1. ホーム
  2. 教育
  3. 医学部 医学科
  4. 医学部カリキュラム
  5. 医学部 科目ナンバリング

科目ナンバリング導入の基本方針

各授業科目のナンバリングコードは、下記4つの英数字で構成され、その授業科目が各学部カリキュラムの中で、どの位置に存在するかを示すものです。

各コード説明

① 学部コード

学部 コード
医学部 M
看護学部 N

② 領域・分野コード

領域・分野 コード
一般教養 1
国際言語文化 2
準備教育 3
基礎医学系 4
医療プロフェッショナリズム 5
臨床医学系 6
学生研究 7
社会医学系 8
臨床実習 9

③ 領域・分野別通し番号

医学部カリキュラム各領域・分野内での通し番号を示す。

④水準コード

水準(達成度) コード 内容
Advanced(上級) A ・倫理とプロフェッショナリズム:高度専門職人としての態度・価値感を現場で実践できる。
・医学科学的知識:実践の場で問題解決に応用できる。
・実践的診療能力:診療の一部として実践できる。
・自律的探求能力:実践できる。
・多職種連携とコミュニケーション:診療の一部として実践できる。
・医療の社会性と国際性:実践できる。
Applied(中級) B ・倫理とプロフェッショナリズム:高度専門職人としての態度・価値感を模擬的に示すことができる。
・医学科学的知識:問題解決に応用できる知識を示すことができる。
・実践的診療能力:模擬診療を実施できる。
・自律的探求能力:研究計画の立案、研究の見学、参加。
・多職種連携とコミュニケーション:模擬診療を実施できる。
・医療の社会性と国際性:模擬的に実践できる。
Basic(初中級) C ・倫理とプロフェッショナリズム:基盤となる態度・価値観を示すことができる。
・医学科学的知識:基盤となる知識の出典、引用方法、信頼度を示すことができる。
・実践的診療能力:基盤となる態度、スキルを示すことができる。
・自律的探求能力:基盤となる態度、スキルを示すことができる。
・多職種連携とコミュニケーション:基盤となる態度、スキルを示すことができる。
・医療の社会性と国際性:基盤となる態度、スキルを示すことができる。
Basic(初級) D ・倫理とプロフェッショナリズム:基盤となる知識を示すことができる。
・医学科学的知識:基盤となる知識を示すことができる。
・実践的診療能力:基盤となる知識を示すことができる。
・自律的探求能力:基盤となる知識を示すことができる。
・多職種連携とコミュニケーション:基盤となる知識を示すことができる。
・医療の社会性と国際性:基盤となる知識を示すことができる。