1.教育課程の概要

 看護学部の教育課程は、【基礎科目】【専門基礎科目】【専門科目】に区分されます。基礎科目を「人間理解」「社会理解」「異文化理解」に分類し、専門基礎科目を「人体の構造と機能」「病気と治療」「保健と医療」に分類し、専門科目を「看護の基盤」「療養生活支援」「地域家族支援」「看護実践発展科目」「保健師科目」「助産師科目」「統合」に分類しています。

基礎科目

○ 「人間理解」
  豊かな人間性や地域貢献能力を育成するために、看護の対象となる人間そのものへの理解を深めます。
○ 「社会理解」
  人間の生活の場である社会への理解を深めます。
○ 「異文化理解」
  地元地域だけでなく国際的な地域においても活動できる受容性を育みます。

専門基礎科目

 専門基礎科目は、看護に必要な科学的知識や医療に関する知識を得るため、「人体の構造と機能」「病気と治療」「保健と医療」を配置しています。

専門科目

 「的確な看護実践能力を有する人材の育成」に必要な専門科目は、その基礎となる「看護の基盤」を配置し、それを応用するための「療養生活支援」「地域家族支援」の科目と、さらにそれらを発展させた「看護実践発展科目」「保健師科目」「助産師科目」と、これまでの学びをまとめるための「統合」の科目を配置しています。学生が人々を総合的にとらえ配慮できる豊かな人間性と生涯を通して自ら学ぶ研究的態度を身につけることができるように構成しています。
 このような教育課程を編成し、特定機能病院を中心にした地域での臨地実習を行うことによって、ひとつの地域の高度医療から在宅医療を一連に学べることと地域を見据えて個としての人々をとらえられる能力を図っています。このように育成された人材には、さまざまな地域で活躍できる能力が付与される特色があります。
 分野を横断する教養教育である基礎科目の一部は、専門基礎科目と専門科目の教員が担当し、基礎科目から専門科目までつながりをもって配置しています。
 カリキュラム構成は、基礎科目の「人間理解」「社会理解」「異文化理解」は主に1 学年次に配当し、専門基礎科目の「人体の構造と機能」「病気と治療」「保健と医療」は、主に1 、2 学年次に配当し、個々の学生の個性と能力に合わせた教授を目指します。専門科目の看護実践の基盤となる知識・技術・態度を養う「看護の基盤」は主に1 、2 学年次に配当し、各領域の展開に必要な知識・技術・態度を養う「療養生活支援」「地域家族支援」は主に2 、3 学年次に配当しています。さらに、「看護実践発展科目」「保健師科目」「助産師科目」「統合」の科目は看護学の知識の統合と発展を目指し、基盤となる科目の進行に合わせて、主に高学年に配当しています。

2.各学年次の教育内容

1学年次

 前期では、様々な考え方を身に付け、人間を「個から社会まで」理解するための教養教育である「人間理解」「社会理解」「異文化理解」に関する基礎科目を配当しています。また、医療人としてのマナー態度・考え方を学ぶために医学部と大阪薬科大学の合同授業の科目「医療人マインド」を必修として、開講しています。専門基礎科目は、正常な人体の構造と機能及び健康と健康障がいを理解することを目的とします。専門科目は、看護の
基礎を理解するために、看護学概論を配当しています。
 後期では、人間が社会生活の中で経験する健康と健康障がいを理解するための専門基礎科目を配当しています。また、人間社会における保健・医療・福祉に係る法制度、社会制度、医療制度とそれらを支える倫理等を理解するための専門基礎科目を配当し、さらに、これらと並行して「日常生活援助技術」「基礎看護学実習」「成人看護学概論」「母性看護学概論」を配当して専門科目へのスムーズな移行を図ります。

2学年次

  年次を通して、「病気と治療」の各科目や「フィジカルイグザミネーション」等の専門基礎科目、および専門科目の各領域(基礎看護学、急性期成人看護学、慢性期成人看護学、老年看護学、小児看護学、母性看護学、精神看護学、在宅看護学、公衆衛生看護学)の必修科目を配当しています。助産師国家試験受験資格希望者には、助産師科目の一部を配当しています。医療の専門職の連携の意義と現状について学ぶために、「医療人マインド」と連結し新科目「専門職連携医療論」を必修として平成30 年度より、開講しました。

3学年次

  前期には一部の専門基礎科目と専門科目として各領域の必修演習科目と「災害看護論」「チーム医療論」を配当しています。後期には主に成人看護学、老年看護学、小児看護学、母性看護学、精神看護学、在宅看護学の臨地実習と組み合わせて「看護実践と理論の統合」を配当しています。保健師・助産師国家試験受験資格希望者には、「保健師科目」「助産師科目」の一部を配当しています。

4学年次

 既習の実践と理論を統合することによって、自己の看護観を育み、専門職としての自覚を高め、責任を遂行できるように専門科目として統合の「統合看護学実習」を配当しています。また、臨地実習の締めくくりに医看融合ゼミを医学部6 年生とチーム医療について合同討議と発表をしています。さらに、学士課程教育の締めくくりとして、これまでの学習を通して感じている各自の課題について教員の指導の下で研究テーマを絞り、卒業論文を作成・発表することにより研究の基礎を学ぶ「卒業演習」を配当しています。保健師・助産師国家試験受験資格希望者には、「保健師科目」「助産師科目」の一部を配当しています。