看護を専門とする者には、人々・状況を理解する力、人々中心のケアを実践する力、看護の質を改善する力、さらに、医療チームメンバーと協働していく力が求められています。基礎看護学領域では、看護の歴史や倫理、社会における看護の役割・機能について学び、批判的思考力や基礎看護技術力を持ち、科学的根拠に基づいたケアの提供ができる人材の育成を目指しています。

授業風景

  • 1年生:日常生活援助技術演習風景
  • 1年生:日常生活援助技術演習風景
  • 1年生:日常生活援助技術演習風景
  • 2年生:治療過程に伴う援助技術演習風景
  • 2年生:治療過程に伴う援助技術演習風景 附属病院主任との連携教育
  • 1年生:基礎看護学実習Ⅰ発表風景
  • 4年生:基礎看護学領域ゼミ生の皆さんと

授業科目

くらしの中の倫理、哲学、国際言語文化、医療倫理学、看護学概論、キャリアマネージメント、日常生活援助技術、看護アセスメント、治療過程に伴う援助技術、看護管理、基礎看護学実習Ⅰ、基礎看護学実習Ⅱ、統合看護学実習、卒業演習

メンバー紹介

教授 | 宮島 多映子

「看護」とは?その対象である「人間」とは?私の疑問は、そこから始まります。
 学問は「人間を幸福にするための知識の体系」です。「看護が人間を対象とする以上、看護にはすべての学問が必要」です。臨床での看護経験と、専攻してきた応用社会学、看護生態学、環境医工学などの知識を総動員して、看護を学問として表現し、人間を幸福にする知識を提示することを目指しています。
 主なテーマは、看護技術の開発(内視鏡技師の臨床経験から開発したMiyajima式腹部圧迫法の臨床応用)、看護技術の生理学的研究(看護技術実施時の様々な生体反応)、看護用具の開発(高齢者の運動機器の開発など)です。また、情報メディアとしてのマンガを分析し、看護師のイメージや看護教育、看護管理の研究なども行っています。

准教授 | 小林 道太郎

1.哲学・倫理学
・E. フッサールを中心とした現象学研究(知覚論、言語論)
・現象学的行為論
・その他応用倫理学等
2.看護学関連
・看護師の実践に関する現象学的研究(インタビュー分析、研究方法論)
・看護倫理(徳倫理、ケア倫理、組織倫理、事例検討会)

准教授 | 土肥 美子

1.看護系大学における若手教員のファカルティ・デベロップメントに関する研究 看護系大学では、若手教員の育成が重要な課題とされています。本研究では、若手教員が必要とする支援を明らかにし、若手教員のファカルティ・デベロップメントを推進するための示唆を得たいと考えております。 2.臨床学習環境デザイナーを育成するプログラム構築に関する研究 新卒看護職者や看護学生を支援する教育指導者の育成が重要な課題とされています。本研究では、臨床の学習環境デザインに関する教育指導者の学習ニーズや学習方法等について明らかにし、教育指導者に対する教育支援を検討しております。

講師 | 川北 敬美

私は、看護師として働き続けることを支える環境について、看護管理学の視座に立ち、研究を行っています。超高齢化社会を迎え、看護の需要は高まるばかりですが、労働力人口は減少していきます。学生時代からのキャリア教育の充実とともに、多様な働き方を推進し、生き生きと働き続けられる組織的支援を探求していきたいと考えています。

講師 | 二宮 早苗

助教 | 赤崎 芙美

私は、エビデンスを看護実践に浸透させる人材育成に関する研究を進めています。エビデンスを普及して、さらに実践の場に浸透させていくには、エビデンスの質を見極め、エビデンスが実践の場で本当に適用できるかどうか、つまり患者にとって最良のエビデンスかどうかを吟味することが重要になります。しかし、看護の対象は人であるため、さまざまな要因が複雑に関係し、エビデンスを実践に浸透させるのは簡単なことではありません。そのような状況の中で、エビデンスを浸透させることのできる看護職はどのような人材なのか、またそのための人材育成への示唆を得られるように検討しています。

社会貢献活動・その他の取り組み

・1年生後期の日常生活援助技術、2年生前期の治療過程に伴う援助技術の演習時には、大阪医科大学病院看護部の協力を得て、教育主任や臨床指導者の方に技術指導を共同で担当して頂き、ユニフィケーションを実践しています。

2019年度学生卒業研究のテーマ

終末期がん患者が抱く自律存在に伴う苦痛とその看護の方向性
鎮静管理における患者と家族の心理的変化に対応した看護の探求
効果的な患者-看護師間におけるコミュニケーションに関する文献検討
統合失調症患者に対する集団療法における効果について
臨床試験・治験を受ける方への看護師の役割
自分らしい最期の迎え方に関する看護学生の思い
日常的な環境清掃ではどの掃除用具が有効か:ウエットティッシュと布巾の除菌効果の比較検討
高齢者の胃瘻造設決定時から造設後における患者家族の心理的変化
親による児童虐待を予防・早期発見するための対策についての文献検討
手洗い時に石鹸を泡立てたときと泡立てないときの除菌効果の比較検討
胃瘻造設における患者とその家族への支援に関する文献検討—意思決定に対する医療者の介入とその影響
未成年大学生の飲酒に至る背景と対策に関する文献検討
看護学生のユニフォーム洗濯後の乾燥・管理方法による細菌汚染度の比較