1. ホーム
  2. 教育
  3. 看護学部 看護学科
  4. 看護学部看護学科 理念とポリシー

使命・教育目的・教育目標

使 命

本学は、寄附行為の目的に基づき、人類の健康と福祉の維持向上に役立ち、国際的視野を持つ最良の医療専門職、教育者、あるいは研究者として活躍する人材の育成を使命とする。(学則第1条)

教育目的

本学は、豊かな人間性を備え、人類共通の課題である健康の維持増進並びに疾病の予防と 克服及び苦痛の軽減に努める人材、変化する社会に対応し最新の知識と最良の技術を 生涯学び続ける人材、及び地域医療から世界に通じる研究開発にわたる領域で探究心を持って活躍する人材を育成するための教育を実践する。(学則第5条)

教育目標

1. 生命の尊厳と人権の尊重を基本に、多様な文化を持つ人々の生き方や価値観を尊重できる豊かな人間性を育成する。
2. 多様な人材と共同し、看護学や看護の分野で国際的に通用する新しい知識や技術を創造できる能力を育成する。
3. 科学的知識と倫理的判断に基づき、専門知識や技術を効果的に活用した看護実践ができる能力を育成する。
4. 地域社会の状況と変化を学び、多職種と連携し協働して人々のさまざまな健康課題に取り組むことができる能力を育成する。
5. 看護職として専門能力を自律的に探求し、継続的に発展させる基本的姿勢を育成する。