大阪医科大学形成外科から生まれた新しい術式

既存の手術方法の習得はもちろんですが、より有効な手術方法の開発もわれわれの使命です。

大阪医科大学形成外科から生まれた新しい術式

Extended coronal flap “Dismasking Flap” for craniofacial and skull base surgery

Tajima S, Tanaka Y, Imai K, Ueda K, Maejima S, Yabu K.
Bulletin of the Osaka Medical College 1993 Nov; 30 :1-8
頭蓋および頭蓋底へのアプローチとしてDismasking法は有名な方法である

Experience of a new surgical procedure for the treatment of unilateral obstructive lymphedema of the lower extremity

Tanaka Y, Tajima S, Imai K, Tsujiguchi K, Ueda K, Yabu K.
Microsurgery 1996: 17; 209-216

Skin regeneration for children with burn scar contracture using autologous cultured dermal substitutes and superthin auto-skin grafts: preliminary clinical study.

Fujimori Y, Ueda K, Fumimoto H, Kubo K, Kuroyanagi Y.
Ann Plast Surg. 2006 Oct;57(4):408-14
小児の広範囲熱傷に対して自家培養真皮および超薄分層植皮を用いた新しい治療法

Eyelid reconstruction with a composite radial forearm palmaris longus tendon flap.

Ueda K, Oba S, Okada M, Hara M, Zen N.
J Plast Reconstr Aesthet Surg. 2007;60(3):256-9.
前腕皮弁に長掌筋腱を含めて眼瞼を再建する新しい術式。 腱を前頭筋に連結することにより、再建した瞼をあげることができるようになる。

Innervated distally-based superficial sural artery flap.

Nuri T, Ueda K, Oba S.
J Plast Reconstr Aesthet Surg. 2008 Oct;61(10):1258-9.
逆行性腓腹皮弁による足底の再建において、外側腓腹皮神経を神経吻合することで足底部の知覚再建が可能になった

Canal wall-down tympanoplasty with soft-wall reconstruction using the pedicled temporoparietal fascial flap: technique and preliminary results.

Haginomori S, Nonaka R, Takenaka H, Ueda K.
Ann Otol Rhinol Laryngol. 2008 Oct;117(10):719-26.
耳鼻科と共同開発した新しい術式。 中耳炎真珠腫の切除後の再建に血流のある筋膜を用いるとその上に中耳粘膜や鼓膜が再生し、 中耳の換気粘膜が再生して中耳内の細胞換気が再生されるという報告。

Functional reconstruction of the upper and lower lips and commissure with a forearm flap combined with a free gracilis muscle transfer.

Ueda K, Oba S, Nakai K, Okada M, Kurokawa N, Nuri T.
J Plast Reconstr Aesthet Surg. 2009 Oct;62(10):e337-40.
口唇欠損に対して薄筋弁と知覚神経付前腕皮弁を用いて、口唇の運動および知覚などの機能再建を可能にした

Improvement of the maxillary bone growth suppression in the cleft palate operation with cultured dermal substitute: animal experiment and patient reports in preliminary clinical application.

Kurokawa N, Ueda K, Kuroyanagi Y.
J Plast Reconstr Aesthet Surg. 2010 Mar;63(3):456-8. Epub 2009 Feb 28.
北里大学医療衛生学部人工皮膚研究開発センター黒柳能光教授と共同開発した新しい術式。 唇裂手術で切除される余剰の皮膚から線維芽細胞を採取して保存しておき、口蓋裂の手術の際に自家培養真皮として移植する。 上顎の劣成長が軽減される。

Clinical trial of delay of the venous island flap.

Ueda K, Nuri T, Akamatsu J, Sugita N, Otani K.
Plast Reconstr Surg. 2010 Aug;126(2):104e-5e.
体表の皮静脈系からなる静脈皮弁にdelay操作を加えることにより 安定した皮弁が作成される。動物実験にもと付いた結果から臨床応用した

Lambda incision for effective tissue expansion.

Ueda K, Hara M, Okada M, Kurokawa N, Otani K, Nuri T.
J Plast Reconstr Aesthet Surg. 2010 Oct;63(10):1682-7.
エキスパンダーを用いた皮弁作成において、安定した血流を確保しながら大きな皮弁の作成を可能にした方法

Total auricular reconstruction after traumatic total amputation of the auricle.

Yamada A, Ueda K.
J Craniofac Surg. 2012 May;23(3):e241-6.
日本人の耳介形態解析をもとにした、6タイプの耳介テンプレートの応用によりテーラーメイドの耳介形成を可能にした

Preparatory intravascular stenting technique (PIST): an easier method of supermicrosurgical lymphaticovenular anastomosis

Nuri T, Ueda K, Yamada A, Mai Hara.
Annals of Plastic Surgery In Press
スーパーマイクロサージャリーによるリンパ管静脈吻合の際、吻合を簡便かつ確実に行うための方法

Deepithilialized oral vestibular flap (boot flap) for treatment of free border Deformities after unilateral cleft lip surgery

Otsuki Y, Ueda K, Otani K, Yamada A, Akamatsu J
Plastic and Reconstructive Surgery, in press.

▲ページ上へ