入局案内。大阪医科大学放射線医学教室

入局案内

入局案内

大阪医科大学放射線医学教室は、高いモチベーションをもつ研修医、大学院生を募集しています。
放射線科に魅力を感じる他科の経験者も大歓迎です(教授自身も泌尿器科で初期研修を行っています)。

放射線医学教室では放射線診断学、IVR、放射線治療学、核医学のspecialistを養成します。
どの分野を専攻したい方も放射線医学教室を入り口にして下さい。各分野の指導医が丁寧に研修の指導をいたします。

教室では積極的に留学を勧めております。希望者には、留学先の紹介も行います。
過去の留学先としては トロント大学、Armed Forces Institute of Pathology(米国)、チューリッヒ大学(スイス)、Vanderbilt大学(米国)などがあります。また、専攻分野によってはメイヨークリニック(米国), スローンケタリング癌センター(米国)、コペンハーゲン大学 (デンマーク), ナイメーヘン大学(オランダ)などにも留学が可能です。

興味のある方は、いつでもお気軽に御連絡下さい。見学・面接も随時行なっております。
病院見学については大阪医科大学附属病院 臨床研修室のホームページもご参照下さい。(http://hospital.osaka-med.ac.jp/clinical_training/kengaku.html)

お問い合わせ

 

卒後研修、専門医取得のスケジュール

卒後1〜2年目

卒後臨床研修(スーパーローテーション、2年間)

卒後3〜5年目

入局し後期研修(3年間)
放射線科総合研修(放射線治療、画像診断、IVR、核医学)

卒後6年目

放射線科専門医認定試験受験、放射線科専門医取得

卒後6〜7年目

専門研修(2年間)
放射線治療の研修、あるいは画像診断、IVR、核医学の研修

卒後8年目

放射線治療専門医認定試験、あるいは放射線診断専門医認定試験受験
放射線治療専門医、あるいは放射線診断専門医取得


ページトップへ戻る