉井 浩

日本小児栄養消化器肝臓学会運営委員長、日本小児科学会指導医

余田 篤 日本小児科学会専門医
日本小児栄養消化器肝臓学会(運営委員)
日本超音波医学会専門医・指導医
日本小児放射線学会(運営委員)
厚生労働省難治性炎症性腸管障害に関する調査研究班班員
青松 友槻 日本小児科学会専門医
日本超音波医学会専門医
宮崎 敬士 日本小児科学会専門医
井上 敬介 日本小児科学会専門医
梶 恵美里 日本小児科学会専門医
奥平 尊 日本小児科学会専門医
赤松 正野 日本小児科学会専門医
   
学会発表 約50回/1年
社会活動
厚生労働省難治性炎症性腸管障害に関する調査研究
炎症性腸疾患市民公開講座:年1回開催。 第10回(2013年11月23日, 大阪)
各地の市民公開講座で小児期炎症性腸疾患の紹介
大阪府下の保健所関連会議で小児期炎症性腸疾患の啓蒙と紹介
スケジュール
 
午前 上部消化管
内視鏡
外来
(余田)
腹部
超音波検査
腹部
超音波検査
上部消化管
内視鏡
腹部
超音波検査
午後 外来
(余田・青松)
腹部超音波
(15時半から)
    下部消化管
内視鏡
下部消化管
内視鏡
 
実績
  • 超音波検査: 900〜1,000例/年
  • 上部内視鏡: 50〜100例/年
  • 下部内視鏡: 80〜130例/年
  • 肝生検・狙撃生検その他: 30〜50例/年
研究実績:学会発表
  • Seven Cases of Ceftriaxione- associated Biliary Pseudolithiasis in Infants and Children(和訳中)(英語)
    Author:Murata Shinya(Department of Pediatrics, Hirakata City Hospital), Inoue Keisuke, Yoden Atsushi, Tamai Hiroshi
    Source:日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌(1346-9037)27巻Suppl. Page206(2013.09)
  • Ultrasonography is useful for the diagnosis of new onset of pediatric Crohn's disease(和訳中)(英語)
    Author:Kaji Emiri(Department of Pediatrics, Osaka Medical College), Okuhira Takeru, Inoue Keisuke, Aomatsu Tomoki, Yoden Atsushi, Tamai Hiroshi
    Source:日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌(1346-9037)27巻Suppl. Page186(2013.09)
  • Tacrolimus (FK506) suppresses TNF-α-induced CCL2 (MCP-1) and CXCL10 (IP-10) expression via the inhibition of p38 MAP-kinase activation in human colonic myofibroblasts(和訳中)(英語)
    Author:Aomatsu Tomoki(Department of Pediatrics, Osaka Medical Collage), Inoue Keisuke, Yoden Atsushi, Imaeda Hirotsugu, Andoh Akira, Tamai Hiroshi
    Source:日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌(1346-9037)27巻Suppl. Page144(2013.09)
  • サイトメガロウイルスの関与が疑われた胃潰瘍と蛋白漏出性腸症を合併した免疫健常児の1例
    Author:青松 友槻(大阪医科大学 小児科), 松島 礼子, 井上 敬介, 奥平 尊, 梶 恵美里, 余田 篤, 玉井 浩
    Source:日本小児外科学会雑誌(0288-609X)49巻6号 Page1167-1168(2013.10)
  • 小児期発症の自己免疫性膵炎の3例
    Author:村田 真野(枚方市立枚方市民病院), 余田 篤, 青松 友槻, 井上 敬介
    Source:日本消化器病学会雑誌(0446-6586)110巻臨増大会 PageA858(2013.09)
  • 著明な上部消化管病変を合併した潰瘍性大腸炎の1女児例
    Author:青松 友槻(大阪医科大学 小児科), 余田 篤
    Source:Gastroenterological Endoscopy(0387-1207)55巻Suppl.2 Page2840(2013.09)
  • 思春期・青年期の難治性クローン病患者に対する心身医学的関与
    Author:金 泰子(大阪医科大学 小児科), 余田 篤, 田中 英高, 玉井 浩
    Source:日本小児心身医学会プログラム・抄録集29回 Page117(2011.09)
  • 小児Crohn病における便中カルプロテクチン濃度(便Cal)の有用性
    Author:青松 友槻(大阪医科大学 小児科), 松本 恭一, 木村 恵美, 余田 篤, 井上 敬介, 玉井 浩
    Source:日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌(1346-9037)27巻1号 Page93(2013.04)
  • 小児潰瘍性大腸炎における便中カルプロテクチン濃度(便Cal)の有用性
    Author:青松 友槻(大阪医科大学 小児科), 松本 恭一, 木村 恵美, 余田 篤, 井上 敬介, 玉井 浩
    Source:日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌(1346-9037)27巻1号 Page93(2013.04)
  • 乳幼児期発症炎症性腸疾患(IBD)の全国疫学的調査報告 クローン病(CD)・その他
    Author:米沢 俊一(日本小児IBD研究会), 佐々木 美香, 位田 忍, 内田 恵一, 清水 俊明, 余田 篤, 日本小児IBD研究会乳幼児IBD疫学調査ワーキンググループ
    Source:日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌(1346-9037)27巻1号 Page91-92(2013.04)
  • 乳幼児期発症炎症性腸疾患(IBD)の全国疫学的調査報告 潰瘍性大腸炎(UC)
    Author:米沢 俊一(日本小児IBD研究会), 佐々木 美香, 位田 忍, 内田 恵一, 清水 俊明, 余田 篤, 日本小児IBD研究会乳幼児IBD疫学調査ワーキンググループ
    Source:日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌(1346-9037)27巻1号 Page91(2013.04)
  • 当科におけるCrohn Disease(CD)に対するinfliximab(IFX)の使用経験
    Author:井上 敬介(大阪医科大学 小児科), 青松 友槻, 村田 卓士, 余田 篤, 玉井 浩
    Source:日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌(1346-9037)27巻1号 Page89(2013.04)
  • 小児クローン病患者のメンタルサポートについて
    Author:金 泰子(大阪医科大学附属病院 小児科), 青松 友槻, 風川 美重, 余田 篤, 玉井 浩
    Source:日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌(1346-9037)27巻1号 Page83(2013.04)
  • ステロイドおよびインフリキシマブに依存性で、インフリキシマブの効果減弱を認める難治性Crohn病の1例
    Author:青松 友槻(大阪医科大学 応用医学講座小児科), 井上 敬介, 余田 篤, 玉井 浩
    Source:日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌(1346-9037)27巻1号 Page80(2013.04)
  • 消化管感染症の消化管内・外合併症 腸管出血性大腸菌 EHEC腸炎とその他の感染性腸炎、急性腹症との鑑別(腹部超音波検査による鑑別を中心に)
    Author:余田 篤(大阪医科大学 小児科)
    Source:日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌(1346-9037)27巻1号 Page64(2013.04)
  • 日常診療で小児の腹痛と血便を診るポイント 重大な疾患を見逃さないために
    Author:余田 篤(大阪医科大学 小児科)
    Source:日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌(1346-9037)27巻1号 Page47-48(2013.04)
  • 血管造影で診断できず、腹部超音波検査が診断に有用であった回腸動静脈奇形の1例
    Author:井上 敬介(大阪医科大学 小児科), 上野 健史, 奥平 尊, 梶 恵美里, 青松 友槻, 余田 篤, 玉井 浩
    Source:日本小児科学会雑誌(0001-6543)117巻2号 Page474(2013.02)
  • 腹部超音波検査が診断に有用であった回腸動静脈奇形の1例
    Author:井上 敬介(大阪医科大学 小児科), 上野 健史, 奥平 尊, 梶 恵美里, 青松 友槻, 余田 篤, 玉井 浩, 河合 英, 平松 昌子, 江頭 由太郎
    Source:超音波医学(1346-1176)40巻1号 Page65(2013.01)
  • 小児一次救急における携帯型超音波装置の有用性の検討
    Author:梶 恵美里(阪神北広域こども急病センター 小児科), 山崎 武美, 奥平 尊, 井上 敬介, 青松 友槻, 余田 篤, 玉井 浩
    Source:超音波医学(1346-1176)40巻1号 Page62(2013.01)
  • 体外式腹部超音波は発症早期のIBD関連原発性硬化性胆管炎の確定診断に有用である
    青松友槻(大阪医科大学 泌尿生殖発達医学講座小児科), 余田篤, 井上敬介, 鹿毛政義, 玉井浩
    超音波医学(1346-1176)39巻Suppl. PageS437(2012.04)
  • 超音波で診断された消化器症状のない小腸ポリープによる慢性腸重積症の2例
    井上敬介(大阪医科大学附属病院 小児科), 青松友槻, 余田篤, 玉井浩, 河合英, 平松昌子, 江頭由太郎
    超音波医学(1346-1176)39巻Suppl. PageS421(2012.04)
  • 本邦における乳幼児期発症炎症性腸疾患(IBD)の特徴 多施設調査報告
    内田恵一(三重大学 消化管・小児外科), 佐々木美香, 位田忍, 鍵本聖一, 清水俊明, 余田篤, 米沢俊一
    日本外科学会雑誌(0301-4894)113巻臨増2 Page305(2012.03)
  • 小児における腹部超音波検査
    余田篤(大阪医科大学 小児科)
    超音波医学(1346-1176)39巻2号 Page217(2012.03)
  • 膵臓と内瘻を形成した重複腸管の男児例
    井上敬介(大阪医科大学附属病院 小児科), 青松友槻, 余田篤, 玉井浩, 尾形章人, 河合英, 平松昌子, 江頭由太郎
    超音波医学(1346-1176)39巻2号 Page216(2012.03)
  • 当院で経験した好酸球性胃腸炎6例とfood protein-induced proctocolitis 1例の検討
    井上敬介(大阪医科大学附属病院 小児科), 青松友槻, 宮崎敬士, 江頭由太郎, 余田篤, 玉井浩
    日本小児科学会雑誌(0001-6543)116巻2号 Page243(2012.02)
  • 小児の消化器疾患と腹部超音波検査
    余田篤(大阪医科大学 泌尿生殖発達医学講座小児科)
    日本小児科学会雑誌(0001-6543)116巻2号 Page208(2012.02)
  • 小児炎症性腸疾患における便中カルプロテクチンの有用性
    青松友槻(大阪医科大学 小児科), 余田篤, 藤山佳秀, 安藤朗
    日本消化器病学会雑誌(0446-6586)108巻臨増大会 PageA836(2011.09)
  • 1型糖尿病、原発性硬化性胆管炎、潰瘍性大腸炎を合併した男児例
    蘆田温子(大阪医科大学 小児科), 高谷竜三, 井上敬介, 青松友槻, 江頭由太郎, 鹿毛政義, 余田篤
    日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌(1346-9037)25巻Suppl. Page87(2011.09)
  • 好酸球性胃腸炎の3例
    山崎哲司(大阪医科大学), 井上敬介, 宮崎敬士, 青松友槻, 江頭由太郎, 余田篤, 玉井浩
    日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌(1346-9037)25巻Suppl. Page82(2011.09)
  • 当院で経験した小児期発症潰瘍性大腸炎47例の病型と臨床経過
    井上敬介(大阪医科大学附属病院 小児科), 青松友槻, 宮崎敬士, 余田篤, 玉井浩
    日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌(1346-9037)25巻Suppl. Page68(2011.09)
  • 便中カルプロテクチン濃度を腸管炎症の指標とした小児小腸型Crohn病の超音波像の検討
    青松友槻(大阪医科大学 小児科), 井上敬介, 余田篤, 松本恭一, 木村恵美, 安藤朗, 玉井浩
    日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌(1346-9037)25巻Suppl. Page66(2011.09)
  • 小児小腸型Crohn病における、便中カルプロテクチン濃度を用いた超音波像の検討
    青松友槻(大阪医科大学 小児科), 松本恭一, 木村恵美, 井上敬介, 余田篤, 玉井浩
    超音波医学(1346-1176)38巻Suppl. PageS412(2011.04)
  • IBDにおける便中Chitinase 3-like-1(CHI3L1)濃度のバイオマーカーとしての有用性
    青松友槻(滋賀医科大学 消化器内科), 今枝広丞, 大崎理英, 井上敬介, 余田篤, 玉井浩, 藤山佳秀, 安藤朗
    日本消化器病学会雑誌(0446-6586)108巻臨増総会 PageA164(2011.03)
  • 膵solid pseudopapillary tumor(SPT)の12歳女児例
    井上敬介(大阪医科大学附属病院 小児科), 青松友規, 余田篤, 玉井浩, 増田大介, 有坂好文, 林道廣, 谷川允彦, 江頭由太郎
    超音波医学(1346-1176)38巻2号 Page173(2011.03)
  • 当科で経験した乳児期発症の炎症性腸疾患(IBD)の6例
    井上敬介(大阪医科大学附属病院 小児科), 青松友槻, 余田篤, 玉井浩
    日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌(1346-9037)24巻Suppl. Page136(2010.09)
  • 血便患児で超音波検査と下部消化管内視鏡検査を施行しえた134例
    余田篤(大阪医科大学 小児科), 青松友槻, 宮崎敬士, 井上敬介, 玉井浩
    日本小児外科学会雑誌(0288-609X)46巻6号 Page1019-1020(2010.10)
  • 子どもの血便
    余田篤(大阪医科大学 小児科)
    日本小児科医会会報(0912-1781)39号 Page103-106(2010.04)
  • 当科における炎症性腸疾患(IBD)患者の膵障害の検討
    井上敬介(大阪医科大学附属病院 小児科), 青松友槻, 余田篤, 玉井浩
    日本小児科学会雑誌(0001-6543)114巻2号 Page245(2010.02)
  • エビデンスとコンセンサスを統合した潰瘍性大腸炎の診療ガイドライン小児部分(案)
    余田篤(大阪医科大学 小児科), 友政剛, 虻川大樹, 牛島高介, 鍵本聖一, 今野武津子, 清水俊明, 田尻仁, 藤澤卓爾, 小林昭夫
    日本小児科学会雑誌(0001-6543)114巻2号 Page245(2010.02)
  • メッケル憩室の超音波像の検討
    青松友槻(大阪医科大学 小児科), 余田篤, 井上敬介, 平松昌子, 尾方章人, 芥川寛, 江頭由太郎, 玉井浩
    超音波医学(1346-1176)37巻Suppl. PageS410(2010.04)
  • 腹部救急の超音波診断update 小児の急性腹症における超音波検査
    余田篤(大阪医科大学 小児科)
    超音波医学(1346-1176)37巻Suppl. PageS199(2010.04)
実績
  • 【クローズアップ"目・耳・鼻・口"の診かたと初期対応-臨床決断の醍醐味】 口 口唇の色素沈着(1)
    Author:青松 友槻(大阪医科大学 小児科), 余田 篤, 玉井 浩
    Source:小児内科(0385-6305)45巻10号 Page1848-1851(2013.10)
  • 【消化管エコーUPDATE スキルアップをめざして】 小児科領域の消化管疾患
    Author:余田 篤(大阪医科大学 小児科)
    Source:Medical Technology(0389-1887)別冊超音波エキスパート14 Page97-110(2013.08)
  • 小児クローン病治療ガイドライン
    Author:田尻 仁(大阪府立病院機構大阪府立急性期総合医療センター 小児科), 余田 篤, 友政 剛, 新井 勝大, 虻川 大樹, 石毛 崇, 岩間 達, 大塚 宜一, 国崎 玲子, 窪田 満, 佐々木 美香, 山田 寛之, 井上 詠, 鍵本 聖一, 小林 昭夫, 今野 武津子, 清水 俊明, 杉田 昭, 鈴木 康夫, 高添 正和, 豊田 茂, 根津 理一郎, 藤澤 卓爾, 松本 誉之, 米沢 俊一, 日本小児栄養消化器肝臓学会小児クローン病治療ガイドライン作成委員会
    Source:日本小児科学会雑誌(0001-6543)117巻1号 Page30-37(2013.01)
  • α-Tocopherol status and expression of α-tocopherol transfer protein in type 2 diabetic Goto-Kakizaki rats.
    Miyazaki H, Takitani K, Koh M, Takaya R, Yoden A, Tamai H.
    J Nutr Sci Vitaminol (Tokyo). 2013;59(1):64-8.
  • Neutralization of complement component C5 ameliorates the development of dextran sulfate sodium (DSS)-colitis in mice.
    Aomatsu T, Imaeda H, Takahashi K, Fujimoto T, Kasumi E, Ban H, Bamba S, Yoden A, Tamai H, Fujiyama Y, Andoh A.
    J Clin Biochem Nutr. 2013 Jan;52(1):72-5.
  • Characteristics of inflammatory bowel disease with an onset before eight years of age: a multicenter epidemiological survey in Japan.
    Maisawa S, Sasaki M, Ida S, Uchida K, Kagimoto S, Shimizu T, Yoden A.
    J Gastroenterol Hepatol. 2013 Mar;28(3):499-504
  • Tacrolimus (FK506) suppresses TNF-α-induced CCL2 (MCP-1) and CXCL10 (IP-10) expression via the inhibition of p38 MAP kinase activation in human colonic myofibroblasts.
    Aomatsu T, Imaeda H, Takahashi K, Fujimoto T, Kasumi E, Yoden A, Tamai H, Fujiyama Y, Andoh A.
    Int J Mol Med. 2012 Aug 10
  • Terminal Restriction Fragment Length Polymorphism Analysis of the Gut Microbiota Profiles of Pediatric Patients with Inflammatory Bowel Disease.
    Aomatsu T, Imaeda H, Fujimoto T, Takahashi K, Yoden A, Tamai H, Fujiyama Y, Andoh A.
    Digestion. 2012 Jul 27;86(2):129-135.
  • Frequent somatic mosaicism of NEMO in T cells of patients with X-linked anhidrotic ectodermal dysplasia with immunodeficiency.
    Kawai T, Nishikomori R, Izawa K, Murata Y, Tanaka N, Sakai H, Saito M, Yasumi T, Takaoka Y, Nakahata T, Mizukami T, Nunoi H, Kiyohara Y, Yoden A, Murata T, Sasaki S, Ito E, Akutagawa H, Kawai T, Imai C, Okada S, Kobayashi M, Heike T.
    Blood. 2012 Jun 7;119(23):5458-66.
  • 【クローズアップ 栄養・消化器】 消化管 炎症性腸疾患の新しい治療法 潰瘍性大腸炎
    余田篤(大阪医科大学 泌尿生殖発達医学講座小児科)
    小児内科(0385-6305)44巻6号 Page890-894(2012.06)
  • 【炎症性腸疾患-病因解明と診断・治療の最新知見-】 小児における炎症性腸疾患 小児炎症性腸疾患に対する治療指針
    余田篤(大阪医科大学 泌尿生殖発達医学講座小児科)
    日本臨床(0047-1852)70巻増刊1 炎症性腸疾患 Page491-499(2012.02)
  • 【小児の炎症性腸疾患診療のピットフォール】 内科治療の進め方とピットフォール
    余田篤(大阪医科大学 泌尿生殖発達医学講座小児科)
    小児科臨床(0021-518X)65巻1号 Page25-33(2012.01)
  • 【クローズアップ 小児リウマチ・膠原病】 <臓器別診断へのアプローチ> 消化器系 嚥下困難、下痢、腹痛、下血、血便、肛門所見などから診断へ
    余田篤(大阪医科大学 泌尿生殖発達医学講座小児科), 村田卓士, 玉井浩
    小児内科(0385-6305)44巻1号 Page57-62(2012.01)
  • Leukocytapheresis in pediatric patients with ulcerative colitis.
    Tomomasa T, Tajiri H, Kagimoto S, Shimizu T, Yoden A, Ushijima K, Uchida K, Kaneko H, Abukawa D, Konno M, Maisawa S, Kohsaka T, Kobayashi A; Japanese Study Group for Pediatric Ulcerative Colitis.
    J Pediatr Gastroenterol Nutr. 2011 Jul;53(1):34-9.
  • 【疑問解決 小児の診かた】 疾患別の診療 消化器疾患 超音波検査で腸重積の整復を行うときの注意点を教えてください
    青松友槻(大阪医科大学 小児科), 井上敬介, 余田篤, 玉井浩
    小児内科(0385-6305)43巻増刊 Page692-696(2011.12)
  • 【疑問解決 小児の診かた】 検査 腹痛を訴える患児のスクリーニング検査は何を行いますか
    余田篤(大阪医科大学 小児科)
    小児内科(0385-6305)43巻増刊 Page315-318(2011.12)
    論文種類:解説/特集
  • 【クローン病-最新の診療戦略】 クローン病の治療方針の立て方・治療の実際 小児を中心に
    余田篤(大阪医科大学 泌尿生殖発達医学講座小児科)
    消化器の臨床(1344-3070)14巻6号 Page604-610(2011.12)
  • 【"救急腹部エコー検査"のポイント】 小児の腹部救急疾患
    余田篤(大阪医科大学 小児科)
    月刊レジデント4巻12号 Page97-109(2011.12)
  • 【潰瘍性大腸炎診療の現状と今後の展望】 潰瘍性大腸炎の治療 小児潰瘍性大腸炎治療指針について
    余田篤(大阪医科大学 泌尿生殖発達医学講座小児科)
    Progress in Medicine(0287-3648)31巻10号 Page2401-2404(2011.10)
  • 小児救急の腹部超音波診断
    余田篤(大阪医科大学 小児科), 青松友槻
    超音波医学(1346-1176)38巻3号 Page243-254(2011.05)
  • 【潰瘍性大腸炎-長期経過観察例の諸問題】 小児発症例の推移
    余田篤(大阪医科大学 小児科)
    臨床消化器内科(0911-601X)26巻8号 Page1093-1100(2011.06)
  • 【腸管Behcet病と単純性潰瘍 診断と治療の進歩】 免疫不全に対する単純性潰瘍様病変の2例
    余田篤(大阪医科大学 小児科), 青松友槻, 玉井浩
    胃と腸(0536-2180)46巻7号 Page1090-1096(2011.06)
  • 【免疫不全状態における消化管病変】 免疫不全状態における消化管病変の特徴--特定感染症以外の消化管病変
    村野実之(大阪医科大学 第2内科), 阿部洋介, 江頭由太郎, 余田篤, 楢林賢, 能田貞治, 石田久美, 川上研, 倉本貴典, 村野直子, 梅垣英次, 中村志郎, 平田一郎, 樋口和秀
    胃と腸(0536-2180)46巻3号 Page217-228(2011.03)
  • 【知っておくべき小児科の知識】 腸重積
    余田篤(大阪大学 小児科)
    Modern Physician(0913-7963)31巻2号 Page205-208(2011.02)
  • Q&A 専門医に聞くIBD 小児のIBD治療の特徴、薬の量や使い方のポイントを教えてください
    余田篤(大阪医科大学 小児科)
    IBD Research(1881-6533)5巻1号 Page63-69(2011.03)
  • 小児IBDの病態と治療
    余田篤(大阪医科大学 泌尿生殖発達医学講座小児科)
    日本小児科学会雑誌(0001-6543)114巻9号 Page1329-1340(2010.09)
研究実績:講演
  • 小児における腹部超音波検査
    Author:余田篤(大阪医科大学 小児科
    Source:超音波医学(1346-1176)39巻2号 Page217(2012.03)
  • 小児の消化器疾患と腹部超音波検査
    Author:余田篤(大阪医科大学 泌尿生殖発達医学講座小児科)
    Source:日本小児科学会雑誌(0001-6543)116巻2号 Page208(2012.02)