在宅看護学領域では、健康問題や障がいをかかえながら、在宅で暮らしている人々と家族がその人らしい生活を送ることができるよう支援することをめざして、在宅ケア方法を探求し、サポートネットワークの構築、在宅ケアシステムの改善・開発に関する教育および研究を行っています。在宅看護では、対象の「生活者」の視点を尊重し、判断力、また限られた条件のなかでエビデンスにもとづいたケアができる実践力と創造力、他職種との連携やコーディネート力が求められます。めまぐるしく変化する社会情勢の中で、療養者とその家族がその人らしい生活を送るために私たちに求められる役割や課題について共に考えていきましょう。

授業風景

  • 在宅看護学援助方法(呼吸器演習)
  • 地域医療実習(高知県)での学生による健康教室
  • 健康支援プロジェクトcocokaraサロンでの学生による健康ミニ講座
  • 関節可動域訓練演習
  • 呼吸の援助演習
  • 在宅酸素療法の理解
  • 広域医療連携センター実習
  • 卒業論文発表会

授業科目

在宅看護学概論、在宅看護学援助論、在宅看護学援助方法、在宅看護学実習、卒業演習、広域統合看護学実習

メンバー紹介

教授 | 真継和子

准教授真継和子

主な研究テーマは、在宅療養者の家族支援や看護倫理についてです。人と人とがかかわる時そこに何が生じているのかについて関心があり、現在、在宅療養者とその家族の生活体験に焦点をあてながら、どのような支援が必要なのかについて研究しています。なかでも家族支援に焦点をあてながら、人と人とのつながりを大切にした「ケア共同体」の構築を模索しています。また、看護者の倫理的実践能力の向上をめざし、組織の倫理という観点からあらためて現場の実践の状況を調査し、現実に即した倫理教育プログラムの開発を行っています。
今後は、訪問看護師の卓越した看護実践を可視化するとともに、訪問看護師の看護実践や教育実践の質評価を行いながら、訪問看護の質向上に向けた研究を行っていきたいと考えています。

講師 | 佐野かおり

助教佐野かおり

現在、運動器疾患を中心とした「動く」ことに困難を抱える人々が地域社会で「自分らしく」生活をしていくために必要な支援について研究を行っています。また、疾患・障がいによって生活変容や新たな動作習得が求められる際に、対象の退院後の生活状況に基づき自宅で安全に生活していくために必要な外来看護の機能と役割について明らかにすることに取り組んでいます。今後は、生活の中での工夫や行動変容だけでなく、時間経過とともに生じる課題についても継続的な支援にむけて研究に取り組んでいきたいと考えています。

助教 | 大橋尚弘

助教大橋尚弘

現在は特に、腎移植後、在宅での生活を行っているドナーやレシピエントへの長期的、継続的なフォローアップに関する研究を行っています。今後は、訪問看護師の教育や訪問看護を取り巻くシステムについての研究を行い、利用者や家族が本当の意味で満足して訪問看護を利用できるようにしていきたいと考えています。

社会貢献活動・その他の取り組み

研究会の紹介

NPO法人SEANが主催する「生きがい工房 元気いっぱいサロン」で、高齢者を対象とした健康講座を行っています。また、2016年4月から、大学-地域-病院協働型の健康支援活動としての、「いきいきプロジェクトcocokara」を発足し、サロン活動を展開しています。また、在宅看護研究会を発足し、臨床の方々と一緒に事例検討や研究活動を行っていきます。

2016年度卒業研究のテーマ

「成人期うつ病気患者への地域支援に関する研究の動向と課題」
「認知症高齢者と家族の関係調整における訪問看護師の実践内容」
「胃瘻造設における家族の代理意思決定に関する文献検討」
「医療的ケアが必要な小児の家族が求める退院支援」
「一若手看護師による長期入院統合失調症患者への退院支援の実態」
「在宅看取り後の遺族訪問における訪問看護師のかかわりに関する文献レビュー」
「がん性疼痛に関するセルフケアと看護実践に関する文献検討」
「卒後1年目における新卒訪問看護師の体験」
「小児看護経験の少ない看護師の小児訪問における思いと実践」
「ALS療養者の高齢家族介護者が語った希望とその意味」
「NICUに入院している子どもをもつ母親の心理的変化と退院支援に関する文献検討」