ご挨拶
神経

大阪医科大学小児科神経グループで小児神経を学び、小児神経学の専門医になりましょう。

小児神経疾患のお子さんはひとりひとりが稀少疾患のお子さんであり、重度な障害をお持ちのお子さんもたくさんおられます。ひとりひとりのおこさんと密にかかわることができ、小児科医としてやりがいを感じることのできる領域です。
今、小児神経学は近年めざましい進歩を遂げている領域です。神経ネットワークや神経細胞の機能解明だけでなく、画像診断学、認知機能科学、遺伝子学、免疫学、蛋白機能の解析、などの分野の進歩により、病態の理解に基づいた新しい治療法がつぎつぎと確立されている分野です。若い先生にも興味をもって取り組める分野ではないかと思っています。
質の良い診療や研究あるいは研修とはどうあるべきなのか、まだまだ模索中ではありますが、私たちのグループでは、若い医師たちが中心となって定期的な勉強会を開き、診療にも研究にも同等の力を注いでおります。既存の概念にとらわれず、個々のスタッフが疑問に感じたことに、どう向き合うのかをそれぞれが考え、何のてらいもなく他のスタッフと意見交換しながら、真摯に診療・研究と向き合うことができている環境ではないかと思っています。  
当施設は小児神経科専門医研修認定施設、日本てんかん学会の研修施設に認定されています。興味のある方は見学にいらしてください。

おもな研究分野

てんかん

てんかんにおいては、MRI、各種機能画像検査に加え、ビデオ脳波同時モニタリング装置を用いてのてんかん診断と治療が可能であり診療医に必要なトレーニングが可能です。光トポグラフィー、aEEG、高周波解析脳波などのツールをもちいた研究を今後すすめてまいります。包括的な診療にも目を向け、てんかんをもつ児の認知行動の解析を進めていきたいと思っています。希望者は基礎研究も可能です。主な業績を記します。

1.点頭てんかんの治療
<論文>

  1. Fukui M, Shimakawa S, Tanabe T, Nomura S, Kashiwagi M, Azumakawa K, Tamai H. Partial seizures during ACTH therapy in a cryptogenic West syndrome patient. Brain Dev. 2014;36:80-3.
  2. 野村昇平, 島川修一, 田辺卓也, 福井美保, 柏木充, 玉井浩.Topiramateがてんかん性スパスムの再発例に有効であった結節性硬化症の3例.脳と発達 2011;43:476-81
  3. 島川修一, 田辺卓也, 柏木 充, 野村昇平, 福井美保, 吉川聡介, 宮本良平, 東川幸嗣, 玉井浩.当院でのepileptic spasmsに対するACTH使用経験. 大阪てんかん研究会雑誌 2011;22:9-15.
  4. 島川修一, 田辺卓也, 原 啓太, 福井美保, 柏木 充, 七里元督, 玉井 浩.部分発作が先行するシリーズ形成性epileptic spasmsを発症した結節性硬化症の1例.大阪てんかん研究会雑誌.2008;19:31-37.
  5. 島川修一, 田辺卓也, 原啓太, 福井美保, 玉井浩.てんかん性spasmsおよびその類似発作に対するリポステロイドの使用経験.大阪てんかん研究会雑誌2008;18:31-40.

<学会発表> 代表的なもの

  • 第45回日本てんかん学会 (新潟)(2011年10月)
    1歳以降に発症したepileptic spasmsの治療経験 (優秀ポスター賞受賞).
    福井美保, 島川修一, 田辺卓也, 野村昇平, 柏木 充, 玉井 浩.

2.基礎研究
てんかんの病態把握を基礎研究で行っている。特にラジカル捕捉剤の海馬神経細胞死とのちのてんかん原性獲得にどのように作用するかを研究してきた。
<論文>

  • Miyamoto R, Shimakawa S, Suzuki S, Ogihara T, Tamai H.
    Edaravone prevents kainic acid-induced neuronal death.
    Brain Res 2008;1209:85-91.
  • Shimakawa S, Suzuki S, Miyamoto R, Takitani K, Tanaka K, Tanabe T, Wakamiya E, Nakamura F, Kuno M, Matsuura S, Watanabe Y, Tamai H.
    Neuropilin-2 is overexpressed in the rat brain after limbic seizures.
    Brain Res 2002;22:67-73.


<学会発表(前記と同じ)>

  • カイニン酸けいれんモデルに対する抗酸化剤投与後の苔状線維発芽様式の検討
    島川修一、宮本良平、玉井 浩 2007年てんかん学会総会  
  • カイニン酸けいれんモデルに対する抗酸化剤投与後の空間記憶学習についての検討
    島川修一、七里元督、田辺卓也、玉井 浩 2008年てんかん学会総会
  • カイニン酸けいれんモデルにおけるN-acetylcysteineの神経細胞死抑制効果について.
    野村昇平, 島川修一, 福井美保, 宮本良平, 玉井 浩 2011年てんかん学会総会


3.包括的な診療
てんかん患者の包括的な診療をおこなっていくために、てんかんをもつ児の認知の特徴についての研究をおこなっている。

発達障害 発達障害の診断、治療を行っております。最近の発達障害への注目度の高まりもあり、発達期のお子さんをお持ちのご家族から多くの相談をいただいております。発達障害のお子さんの中には、学童期に学習の進め方に工夫が必要な場合もあり、LDセンターと連携することが可能です。LDセンターの学習障害における業績は日本の最先端であり、学習障害の専門的な診療・研究が可能です。
LDセンターホームページもご参照ください。
脳炎脳症・髄膜炎・
熱性けいれん重積症
専門的な救急医療を疾患の一つだと思います。重症例は他のユニットと連携してICUでの診療をおこなってまいりました。早期診断が重要であり、診断マーカーの有用性なども研究しております。
ダウン症 ダウン症においては現在多くのお子さんの診療にたずさわらせていただいております。ダウン症の方がより健康に過ごせるよう多くの臨床研究や基礎研究が現在進行しております。
その他

上記の疾患だけではなく、小児の神経系・発達に関わる疾患全般にわたって診療することが可能であり、診療や治療の新しい知見を論文にまとめています。

  • Nomura S, Shimakawa S, Fukui M, Tanabe T, Tamai H.
    Lamotrigine for intractable migraine-like headaches in Sturge-Weber syndrome.
    Brain Dev. 2014;36:399-401.
  • Shimakawa S, Miyamoto R, Tanabe T, Tamai H.
    Prolonged left homonymous hemianopsia associated with migraine-like attacks in a child with Sturge-Weber syndrome.
    Brain Dev. 2010;32:681-4.
おもなスタッフ
玉井 浩

日本小児神経学会評議員
大阪てんかん研究会代表幹事
ウィルソン病研究会幹事
日本ダウン症療育研究会会長

小児神経専門医
小児科専門医
岩越 美恵
(神戸常盤大学教授) 
臨床細胞分子遺伝研究会評議員
小児神経専門医
小児科専門医
若宮 英司
(藍野大学教授)
日本小児精神神経学会評議員
発達性ディスレクシア研究会理事長
小児神経専門医
小児科専門医
島川 修一 日本小児神経学会評議員 小児神経専門医
小児科専門医
てんかん臨床専門医
福井 美保   小児神経専門医
小児科専門医
野村 昇平
  小児科専門医
利川 寛実   大学院生
畑中 マリ   大学院生
荻野 元子   大学院生

社会活動

日本小児科学会、日本小児神経学会、日本てんかん学会、日本小児神経学会近畿地方会、近畿てんかん学会、大阪小児てんかん研究会、大阪小児神経懇話会、阪神小児神経筋疾患懇話会、大阪てんかん研究会などに積極的に学会発表をおこなっており、当ユニットのスタッフが各学会・研究会の世話人や幹事を担当しております。