看護を専門とする者には、人々・状況を理解する力、人々中心のケアを実践する力、看護の質を改善する力、さらに、医療チームメンバーと協働していく力が求められています。基礎看護学領域では、看護の歴史や倫理、社会における看護の役割・機能について学び、批判的思考力や基礎看護技術力を持ち、科学的根拠に基づいたケアの提供ができる人材の育成を目指しています。

授業風景

  • 1年生:日常生活援助技術演習風景
  • 1年生:日常生活援助技術演習風景
  • 1年生:日常生活援助技術演習風景
  • 2年生:治療過程に伴う援助技術演習風景
  • 2年生:治療過程に伴う援助技術演習風景 附属病院主任との連携教育
  • 1年生:基礎看護学実習Ⅰ発表風景
  • 4年生:基礎看護学領域ゼミ生の皆さんと
  • 基礎看護学領域教員

授業科目

くらしの中の倫理と法律、哲学、国際言語文化、看護学概論、キャリアマネージメント、日常生活援助技術、看護アセスメント、治療過程に伴う援助技術、看護管理、基礎看護学実習Ⅰ、基礎看護学実習Ⅱ、広域統合看護学実習、卒業演習

メンバー紹介

教授 | 道重 文子

1.口腔ケアに関する研究
高齢者や周手術期の患者の口腔ケアは誤嚥性肺炎の予防のためのケアとして社会的にも評価が高まり普及してきていますが、口腔ケアは多職種の協働によって行われています。しかし、日々のケアに携わっているのは看護職です。看護職の技術向上のための教育システム、効果的なケア方法の開発や成果を細菌学的および唾液成分の分析により明らかにする研究をしています。
2.看護管理に関する研究
電子カルテの普及にともない、看護診断・介入・評価のシステムが多くの施設で導入されています。これらのシステムを活用し、看護の可視化、経済的評価や質評価システムの開発をしていきたいと考えています。

准教授 | 小林 道太郎

1.哲学・倫理学
・E. フッサールを中心とした現象学研究(知覚論、言語論)
・現象学的行為論
・その他応用倫理学等
2.看護学関連
・看護師の実践に関する現象学的研究(インタビュー分析、研究方法論)
・看護倫理(徳倫理、ケア倫理、組織倫理、事例検討会)

講師 | 土肥 美子

1.看護系大学における若手教員のファカルティ・デベロップメントに関する研究 看護系大学では、若手教員の育成が重要な課題とされています。本研究では、若手教員が必要とする支援を明らかにし、若手教員のファカルティ・デベロップメントを推進するための示唆を得たいと考えております。 2.臨床学習環境デザイナーを育成するプログラム構築に関する研究 新卒看護職者や看護学生を支援する教育指導者の育成が重要な課題とされています。本研究では、臨床の学習環境デザインに関する教育指導者の学習ニーズや学習方法等について明らかにし、教育指導者に対する教育支援を検討しております。

講師 | 川北 敬美

私は、看護師として働き続けることを支える環境について、看護管理学の視座に立ち、研究を行っています。超高齢化社会を迎え、看護の需要は高まるばかりですが、労働力人口は減少していきます。学生時代からのキャリア教育の充実とともに、多様な働き方を推進し、生き生きと働き続けられる組織的支援を探求していきたいと考えています。

助教 | 原 明子

看護ケアは根拠に基づいて実践することが大切です。現在、根拠に基づいた看護技術の提言を目指して、採血時の最適な刺入角度についての研究を行っています。エビデンスを明らかにし看護技術に活かしていけたらと思っています。

社会貢献活動・その他の取り組み

・1年生後期の日常生活援助技術、2年生前期の治療過程に伴う援助技術の演習時には、大阪医科大学附属病院看護部の協力を得て、教育主任や臨床指導者の方に技術指導を共同で担当して頂き、ユニフィケーションを実践しています。
・阪神高齢者・障がい者支援ネットワークで1回/月 参加者の健康相談活動をしています。
・関西オーラルマネジメント研究会のハンズオンセミナーの企画・運営をおこない、大阪医科大学の看護学実習室で1回/年開催し、口腔ケアの普及をしています。

2016年度学生卒業研究のテーマ

口腔内細菌数の測定からみた水道水による効果的な含嗽法の検討
唾液腺自己マッサージの唾液分泌量測定による評価
共用されるパソコンキーボード上の細菌汚染状況
中堅看護師のキャリア形成に影響を与える要因の文献検討
犬によるアニマルセラピーの効果に関する文献検討
病院規模別からみた看護学生の就職先志望動機の違い
看護学生の献血行動と献血知識の関係
看護師が徒手で実践する褥瘡ケアの方法とその効果に関する文献検討
終末期がん患者の身体的苦痛に対するマッサージの効果に関する文献検討
看護師が行うカテーテル由来血流感染予防対策に関する文献検討
がん告知に対する家族の思い
認知症高齢者の意思決定における倫理課題
終末期がん患者のスピリチュアルペインとそのケア
性同一障害者への看護職の介入の実際