1. ホーム
  2. 教育
  3. 医学部 医学科
  4. 卒業後の臨床研修先

卒後研修

医学部6年間の卒業後は、本学附属病院をはじめとする病院にて卒後研修に入ります。

【初期臨床研修】1年目は内科、救急、麻酔科および選択必修の診療科といった広い領域をそれぞれ数ヵ月かけて回ります。2年目は、希望する診療科(11ヵ月)と地域医療(1ヵ月)の研修を行います。

【専門医研修】希望した診療科に入局し、専門分野における知識と医療技術を修得します。指導医のもと、診察、治療法の検討、手術の執刀などを任され、専門医資格を取得するための機会が数多く与えられます。本学附属病院では、最新の医療機器・設備を用いた豊富な症例を経験でき、高度な臨床力を身につけることができます。

医療総合研修センター

大学院 医学研究科

現代社会の多様なニーズに応える臨床力を身につけた高度医療人・医学研究者の養成を目指し、『コース制』を導入しています。さらに標準修業年限(4年)を超えても、一定期間(5年)計画的に研究を進めることで修了が目指せる『長期履修制度』も導入。社会人入学制度を経て入学し、学外で勤務する臨床医や開業医などにも、門戸を広げています。

大学院 医学研究科

卒業の進路先に関するデータ

平成30年度 卒業生 卒業後の進路先

進路先 人数
1.大阪医科大学附属病院での研修 30
2.その他の大学附属病院での研修 20
3.大学附属病院以外の研修病院 52
4.上記のいずれでもない 9
111
※上記2.3.4.を選択した卒業生の研修先 [ 医療機関名の後の( )内の数字は人数、( )無しは1名 ] 

2.その他の大学附属病院での研修 20人

京都大学医学部附属病院(4)、東京大学医学部附属病院(2)、兵庫医科大学病院(2)、京都府立医科大学附属病院、大阪大学医学部附属病院、神戸大学医学部附属病院、北海道大学病院、東京女子医科大学病院、奈良県立医大学附属病院、近畿大学病院、順天堂大学医学部附属病院、東京慈恵会医科大学附属病院、大阪市立大学医学部附属病院、名古屋市立大学病院、和歌山県立医科大学附属病院

3.大学附属病院以外の研修病院 52人

市立ひらかた病院(3)、大阪府済生会中津病院(3)、大阪府済生会吹田病院(2)、松阪市民病院(2)、県立広島病院(2)、関西労災病院(2)、浦添総合病院、近江八幡市立総合医療センター、大阪市立総合医療センター、岡山済生会総合病院、神戸掖済会病院、静岡医療センター、市立伊丹病院、名古屋掖済会病院、名古屋第一赤十字病院、名古屋第二赤十字病院、一宮市立市民病院、宇治徳洲会病院、刈谷豊田総合病院、岸和田徳洲会病院、京都第二赤十字病院、栗原市立栗原中央病院、兵庫県立淡路医療センター、奈良県総合医療センター、康生会武田病院、高槻赤十字病院、済生会京都府病院、大阪府済生会千里病院、堺市立総合医療センター、新京都南病院、市立吹田市民病院、聖隷三方原病院、倉敷中央病院、多根総合病院、大阪医療センター、大手前病院、大同病院、津島市民病院、天理よろづ相談所病院、都立駒込病院、藤沢湘南台病院、那覇市立病院、兵庫県立尼崎総合医療センター、淀川キリスト教病院

4.それ以外 9人

上記のいずれでもない

平成29年度 卒業生 卒業後の進路先

進路先 人数
1.大阪医科大学附属病院での研修 33
2.その他の大学附属病院での研修 15
3.大学附属病院以外の研修病院 55
4.上記のいずれでもない 5
108
※上記2.3.4.を選択した卒業生の研修先 [ 医療機関名の後の( )内の数字は人数、( )無しは1名 ]

2.その他の大学附属病院での研修 15人

神戸大学医学部附属病院(3)、 京都大学医学部附属病院(2)、 京都府立医科大学附属病院(2)、 大阪市立大学医学部附属病院(2)、 東京医科歯科大学医学部附属病院(2)、 和歌山県立医科大学附属病院(2)、 順天堂大学医学部附属順天堂医院、 東京慈恵会医科大学附属病院

3.大学附属病院以外の研修病院 55人

洛和会音羽病院(2)、 岡山労災病院(2)、 大阪府済生会吹田病院、 京都第一赤十字病院、 トヨタ記念病院、 医仁会武田総合病院、  医療法人財団康生会武田病院、 加古川中央市民病院、 関西電力病院、   関西労災病院、 岐阜県総合医療センター、 岐阜市民病院、  京都桂病院、  京都市立病院、   京都第二赤十字病院、 虎の門病院、 公立学校共済組合九州中央病院、   公立宍粟総合病院、 江南厚生病院、  国立病院機構岡山医療センター、 国立病院機構大阪医療センター、 国立病院機構名古屋医療センター、 堺市立総合医療センター、 市立ひらかた病院、 市立東大阪医療センター、 市立奈良病院、 耳原総合病院、   神戸市立医療センター中央市民病院、   神戸徳洲会病院、 神鋼記念病院、   吹田市民病院、   聖路加国際病院、   西宮市立中央病院、   西条市立周桑病院、   赤穂市民病院、  総合病院南生協病院、   大阪急性期・総合医療センター、   大阪市立総合医療センター、   大阪赤十字病院、 大阪鉄道病院、   大阪労災病院、   大津赤十字病院、   大浜第一病院、   磐田市民総合病院、   姫路聖マリア病院、   兵庫県立尼崎総合医療センター、   宝塚市民病院、   箕面市立病院、   名古屋第二赤十字病院、   名古屋掖済会病院、   淀川キリスト教病、 

4.それ以外 5人

上記のいずれでもない

平成28年度 卒業生 卒業後の進路先

進路先 人数
1.大阪医科大学附属病院での研修 40
2.その他の大学附属病院での研修 12
3.大学附属病院以外の研修病院 38
4.上記のいずれでもない 29
119
※上記2.3.4.を選択した卒業生の研修先 [ 医療機関名の後の( )内の数字は人数、( )無しは1名 ]

2.本学附属病院以外の大学附属病院 12人

大阪大学附属病院(3)、愛知医科大学病院、京都大学附属病院、京都府立医科大学附属病院、広島大学病院、順天堂大学医学部付属順天堂病院、神戸大学医学部付属病院、東京慈恵会医科大学附属病院、東京慈恵会医科大学附属柏病院、和歌山県立医科大学付属病院

3.大学附属病院以外の研修病院 38人

済生会吹田病院(3)、済生会中津病院(3)、市立ひらかた病院(3)、関西労災病院(2)、京都医療センター(2)、京都市立病院(2)、堺市立総合医療センター(2)、尼崎総合医療センター(2)、医誠会病院、関西電力病院、虎の門病院、神戸市立医療センター 中央市民病院、神戸中央病院、神戸労災病院、多根総合病院、大阪成人病センター、大阪病院(旧:大阪厚生年金病院)、大崎市民病院、大手前病院、中京病院、東京医療センター、東京都立駒込病院、府中病院、武田総合病院、福山市民病院、宝塚市立病院、豊川市民病院

4.それ以外 29人

上記のいずれでもない

平成27年度 卒業生 卒業後の進路先

進路先 人数
1.大阪医科大学附属病院での研修 29
2.その他の大学附属病院での研修 20
3.大学附属病院以外の研修病院 41
4.上記のいずれでもない 7
97
※上記2.3.4.を選択した卒業生の研修先 [ 医療機関名の後の( )内の数字は人数、( )無しは1名 ]

2.本学附属病院以外の大学附属病院 20人

神戸大学附属病院(3)、京都大学附属病院(3)、香川大学附属病院、日本医科大学附属病院、東京慈恵会医科大学附属病院、金沢大学附属病院、大阪大学附属病院、兵庫医科大学附属病院、大阪市立大学附属病院、奈良県立医科大学附属病院、慶応義塾大学病院、熊本大学附属病院、佐賀大学附属病院

3.大学附属病院以外の研修病院 41人

関西電力病院(2)、済生会吹田病院(2)、済生会中津病院(2)、市立豊中病院(2)、城山病院(2)、愛仁会高槻病院、石切生善病院、宇治徳洲会病院、浦添総合病院、江南厚生病院、大阪医療センター、大阪警察病院、大阪市総合医療センター、大阪労災病院、春日部中央総合病院、岐阜市民病院、京都桂病院、倉敷中央病院、公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院、神戸医療センター、神戸市医療センター西市民病院、神戸市立医療センター 中央市民病院、神戸赤十字病院、神戸労災病院、国立国際医療研究センター、済生会千里病院、市立ひらかた病院、宝塚市立病院、武田病院、地域医療機能推進機構大阪病院、名古屋第二赤十字病院、耳原総合病院、箕面市立病院、洛和会音羽病院、りんくう総合医療センター、彩の国東大宮メディカルセンター、刈谷豊田総合病院

4.それ以外 7人

上記のいずれでもない

平成26年度 卒業生 卒業後の進路先

進路先 人数
1.大阪医科大学附属病院での研修 27
2.その他の大学附属病院での研修 21
3.大学附属病院以外の研修病院 49
4.上記のいずれでもない 11
108
※上記2.3.4.を選択した卒業生の研修先 [ 医療機関名の後の( )内の数字は人数、( )無しは1名 ]

2.本学附属病院以外の大学附属病院 21人

大阪市立大学医学部(5)、兵庫医科大学(4)、京都府立医科大学(3)、神戸大学医学部(3)、奈良県立医科大学(2)、岐阜大学、金沢大学、大阪大学医学部、東京女子医科大学東医療センター

3.大学附属病院以外の研修病院 49人

京都第二赤十字病院(4)、大阪市立総合医療センター(3)、京都桂病院(2)、高槻病院(2)、済生会吹田病院(2)、住友病院(2)、大阪府急性期・総合医療センター(2)、地域医療機能推進機構大阪病院(2)、愛仁会千船病院、愛知県厚生連安城更生病院、愛媛県立中央病院、伊勢赤十字病院、刈谷豊田総合病院、関西電力病院、京都医療センター、京都第一赤十字病院、公立八鹿病院、広島市民病院、高槻赤十字病院、済生会千里病院、済生会中津病院、四日市羽津医療センター、市立堺病院、市立池田病院、滋賀県立成人病センター、小牧市民病院、新東京病院、神戸市立医療センター中央市民病院、西淀病院、静岡県立総合病院、倉敷中央病院、多根総合病院、大津市民病院、枚方市民病院、名古屋セントラル病院、淀川キリスト教病院、洛和会音羽病院、鈴鹿回生病院

4.それ以外 11人

上記のいずれでもない