1. ホーム
  2. 教育
  3. 看護学部 看護学科
  4. アドミッションポリシー(入学者受入の方針)

求める学生像

看護学部では、教育目的に沿った人材を育成するため、次の学生を求めます。
1. 人間の健康と生活の営みに関心のある人
2. 他者の気持ちや立場を理解し、思いやりをもってかかわることができる人
3. 看護学を学ぶうえで基盤となる基礎学力と応用力をもっている人
4. 他者とコミュニケーションをとり協力して行動できる人
5. 研究心をもち、自ら課題を見出して学ぶ意欲のある人
6. 看護学を学び、地域社会及び国際社会に貢献したい人

大学入学までに身につけておくべき教科・科目等

看護学部では、入学までに高等学校等において、看護学を学ぶうえで基盤となる基礎学力と応用力のうち、特に次の教科・科目に関する能力や態度を身につけておくことが必要です。

1. 国語については、読解力、表現力、文章構成力
2. 数学については、「数学Ⅰ」「数学A」の知識に加え、論理的思考力
3. 理科については、「化学基礎」「生物基礎」の知識に加え、科学的思考力と探求力
4. 英語については、読解力、表現力に加えて、国際社会の人々と自らコミュニケーションを図ろうとする力
5. 地理歴史・公民については、世界史、日本史、地理、現代社会、倫理、政治・経済の基礎知識に加え、国際人として良識ある行動がとれる力

入学者選抜基本方針

看護学部では、人材育成の目的を達成するため、学士力(①知識・理解;文化、社会、自然等、②汎用的技能;コミュニケーションスキル、数量的スキル、問題解決能力等、③態度・志向性;自己管理力、チームワーク、倫理観、社会的責任等、総合的な学習経験と創造的思考力)を身につけた看護職者を育成し、4年間で看護師国家試験、さらに保健師と助産師を選択した学生に各々の国家試験に合格するように教育します。入学者の選抜方法として、「建学の精神」入学試験(専願制)、学校推薦型選抜(併願制)、一般選抜(2科目入試、3科目入試)、大学入学共通テスト利用選抜を実施しています。

1.「建学の精神」入学試験(専願制)
 調査書、志望理由書、志願者評価書、学力試験、面接および小論文により、これまでのさまざまな活動、資質、表現力を見極め、総合的な評価・判定により合格者を決定します。なお、「建学の精神」入学試験(専願制)では、本学の建学の精神に賛同し、「是非とも大阪医科大学において学びたい」という明確な意志を持っていることを重視します。

2. 学校推薦型選抜 (併願制)
 小論文試験により英語の読解力、日本語の表現力、論理的思考力を評価し、面接試験により意欲、コミュニケーション能力、協調性を見極め、総合的な評価・判定によって入学者を選抜しています。

3. 一般選抜
 1) 2科目入試は、英語、国語または数学の学力試験により基礎学力の評価・判定によって入学者を選抜しています。
 2) 3科目入試は、英語、国語、数学、または理科の学力試験により基礎学力の評価・判定によって入学者を選抜しています。

4. 大学入学共通テスト利用選抜
大学入学共通テストにより基礎学力を評価するとともに、小論文試験では日本語の表現力、論理的思考力を評価し、面接試験により意欲、コミュニケーション能力、協調性を見極め、総合的な評価・判定によって入学者を選抜しています。