1. ホーム
  2. 教育
  3. 看護学部 看護学科
  4. カリキュラム(4年間のカリキュラムの流れ)

大阪医科大学看護学部カリキュラムポリシー

教育目標に沿った人材育成のため、基礎科目、専門基礎科目、専門科目を積み上げる科目構成としています。
基礎科目は、看護の対象となる人間そのものへの理解を深める「人間理解」、その人間の生活の場である社会への理解を深めるための「社会理解」、多様な文化を持つ人々の生き方や価値観を理解するための「異文化理解」に分けて科目を配置しています。
専門基礎科目は、看護に必要な科学的知識や医療に関する理解を得るため、「人体の構造と機能」、「病気と治療」、「保健と医療」の諸科目を配置しています。
専門科目は、看護実践能力を有する人材の育成に必要であり、まず同能力の基礎となる「看護の基盤」、次に応用するための「療養生活支援」および「地域家族支援」を配置しています。さらに実践するための「統合」科目を配置し、段階的な学習に配慮しています。
 保健師あるいは助産師の国家資格取得希望者には、各受験資格に必要な科目を選択できるように配置しています。
一方、同希望者以外には、看護師に特に求められる実践能力をさらに高める選択科目として「看護実践発展」科目を設置しています。
 授業の実施方策としては、①講義、演習、実習を通して、学生と教員による積極的な双方向型の授業、②自律性、論理性、創造性を育む「課題発見型学習」、「体験型学習」、③看護学実習や卒業演習(卒業論文作成)を通じての個別指導等の多様な教育方法の展開を図っています。

大阪医科大学看護学部カリキュラム