母性看護学・助産学領域は、母である女性と子どもへの看護だけでなく、すべての人の性と生殖に関わる健康問題を支援する看護学領域です。最近では、高齢出産や不妊症の増加、少子化などの問題を背景に、社会における母性看護・助産学領域へのニーズは高まり、求められる役割も拡大しています。性と生、生命倫理についても広く理解することが必要です。多様な価値観を尊重し、よりよい看護ケアについて、また看護者としての私たちの役割や課題について、一緒に学び、考えていきたいと思います。

授業風景

  • 新生児の観察
  • 沐浴
  • マタニティビクス
  • 出産準備教室:呼吸法
  • 分娩介助演習
  • 医看融合カンファレンス

授業科目

母性看護学概論、母性看護学援助論、母性看護学援助方法、助産学概論、助産診断・技術学Ⅰ、助産診断・技術学Ⅱ、助産管理、セクシュアリティと看護、リプロダクションと看護、母性看護 学実習、看護実践と理論の統合、助産学実習、広域統合看護学実習、卒業演習

メンバー紹介

教授 | 佐々木綾子

教授佐々木綾子

国際的なエビデンス・ガイドラインを重視しつつも日本文化を大切にした「明日から使える身近な研究成果」(micro trialing, micro evidence)をめざし、次世代育成看護や母性看護学・助産学領域の研究に取り組んでいます。その中心となる研究課題は、「親となる人々を支える看護」に関する研究です。 主な研究のキーワーズとしては、「親性育成」「エビデンス・ガイドラインに基づいたわが国の母性・助産ケアの評価」「子宮頸がん・乳がん検診意識向上のための教育プログラム開発」などがあげられます。「親性育成」では、青年期の男女と育児期父親・母親を対象に脳科学(fMRI)、生理学的指標を用い、乳児の泣きに対する生体反応評価の検討を行っています。「エビデンス・ガイドラインに基づいたわが国の母性・助産ケアの評価」では、分娩時の外陰部消毒を見直しに関する研究、褥婦のQOL向上をめざした産後の入浴開始時期に関する研究や、回旋異常分娩の正確な診断とケア、垂直位分娩の母児への影響、産後うつなどの研究も行っています。さらに「子宮頸がん・乳がん検診意識向上のための教育プログラム開発」では、意識調査や受診率向上のためのプログラムの開発や地域の特徴をふまえた出前式の実践活動、育児期母親に対する子宮頸がん検診意識の向上をめざしたセミナーの評価、教育者育成を継続的に行っています。
・ 助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー)レベルIII「アドバンス助産師」認定
・ 新生児蘇生法「専門」コース認定
・ 日本母性看護学会プラクティカルCTG判読スペシャリスト1st認定

講師 | 竹明美

講師竹明美

全ての女性を健康に!をモットーに、女性のライフサイクルにおける健康問題と看護に関心を寄せ、研究活動を行っています。また、最近では、共感とコミュニケーションもキーワードに加え取り組んでいます。妊産婦さんの身体的特性を踏まえたケアに関する研究として周産期の視覚障害者支援に関する基礎的研究、助産師業の傍らで鍼灸を学び、心と体の結びつきについても関心を寄せ、女性の健康に対する東洋医学的視座に立脚した研究として冷えを対象とした研究などを行ってきました。この他に、教育関連研究として助産師基礎教育に関する研究を行っています。
病は気から、という言葉がありますが、時々、疲れた体のメッセージを先送りして、頑張っている人に出会い、鍼灸師としての経験からも、気だけではエネルギーが枯渇する、頑張る人たちの気持ちを支えつつ、体をほぐして、癒して気力充実!を目指したい。こうした考えから、癒しをキーワードに、主としてフィジカルの側面からのアプローチについても取り組んでいこうと考えています。

・ 助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー)レベルIII「アドバンス助産師」認定
・ 新生児蘇生法「専門」コース認定
・ 日本母性看護学会プラクティカルCTG判読スペシャリスト1st認定

助教 | 近澤幸

現在、親が家庭で行う新生児期・乳児期の育児技術に着目した研究を行っています。
家庭で親が育児を安全・安楽に実施できるよう、母親や父親、家族、子どもへの支援を研究していきたいと考えています。
また、母親や父親、家族、子どもを支えるための看護職の活動や、看護学生が安全に新生児・乳児への看護を提供できるような方法や用具の研究を行っていきたいと考えています。

社会貢献活動・その他の取り組み

研究会の紹介

1.大阪医科大学リプロダクティブヘルスケア研究会-
看護実践におけるリプロダクティブヘルスケアの発展を目指し、2014年に発足しました。看護の現場における困難や課題に対する解決策を学術的に探究することを目的としています。1~2回/年のペースで定例研究会を開催しています。
2. 新生児サポーター養成講座
NPO法人の依頼を受け、産後まもない時期の母親をサポートする「新生児サポーター」養成のための沐浴講義・実習を1回/1~2年のペースで開催しています。講座終了後参加者は、沐浴の技術のみならず、親の気持ちによりそうことや沐浴を楽しむ大切さを学び、地域での母親支援に役立てています。

2016年度卒業研究のテーマ

「安静入院中の妊婦の心理の特徴と看護に関する文献検討」
「胎児異常があると告げられた妊婦の心理に関する文献検討」
「不妊治療を受けた女性の妊娠経過にともなる心理に関する文献検討」