小児看護学は、病気や障がいのある子どもだけでなく、家庭・学校など様々な場におけるあらゆる健康レベルの子どもと家族を対象にしており、健康状態の保持増進・疾病の回復を促すための子どもと家族の発達段階・健康段階に応じた支援について探求しています。

授業風景

  • 小児看護学援助方法 演習風景
  • 小児看護学援助方法 演習風景
  • 小児看護学実習 演習風景
  • 広域統合看護学実習
    まとめの発表会風景

授業科目

小児看護学概論、小児看護学援助論、小児看護学援助方法、家族看護学、小児看護学実習、看護実践と理論の統合、広域統合看護学実習、卒業演習

メンバー紹介

教授 | 泊 祐子

泊 祐子

主なテーマは、障がいのある子どもと家族への支援に関する研究です。学齢期の医療的ケアが必要な子どもと家族、障がいのある子どもときょうだいの関係、特別支援学校において医療的ケアを担う看護師の活動基盤づくり、思春期を迎える障がいのある子どもと家族への成人移行支援等です。
授業研究としては、看護の初学者がどのように知識と実践を結びつけて、対象者への看護ケアを考えられるようになるのか、看護基礎教育における「看護実践と理論の統合」に関する授業ストラテジーを1つのテーマとしています。大学院教育においては専門看護師教育のあり方、中堅レベルの看護実践者への研究指導方法の検討に取り組んでいます。

准教授 | 山﨑 歩

山﨑 歩

慢性疾患をもちながら生活している子どもとその家族への支援および、小児看護学教育方法についての研究に取り組んできました。 現在は、1型糖尿病をもつ子どもの成長過程に応じたセルフマネジメントの獲得や支援方法をテーマとして研究に取り組んでいます。 なかでも身体的・心理的変化の大きい思春期から青年期の女性を対象とした支援方法検討について研究を進めています。

助教 | 曽我 浩美

曽我 浩美

主に、脳性麻痺等の先天性疾患から生じた肢体不自由のある思春期の子どもとその家族への支援に関する研究活動を行っています。子どもが社会の中で自立して生きるために必要なライフスキルを獲得するための学習会を開催し、支援の方向性について日々検討しながら進めています。

社会貢献活動・その他の取り組み

研究会の紹介

・家族看護研究会の開催:2か月に1回、18時から、実際の援助で困難を感じた事例をもとに「家族への看護」について一緒に検討しています。参加ご希望の方は泊までご連絡ください。日本家族看護学会第23回学術集会では「突然の出来事に直面した家族の反応をとらえる~救急事例から~」をテーマにワークショップで発表し、多くの方々にご参加いただきました。 → 抄録(PDF)
・「医療的ケアを担う看護師の研修会」を1~2回/年開催しています。
・「潰瘍性大腸炎のこどものために簡単に作れるレシピ」の提供 → レシピ(PDF)

2016年度卒業研究のテーマ

「重症心身障害児の上肢機能の維持向上を目指した遊びの提供」
「発達障がいのある子どもをもつ親の受診時の経験と要望に関する文献検討」
「在宅重症心身障がい児とその家族の支援ニーズに対応する社会福祉・医療サービスの範囲」
「化学療法を受ける小児がんの子どもへの説明に関する文献検討」
「ステロイド療法を要する腎疾患のある小児のストレスに関する文献検討」
「小児がん患児の治療経過に伴う親の思いの変遷に関する文献検討」